2019年2月20日 (水)

お知らせ

 いつもご愛顧をたまわり誠にありがとうございます。

 2月23日(土)、都合によりカフェをお休みします

 コーヒー豆はいつも通り販売しております。

 以上、よろしくお願いいたします。

2019年2月 9日 (土)

自転車 a Go Go ! ・その2

 さて、本当に欲しい自転車とはなんぞや。そりゃサイクリング車だよなってところまではよかったものの、この21世紀、サイクリング車の概念も適したパーツもすっかり進化・様変わりしてしまったようです。なんでも今どきは、エンデュランスとかグラベルとか言うんですって。もう用語自体がちんぷんかんぷん。こりゃ浦島太郎だね、はははって笑いごとではありません。

 とにかく資料を集めるだけ集めてみました。そしたら、さすがですね。2018年(当時)現在、この日本にも、20世紀型サイクリング車の愛好家が一定数存在するんです!ま、私が知らなかっただけですが。

 よかった、この宇宙に俺は孤独じゃない、と同種族の生存を頼もしく感じつつも、それら数寄者の拠点となる専門のショップが基本的に都市部にしかないことも確認。そりゃそうだ。顧客の絶対数が損益分岐点を超えなきゃ経営していけないもんなぁ。

 どんなものでもネットで買える時代とはいえ、こと自転車に関しては、ちょっとした調整や部品交換などメンテを任せられるショップが近所にあることが大事だと考えます。とくに私なんか、遠くの店へ自転車を運べるようなでかいクルマを持ってませんしね。

 なので、隣町の「ロードバイクを組むのがうまい」と評判のお店に、専門外を承知で、頭に思い描く理想のサイクリング車の制作を依頼することにしました。

 フレームはパナソニック日本製のクロモリ。スポルティーフ型。その理由は人生最初の自転車がナショナル製で、最初のサイクリング車もナショナル製だったから。変速は、ギヤが多すぎると持て余すので11段。メカは多少値が張っても最新のもの。以上を必須条件とし、予算の制限により、後でグレードアップできる部品は普及品、でもデザインがイカしたものにしました。

 参考カタログや参考画像など資料も用意し、細部まで不明点がないよう仕様書を作成しました。本業のプレゼンはイマイチの私ですが、この自転車のプレゼン用仕様書は自分でもよくできたと思います。

 ところが、いざ打ち合わせの段になって問題が発生。うーん、やっぱりなぁ。さらに続きます。

2019年1月30日 (水)

自転車 a Go Go ! ・その1

 あらかじめお断りしておきますが、今回の記事はコーヒーとなんの関係もありません。ただの趣味趣味与太話でございます。

 オーダーしていた自転車が組み上がってきました。興味をお持ちの方はお付き合いください。

 まずは昔話から。えー、私が子どものころ流行っていた自転車といえば、セミドロップハンドルで、シフトレバーが自動車みたいな形。なにしろ最新鋭のディスクブレーキに電子フラッシャー(方向指示用のランプ・単1電池を6本使用)搭載の、まがまがしくも鬼重い、むやみにゴージャスな「例のタイプ」でありました。

 もうみんながみんな親にねだって買ってもらって、フラッシャーをピピピピピ、シフトをガッキンガッキン、うわっチェーンはずれたーかなんか言って、野球場やら塾やらめがけて爆走していたわけです。昭和の少年だったみなさん。どうにも懐かしいでしょう?

 と、ここまで書いておいてなんですが、そのとき私はというと、当時人気の漫画「サイクル野郎」にすっかり脳みそをやられていたので、「例のタイプ」ではなく、ドロップハンドルの、いわゆるサイクリング車が欲しくてたまらなかったのであります。

 そこで恐る恐る親におうかがいを立ててみると、普段は子どもの買い物に口うるさい気難しい父親が、意外なことにあっさりOK。どうやら父も乗ってみたかったようで、自分で所有するほどではないが、たまに息子のやつを借りようかくらいに考えたようです。

 で、輝くブルーが目にも眩しい「ナショナル・ランディオーネ」がやってまいりました。その後、身長が10センチ以上伸びたためランディオーネは弟に譲り、輝くグリーンが目にも鮮やかな「ブリヂストン・ロードマン」がやってきました。このロードマンもずっと愛用していましたが、社会人になるときに友人に譲りました。

 時は流れて30余年。現在愛用の街乗り用自転車は、それはそれで重宝しているものの、遠出するにはちょっと、と言うかだいぶ物足りない。なんかいいのないかなぁと自転車雑誌を見ても、主流はロードバイクっていうんですか、ステルス戦闘機みたいなやつ。なんか思っているのと違う。

 人生の後半戦、ときに人は子どもの頃の記憶に戻るのかもしれません・・・。ある日、そうだ、本当にほしい自転車が既製品にないなら、作ろう(作ってもらおう)!と天啓のように閃いたのでした。

 ・・・退屈ですか、この話?でも続きます。

2019年1月29日 (火)

休み明け

 たいへんありがたいことに、年末年始に多くの仕事をいただきました。充実していた代わりに正月休みがほとんどなかったため、今月末、定休日にプラス3日間の臨時休業を取りました。

 これだけまとまった休暇は本当に久しぶりです。家族とリラックスして過ごしました。

 本日、営業開始。朝焙煎したコーヒーを淹れてひと息。休み中スケジュールの都合上コーヒー関連のお店には寄らずじまいで、コーヒーが恋しかったせいもあるんでしょうけど、自分ちのコーヒーが実にうまい!私はたいへん謙虚な人柄なのですが(笑)、この点に関しては謙遜いたしません。いやぁ、うまい。

 自分の店の商品でホッとできるのは幸せなことです。さて、リフレッシュいたしました。これからも精一杯良い豆を仕入れ良い焙煎をし、御満足いただけるコーヒーを提供してまいります。ご期待ください。

2019年1月 3日 (木)

今年もよろしくお願いします。

 というわけで、無事年が明けました。いつもご愛顧をたまわり、まことにありがとうございます。この年末、例年以上のコーヒー豆の御注文をいただき、なにしろ超零細企業ですから、納品が間に合うか我ながらハラハラしました。

190101nenga どうにか大晦日まで仕事をこなし、お客様に厚く感謝しながら店を閉めて、自分たちの年越しの準備です。紅白を観ながら年越しそばを食べて、バタンキュー(死語)。 

 いつの頃からでしょうか・・・、年明けはひたすらダルい感じでグロッキー(死語2)。ダルさと眠さで、あぁ新年だなぁと感じるありさまです。子どものころは「寝正月ってなんだよ?」とか言ってたのにな。・・・でもね、いいじゃないか!オッサンだもの!!

 とはいえ、そうそういいじゃないかとゴロゴロしているわけにもいきません。おせちやらいただき物のお餅やら、お菓子やらなにやらガッツリ食べて、カロリー充填法で無理矢理復調した次第。新年早々きっと太ったぜ、俺。いいじゃないか!オッサンだもの!!・・・って、よくないです。

 でまぁ、実家に新年のあいさつに行って、家内・娘と初詣に行ってですね、不苦労のお守り買って、おみくじは小吉で、今年もまずまず地味な滑り出しでありました。

 当ブログをご覧の皆さま、本年もHakoyaのスペシャルティコーヒーと、私のたわごとにお付き合いいただけますよう、心よりよろしくお願い申し上げまする。では、また。

PS・・・聖子ちゃんメドレーからユーミン、紅白もはっぴいえんどだネ。

2018年12月19日 (水)

お知らせ

 毎度ご愛顧をたまわり、まことにありがとうございます。下記、臨時休業のお知らせです。

・1月25日(金)~27日(日)臨時休業

 定休日と合わせまして、1月23日(水)~29日(火)の期間、通信販売で御注文いただいた商品は、1月30日(水)より順次発送いたします。

 御不便をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

2018年9月 9日 (日)

セキュリティを強化しました

 この時代、ネットで情報を提供するのもたいへんです。当店のホームページも、いっそうのセキュリティ強化のために、常時SSL化しました。

 もともとネットショップは暗号通信でガッチリとガードしていましたが、今回はお店のほうのサイトもSSL化したという次第。いっそうの安全な通信を確保しました。

 それにしてもなんですね。不心得な輩がいなけりゃなんでもないことなんですけど、浜の真砂は尽きるとも、この世に悪の種は尽きまじです。

 ・・・なんか心配しぃしぃネットで用足しするっていうのも少々イヤんなりますが、うーん、便利は便利ですからね、後戻りもできません。

 とにかく、サイトを運営する側として、これからもできるかぎり安全を担保してまいりますので、御愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 ちなみに当店ホームページのURLもhttpからhttpsになりました。おおっ、なんか最先端(笑)。これから名刺やショップカードを印刷するときは変更しなくちゃ。

 まぁ今までのURLでブラウズしても、新URLに転送されますから、使用上とくに問題は無いのですが、とりあえずお知らせいたしました。では、また。

2018年6月 6日 (水)

考えてしまう2

 当店は飲み物屋ですから、カフェに来て何も注文しない、では困ります。よくあるパターンとしては、待ち合わせで後から来たほうが、すぐ帰るからなにもいらないっていうやつ。

 いや、あなた着席してるから。なんかくつろいで、話し込んでるから。すぐ帰るなら店の外で待ち合わせすればいい話だから。ってこっちは思います。

 今日もこんなのが来たんですよ(笑)。

 この手の人間は弱い店には強く出るので、店側が譲歩すると長居します。毅然と拒否しなければいけません。とはいえ、「なにも注文しねぇなら、けえってくんな!」と啖呵を切るのも、ことがこじれそうで躊躇してしまいます。

 そもそも一応相手は御来店くださったわけですしね。

 普通に来て普通にお茶飲むことくらいできないかなぁと思いつつ、これ以上ない低姿勢でお願いするわけです。「あのーお客さん、ウチは飲み物屋なんで御注文いただかないと困っちゃうんですが…」って。

 で、だいたい返事は予想できます。

 その1・「さっき別のとこで飲んできた」。・・・その店で待ち合わせしよう。

 その2・「体調悪くて」。・・・カフェの前に医者に行こう。

 その3・上記の「すぐ帰るから」。・・・おたく着席しちゃってるし。

 もうね、金を払いたくないだけのことを、どうしてこうもいい大人が屁理屈並べるかな。ちなみに今日の人(注文しないので客とは呼ばない)は、その1とその3のミックスでした。

 で、御注文いただかないと困っちゃうんですがと言ったら、先にいたほうと後から来たほう二人して席を立って、先にいたほうが自分の代金を払いながらなんだかキレて、さんざん毒づいて「びっくりー」と吐き捨てて帰って行きました。

 こっちがびっくりーなんですけどね。まぁ、あの調子では当店の悪口を触れてまわることでしょう。しょうがねぇなとは思うものの、それならぜひ「あの店ってさ、席に座って注文しないで話し込んでただけで、注文くれっていうんだよ、信じられるー?」と得意げに言いつけてみてほしい。聞かされている人も「信じらんなーい」かなんか調子を合せながら、内心「そりゃ、注文するでしょ」と呆れることでしょう。

 そんなこんなで、店のブログにはふさわしくないかもしれませんが、客商売ってなんだろう、どうするのが正解なんだろうってちょっと考えてしまったので、書いてみた次第。では、また。

考えてしまう1

 当店はお客様に恵まれていて、接客で嫌な思いをすることはあまりありません。経営側の人間としては本当にありがたいことです。

 とはいえ、たまに「なんだかなぁー」と困ることがあります。ま、たいていのことは、少し腹を立ててから運が悪かったとやり過ごすんですが、ときに考えちゃうこともあります。

 ちっちゃい子どもを連れたお母さん。席に着くなりストローとスプーンを貸してくださーいと、さも当然のように言います。こっちは心の中で「あぁ、子供の食事を持ち込むパターンね。まず、子どもが水をこぼすやつ・・・」と今後の展開を憂いながら、まぁここはこっちが引きますか・・・と、持って行きましたよ、ストローとスプーン。

 で、様子を見ていたら、案の定子どもがいきなりコップをひっくり返しました。なんのためのストローなんだ。母親がなんにもしないので、私がテーブルを拭いて。

 正直うんざりしたことを告白します。こういう人は毅然としないとどんどん図に乗るんですよ。子どもの食事の持ち込み、今回はOKという方針を変えることにしました。

 私が「食べ物の持ち込みは御遠慮いただいております」と伝えると、母親ムッとして「子どもの食事なんですけど」。私は「どなたの食事であってもです」。母親「迷惑みたいなんで帰ります」。私「そうしていただければ」。そんなことがありましたとさ。

 飲食店で子どもに食事をさせるなら、子どものぶんの食事を注文しましょうよ。もしくは、「飲食物の持ち込みOK」の店に行きましょう。

 ただしその場合でも、飲食店は飲食サービスの利益で運営しているのだから、注文をしない人は困ると知っておいてください(子育て応援・持ち込み歓迎の店は、それを売りにして収益を見込んでいるので例外とします)。

 ついでに言うと、持ち込みの食事をした子供が使ったスプーンやコップを洗い、ストローだおしぼりだを片付ける手間と経費は、店側の負担です。これも知っておいてください。

 このお母さんの仕事がなにかは存じませんが、「子どもがいる客には、あなたの仕事タダにして」と当然のように言ったら、「なんで?」ってなると思うんですよね。

 お子さんのすこやかな成長は、私も願っています。子どもさんの食べ物の持ち込みだって、大目に見ていたんですよ。しかしだからといって、子どもがいるんだ、特別扱いしろという親の態度はダメです。特別扱いするかどうかは、場所とサービスを提供している側が判断します。

 このお母さん。子ども用にお弁当を作って、意識高く子育てをしているのに、それをまわりに押しつけるようにして他人を不快にさせてしまっては、せっかくの子育ての努力がもったいないと思います。

 そんなことを考えました。では、また。

2018年4月19日 (木)

Karino展示会 「素」(so)の家。

 スタイリッシュでエコロジカル。(株)万建設興業様のプライベートブランドKarinoの完成建物見学会が、4月21日(土)・22日(日)に開催されます。

180419karino01_2

 今回のテーマは「素」(so)の家。「素材」「素朴」「簡素」をキーワードに、家族の色に染め上げていく白絹、「素絹」のような家。

 Karinoのコンセプトを具現化した、まさに本領発揮の企画と言えましょう。

 ・・・と、ここまで書いて、引き続き展示会の詳細をお知らせしたいのですが、いただいた資料に住所の記載と建物全貌の写真がありません(!)。場所は「ドコモショップ宇都宮鶴田店」の裏手、建物の部分写真のみという部分情報だけ公開されています。

 なので詳しくは、Karino事業部のサイト、新着情報のページをご覧のうえ、お問い合わせください。

 さて、(株)万建設興業様の展示会といえば、そう、Hakoyaのオリジナルブレンドコーヒー。私が以前訪れた北欧をイメージした、Karinoさんのための特別なブレンド。Karinoさんの企画でしか飲めません。最高の豆をぜいたくに使い、ハイエンド・カフェが売りにできるくらいのクオリティに仕上げてあります。

 おもてなしのコーヒーひとつとっても、Karinoさんの妥協のない姿勢がうかがえます。

 本当に自分らしい暮らし、生き方にフィットした暮らしを模索されている方には、ヒントに満ちた展示会になるかと思います。お問い合わせのうえ、ぜひお越しください。

«JUN WAGATSUMA

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28