2016年12月 7日 (水)

風を切るニューカマーの巻

 いよいよ寒くなりました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?当方、体調はまずまずであります。で、療養後、健康維持のためにはかえって適度な運動をしたほうが良いということで、家内と山歩きしたり、ちょっとした用足しに自転車を使ったりしております。

161207jitensya_2 そんな折、家内の弟で自転車に詳しいセイジ君に上記の話をしていたところ、セイジ君御夫妻から自転車を一台、いただいちゃいました。手前のとびきりおしゃれなブルーグレイのフレームが、そのバイシクル。カゴや荷台もついていて、シティークルーズに特化した仕様。予備に持っていた新品(!)とのこと。めちゃくちゃ嬉しいけど、このプレゼント、ダイナミックすぎるで、しかし。

 奥の自転車は我が家のプジョー。今回いただいた車体と、デザインがとってもよく似ています。ハンドルの感じとか、クラシカルなテイストとか。鋲を打ったサドルなんかおんなじですよ。こころなしかプジョーも、仲間に巡り合えて嬉しそう。セイジ君いわく偶然似ていたそうですが、こんなことってあるもんなんですね。いや、宇宙の必然?、それとも現代の科学では解明できない、人知を超えた・・・(以下、略)。

 さて、ブルーグレーの自転車。ハンドルとサドルの距離がプジョーより短いため、家内が乗ることになりました。さっそく近所のお買い物に乗り出し、じつに重宝しています。

 この季節、びゅーんと風を切って自転車を走らせると、ちょっと冷たさに耳が痛くなったりしますが、自転車って意外とそんなことが楽しかったりするんですよね。学生のころを思い出しましたよ。

 というわけで、セイジ君・トモミさん&サッちゃん、俺は今、猛烈に感動しています。心からサンクス、メルシーです。どうも、ありがとう。

2016年11月 8日 (火)

(株)万建設興業・karino「スローハスの家」OPEN

 (株)万建設興業様のブランド「karino」の新しい常設展示場、「スローハスの家」がオープンします。

 今回のテーマは「環境に優しい」「暮らしに優しい」「からだに優しい」、スローライフとロハスを具現化した住まいの提案です。

 ゆっくり暮らすこと、ゆったり暮らすこと。本当の意味で住みよい家を追求すると、人間にも環境にも優しくなる、ということなのでしょうか。想像しただけでワクワクします。

 御興味をお持ちの方は、下記サイトをご覧ください。

 (株)万建設興業様「スローハスの家」情報ページはこちら

 karino「スローハスの家」情報ページはこちら

 日時・・・11月12日(土)・13日(日) 午前10時~午後5時

      11月19日(土)・20日(日) 午前10時~午後5時

 場所・・・那須塩原市西原町1-21

 本社TEL・・・0287-36-0075

 ご来場のお客様には、スタッフさんたちが心をこめて淹れたHakoyaの「スローハスの家」オリジナルブレンドが提供されます。次世代型建築を体感しながら、ちょっと一息、極上のリラックスタイム。

 みなさまのご来場を、心よりお待ちしております。

161108karino1 161108karino2_2

161108karino3 161108karino4_2

2016年10月27日 (木)

お知らせ・定休日

 いつもご愛顧をたまわり、まことにありがとうございます。

 当店の定休日は毎週月曜日ですが、もう一日、来月より第4木曜日にもお休みをいただくことにいたしました。

 Hakoya定休日・毎月月曜日、第4木曜日となります。

 よろしくお願いいたします。

2016年10月19日 (水)

秋の風情

 肌寒くなってきました。

161019garden 9月の中旬に恒例の庭木剪定を「あらい庭園」さんにお願いしました。なにしろ今年の8月から9月は延々と雨ばかり降っていましたから、親方の荒井さんもスケジュールの都合をつけるのに御苦労なさったようです。お疲れさまでした。

 あらい庭園さんのいつも通りの良い仕事で、ウチの庭はすっかりきれいになりました。面白いことに、いつも通りと言っても親方の中にその年の気分があるらしく、今年はちょっと可愛らしい感じに仕上がっています。

 整えられた草木の間をすがすがしい風が吹き抜け、「ああ、今年も秋が来たんだなぁ」と感慨に浸っております。

 ブログに庭の様子をアップするはずが、私が療養に入ってしまい、一時帰宅している間は毎日天気が悪く、また療養に入ってしまい(笑)、本日やっと写真を撮れました。

 庭木の葉っぱはずいぶん落ちてしまいましたが、それはそれで秋の風情ということで記事にしてみました。

 では、また。

2016年10月18日 (火)

営業(マイペース)再開

 2回目の療養から帰ってまいりました。本日より、実店舗およびネットショップ、ブログを再開いたします。

 休業中、多くのお問い合わせをいただき、お客様各位にたいへん御迷惑・御心配をおかけしましたこと、お詫びいたします。また、励ましのお言葉や「Hakoyaの豆を待っている」旨のメッセージもたまわり、心から深く深く感謝申し上げます。

 体調を見ながらのマイペースな営業開始ではありますが、いつも通りコーヒー好きの皆さまの御納得がいただける焙煎を約束いたします。・・・ただ、通信販売に関しまして、ここしばらく納品が一日程度後倒しになる可能性があります。できる限り努力しますが、御了承ください。

 それと、10月23日(日)は臨時休業いたします。通信販売、22日(土)・23日(日)・24(月)御注文分の発送は、25日(火)以降となります。

 ご不便をおかけし申し訳ありません。なにとぞ宜しくお願い致します。

 

2016年9月27日 (火)

ホームページ再開

 ここしばらく、当店の実店舗・ホームページ・ネットショップを閉めており、ご不便、ご迷惑をおかけいたしました。謹んでお詫び申し上げます。

 ちょっと体調を崩しまして、休養しておりました。本日より営業再開です。

 10月半ばに、また少々お休みをいただく予定ですが、それまで通常営業いたします。みなさまのご利用をお待ちしております。よろしくお願いいたします。

2016年7月 7日 (木)

フェアトレード関連誌に掲載

 栃木ボランティアネットワークさんの隔月誌「ボランティア情報・5月15日発行・vol218」号にHakoyaの紹介記事が載りました。

 フェアトレード商品を取り扱う店、というテーマでの取材でした。当店ではコーヒーをはじめ、紅茶や各種食品、民芸品・雑貨など、当店なりの条件を決めたうえで、開店当時からフェアトレードシステムに協力させていただいております。

 とくにコーヒー豆に関しては、フェアトレード認証商品という規格にとらわれるのではなく、生産者(コーヒー農家)と購入者(我々コーヒー関連業者)が、対等の関係・信頼関係のうえで、「公正な取引」をしている、つまり「フェアトレード的な理念」に則った商品を販売していると、自負しています。

 このあたりを「ボランティア情報誌」に書いてくださったのは、本当にありがたいことです。篤く御礼申し上げます。

 さて、そのようにたいへん良い記事だったのですが、一点だけちょっと困ったこと、と言いますか編集部側の間違いがありましたので、このブログで訂正しておきます。

 当店カフェのコーヒーについて「自家製スイーツ二種盛りとセットで500円」となっていますが、さすがにそんなはずはありません。最高品質のスペシャルティコーヒーにお菓子までつけて500円だったら、閉店してしまいます。

 メニューもメモしてらしたはずなんだけど…。校正原稿が送られてこないので、大丈夫かなぁと思っていたら大丈夫じゃありませんでした(笑)。なにが起きたのか?どこかの店と間違えたか?

 ま、掲載されてしまったものは仕方がない。記事を読んだ方が誤解して御来店なさっては、お客様とウチ、気まずくなっちゃいますからね。

 当店カフェでは、、「生産者指定のスペシャルティコーヒー各種・500円」「自家製ケーキ(土日祝)・400円」「自家製クッキーと輸入菓子のアソート(平日)・200円」です。

 もちろん、どれをご注文になられても、深くご納得いただけることは言うまでもありません(笑)。皆さまの御来店を心よりお待ちしております。では、また。

2016年5月13日 (金)

GWでした

 「例の10連休」とのことで、なんだかいろんなプレッシャーが先行したような今年のゴールデンウィーク。長くお休みの方もいらっしゃれば、暦通りに休まれた方、出勤なさった方、お話をうかがってみれば、当たり前ですが様々でした。みなさま、いかがお過ごしでしたでしょうか。

 当店は、例年どおり営業時間を2時間ほど短縮しました。こういうと楽してるように聞こえるかもしれませんが、実際には業務用卸売りの納品が増えたり、通販の注文が増えたりしますので、開店時間を短くしても、労働時間は残業だなんだでかえって長くなってるという次第。

 ・・・「なんだよHakoya、自分、働いてますアピールってダサくね?」とか、お思いくださるな。やっぱり言われちゃうんです、「連休中はノンビリやってんだね」とか(笑)。ま、いいですけど。

 さて、たくさん仕事がいただけるのは本当にありがたいことで、そこはきっちりこなすとして、なんてんですか、世間の空気ってやつでしょうか、GWだし我々もなんかレジャー?やんなきゃな?みたいな?とか考えたりしちゃうわけですよ。

 家族みんなで過ごせる時間も、無限ではないということもありますしね。今年のGWは、けっこうなスケジュールで行事を入れてみました。正直、体力的にキツいときもありましたが、やはりリフレッシュはしますよね。遊びは大事だとよく言いますが、ホントだ。

 程度問題でしょうけど(笑)。

 冗談はともかく。連休が終わって日常が戻ってきたこのごろ、私なんかペースが乱れがちだったりして疲れる時期でもありますが、適当に楽しいことを織り込んで、仕事をこなしていく所存です。

 仕事に戻ります。では、また。

2016年5月12日 (木)

(株)万建設興業・Karino 完成現場見学会

 快適さとハイセンスなデザインを融合した、(株)万建設興業様の住宅ブランド「Karino」。

 那須塩原市にて、建築家・雨宮靖氏が手掛けた住宅が完成し、現場見学会が開催されます。

 「育ち盛りの子供たちと、それを温かく見守る両親のための家。のびのびと、おおらかに家族みんなで、一緒に育まれていく家に仕上げました。」と雨宮氏が資料に書いていらっしゃいます。私も資料を拝見しましたが、家族それぞれにスペースが確保されており、それがまたどこもお洒落で、楽しい会話や笑顔に満ちた豊かな暮らしの様子が、目の前いっぱいに浮かんできました。

 御興味をお持ちの方は、下記サイトをご参照ください。

 (株)万建設興業総合サイト ・・・http://www.yorozukensetsu

 「Karino」情報サイト ・・・http://yorozu-karino.com

 日時・・・5月14日(土)・15日(日)・午前10時から午後5時

 場所・・・那須塩原市方京1-13-16

 本社TEL・・・0287-36-0075

 今回の見学会でも、Hakoyaのコーヒーが振る舞われます。Karino専用に北欧をイメージしてブレンドしたオリジナルブレンドです。いつもながら贅沢すぎます(笑)。

160512karino1_2 160512karino2

160512karino4 160512karino3

2016年4月 2日 (土)

曲がり角

 そもそも、しばらく調子悪かったんです、ええ。先日の東京出張のときには、フラフラしながら新幹線に乗り込み、目的地では自分がなにをしているのか、なにを話しているのかよくわからない感じで、「こりゃ、マジでまずいなぁ・・・」と思ってはいたわけです。

 そしたら次の日、どうにも起きられない。のしかかる憂鬱と言いますか、とにかく起きられない。でも仕事がありますのでね、とにかく起きて焙煎して、店頭に商品を並べて、通販や納品ものの発送準備をして、家内に店番を頼んで寝込みましたよ。開業12年目、はじめての病気欠席です。

 で、寝込んでいたらノドが激しく痛み始め、あぁついに来たかと。いや、昔からノドが弱く、疲労がある地点を超えると腫らすんです。熱は出ないんですが、とにかく痛い。ご存知でしょうか、ノドの腫れって行くところまで行くと鼻の奥で血が溜まって止まらなくなるんですよ。

 それでもまる一日寝込んで、なんとか一段落。不調をだましだまし業務に復帰したり、また寝込んだりを繰り返しながら、何日かして今度はやけに腰が痛い。え、え、痛いぞ、と焦っているうちに立っていられないほどの痛みに。脂汗かいて七転八倒ってやつですわ。

 店にお客様が何組かいらっしゃったので、家内にタクシーを呼んでもらい、店番を頼み、日曜日に受付可能な病院の救急窓口へ。診断の結果、尿管結石であると。ええっ、ノドもいまだ痛いのに、なんてことだ。

 病気ってひとつひとつ順番にかかるものだと勝手に思っていましたが、考えてみれば、並行して2種類の病気にかかることもありえますよね、って感慨にふけっている場合ではありません。

 待合室でぐったりしていたら、家内が店を閉め駆けつけてくれました。日頃どんなに厳しくても、やっぱり心配してくれるんだね。家族とは本当に有り難いものです。

 次の日は幸い定休日だったので、専門の先生がいる病院で朝からあらためて検査。石が痛くない場所へ移動したこともあり、2週間後に再検査ということになりました。ただし、痛くなったらすぐ来なさいよということでしたけど。

 いろいろ納品の約束などがあったため、3日ほど働き、4月1日は休養のため臨時休業をいただきました。

 いやぁ、説明が長くなりましたが、これが臨時休業の理由です。プロなら体調不良のことなど黙っているべきなんでしょうけど、今回は自分なりにあんまりスゴい出来事だったんで、憂さ晴らしも兼ねてブログに書いちゃいました。

 実は、なんだかんだで半月ぐらい具合が悪いあいだ、仕事関連でも仕事以外でも、ずいぶんトラブルが発生しましてね。あまりにも無駄に忙しかったりして、それでまた具合が悪くなったりして。ああ、これがよく聞く負のスパイラルってヤツかぁ・・・、などと感慨にふけっている場合ではないんです。

 そんな感じでイライラしていたら、家内が言いました。「いろんな意味で曲がり角に来てるんじゃないの?」。・・・はっ、そうか。そういうことか!すごいぞ家内。

 大袈裟にいえば、人生って進むべき設計図をまず描きますよね。私は、融通がきかないタチのため、その設計図にかたくなにこだわってしまいがちなんですが、実際の生活では、歳もとりますし、常に健康とも限らない。業界も経済も消費も、専門家の予測すら当てにならない御時世。自分を取り巻く環境はどんどん変化するわけです。

 人生の節目節目に曲がり角がやって来て、その都度、設計図の細部は修正しなければならないんだなと、とようやく気付いてきました。もっと早く気付けよ自分とも思いますが、まぁ、しかたがない。

 いずれにせよ、おおまかな理想の設計図はあるわけですから、これから細部の修正について、家内と充分に時間をとっていこうと思った次第でした。コツはなんとなくわかっています。のんきに気楽に、いいイメージの方向へ。

 あ、御来店だ。仕事に戻ります。では、また。

«切れ味

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31