« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

お知らせ

 8月3日(金)は、私が所属するスペシャルティコーヒー専門の仕入れ同盟、LCF(リーディング・コーヒー・ファミリー)の会合があるため、お店はお休みします。通販ご注文分の発送は翌4日(日)になります、これからの将来、さらに高品質のコーヒー豆を入手するための布石となる会議ですので、お客様にはご不便をおかけしますが、しっかりとした気構えで臨んできます。

 その前日前々日に、SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)のイベントもあります。しかし世間が夏休みに入り当店の(特に観光地の)卸し先さま各位もお忙しくなってきたため、納品の関係上2日間店を閉めるのは無理と判断し、今年は参加を見合わせることにしました。

 Hakoyaの仕事、とくにコーヒーのパートは、全プロセスに自分が関わらないと気がすまないので、最近は日によってかなり動きがタイトになってきました(ヒマなときは実にヒマですが・笑)。「これでけっこう忙しいんですよ」とか、漠然と言っていてもなんの解決にもなりません。効率と生産性の見直しが必要な昨今です。

2007年7月26日 (木)

ダメージ

 昨日の朝、歯医者さんへ歯石を取りに行ったところ、「歯肉炎がある!レーザー光線で焼いて除去しましょう。」と、思いもかけない事態になってしまいました。のんきに通院しただけなので気持ちの準備ができていないところに、レーザー光線で患部を焼いたうえこそぎ落とすと聞いては、さすがにビビります。

 それでも医学の進歩は素晴らしいものがあり、術式自体は15分くらいで終了しました。肉が焦げる匂いがする以外は苦痛もありません。ただ帰宅後、麻酔が切れ始めてから傷口がうずきだし、とうとう昨日は午後4時で店を早じまいしました。ご来店いただいたお客様には、たいへん失礼をいたしました。申し訳ありません。本日は治療後の痛みも全くなく、元気に働いております。

 ちょっと前にも家内が口内炎をこじらせました。今は完治していますが、歯医者さんいわく、「疲労で抵抗力が落ちている。特に季節の変わり目はこういう症状の患者さんが多いです。」とのことでした。人間、免疫力や抵抗力が落ちるとバイ菌に負けてしまうのですが、免疫力・抵抗力は気持ちが充実すればずいぶんアップするそうです。時には強引なくらいのポジティブ・シンキングが必要でしょうかね。

2007年7月24日 (火)

久々の晴天

 このところ続いた雨でそこいらじゅう湿気が多く、外にいても部屋の中にいてもジトーッとまとわりつくようで、ウンザリしていました。やっと晴れたお天気に、お店の入り口のタイルをデッキブラシで洗ったり、草取りをしたりと、久しぶりに外作業ができました。

 定休日明けの本日、主人の焙煎作業もフル稼働。忙しくさせていただきありがたいことです。やっと夏らしい陽気になったところで、気分もなんだかワクワクしてきます。この夏もお仕事がんばります。

(家内・記)

2007年7月18日 (水)

Whose happiness ?

 「コーヒーのある豊かな生活」を標榜し、日々仕事に精を出しています。この場合豊かな生活をなさるのはお客様で、私どもはコーヒーを通じてそのお手伝いをさせていただき、お客様が満足なされば、それが私たちにとっての豊かな生活(仕事)であろうと思っています。しかし、毎日の仕事に追われていると、つい初心を忘れがちというか、自分側の都合のみで物事を考えているときがあり、ハッとします。

 自分がコーヒーを買う立場だったころ、良い豆に出会えたときは嬉しかったなぁとか、カフェでくつろぐのも贅沢な時間だったなぁとか、コーヒーにまつわる幸せだけでもいっぱいありました。今、自分でコーヒー豆を焼き、提供する。自分の思い描くように店作りをする。開業前にははっきり見えていた幸せの映像が、ときに夢が実現したあと現実の中で、ぼやけていく瞬間があります。

 まとまった休みを取り充電したいのですが、ちょっとしばらくは無理そうです。なにか美味しいものでも食べようかな。ま、そのくらいで回復するのが私のいいところ。

2007年7月15日 (日)

感謝いろいろ

 今回の3連休は台風4号の影響でどうなるんだろう?と思いましたが、たくさんのお客様にご来店いただきありがとうございました。

 またお客様から美味しいものをいただく機会が多く、ありがとうございます。「我が家の食卓・充実編」としていろいろアップできたらいいなと思っているのですが、まずはこの場を借りましてお礼申し上げます。

 明日はお休みをいただきます。素敵なアンティークを見ながら目の保養をしてきます。

(家内・記)

2007年7月14日 (土)

パンナちゃん

 コーヒー豆のショーケースのディスプレイを替えました。今回はバハマのミニ人形とフラガール人形を飾っています。バハマは両親の旅行土産。フラガールは、その昔日本がハワイに輸出していた陶器の土産品を、ガラクタ貿易が日本製で復刻したものです。偶然入手できたものなのですが、今は販売していないのでラッキーでした。お豆を購入ついでに楽しんでいただけたら嬉しいです。

Pnnacotta  写真は「紅茶のパンナコッタ」。たっぷりの生クリームと当店ロイヤルミルクティーの茶葉を使い濃厚な味に仕上げました。写真を撮ろうとスタイリングしていて、パっとひらめいて飾ったのがこの女の子のお人形です。60年代のアメリカン・トイ。娘に似ていたので即買いしたこの子には名前がありません。この際「パンナちゃん」はいかかでしょう?パンナコッタともどもよろしくお願いします。

(家内・記)

2007年7月13日 (金)

いわんこっちゃない

 当店で販売している珈琲・紅茶器具や食器などは、自分でも買いたいものを売るというポリシーで選んでいますので、どの商品にも思い入れがあります。お客様にじっくり見ていただきたいと思ってディスプレイしているのですが、残念なことに、(不注意とはいえ)ずいぶんキズつけられたり壊されたりしました。

 デザイン的にも優れたものが多いので、手に取ってみたい御気持ちは理解します。しかしキズをつけたからといって、買い取った方は一人もいません。また、いつの間にかキズつけられたものを後日発見することもあります。結局このような商品はディスカウントして販売するか私たちが自分で使うことになります。しかたなく「お手を触れぬようにお願いします。ご覧になりたい場合は、お声をおかけください。」と張り出しました。それでも言う事をきかない人はいるもので、あろうことか子供のおもちゃ代わりにしたりします。

Kizu1  写真は、最近つけられた洋風土鍋の引っかきキズ。不注意だとは思いますが、やってしまった人は二度と来店しないでしょう。ここが問題です。展示品をキズモノにした結果、当店とのご縁も切れてしまう。良い事はひとつもありません。どうか私どもの気持ちをご理解のうえ、商品をご覧になりたいときはお声をおかけください。

2007年7月10日 (火)

祖母の思い出

 8日は家内の祖母の法事があり、お休みをいただきました。祖母は大正生まれのなんとも粋な人で、いつも上品な着物を着てひかえめに笑っていました。上等なお酒が好きでお茶が好き、小唄をたしなみ旅行が好き、と趣味人でもありました。私もずいぶんかわいがってもらい、ウタエモンとバンツマはどっちが男前か?など、いろいろ話したことを思い出します。

 家内に対しては、優しいながらもしつけに厳しいところもあったらしく、例えていうなら「ピシッと糊がきいたような」家内の暮らしぶりは祖母から受け継いだもののように、私には思えます。生活していると「おばあちゃんはこうしていた」とか「おばあちゃんはこう言っていた」とか、ことあるごとに祖母のことが話題にのぼります。そのたびに脳裏に祖母の存在がよみがえっているのでしょう。法事のときの話でも、みんな同じようにいつも祖母を思い出しているようでした。

 亡くなった人であっても、誰かがいつも思い出すのなら、それは生きているのと同じです。

2007年7月 3日 (火)

うれしい取材

 もともと火曜日は休み明けで焙煎のスケジュールがタイトです。そこに業務用豆の急ぎ注文をいただき、慌てました。通常通りきちんと焙煎し、きちんとブレンドした豆なので間違いはないのですが、せわしない状況でお客様に手渡すとどうにも気持ちがしっくりきません。コーヒーに対し真面目に取り組むことは大切ですが、あまり神経質になると精神衛生上よくありませんね。

 さて、ひとしきり慌てたあと開店準備もそこそこに、次は黒磯小学校の豆記者(懐かしい言い回し)たちの取材を受けました。授業の一環で、黒磯地区のお店を見学して回っているそうです。この記者たち、ジュースとチョコをほおばりつつ無事取材をすませ、「予定が押してるから」と、引き上げていきました。身のこなしは大物ジャーナリスト並み。ちょっとはコーヒー屋の仕事に興味を持ってくれたでしょうか。

 最近は、さまざまな職場を体験するような学習プログラムも多いそうで、未来ある子供たちがいろいろな職業に出会うチャンスをもつのは、とてもよいことだと思います。すべての子供たちが自分の好きな仕事を見つけ、思いっきり羽ばたいて、これからの社会をよりよいものにしてくれるよう願わずにはいられません。

Tanken1  Tanken2

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31