« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

秋モード

 この1週間で陽気はすっかり秋モード。店頭には植え替えを終えたバラの鉢と、赤を基調にした寄せ植えを2鉢、製作してみました。私はガーデニングで寄せ植え作業が1番好きです。詳細は後日のんびりと「お気に入り」のほうでアップしたいな、と思っていますので、どうぞご覧ください。

 写真はチョコと自家製キャラメルを使ったNYチーズケーキ。こってりとした後口はコーヒーとの相性もいいうえ、秋のイメージ。このケーキのショウアップに、アメリカン・コレクティブルのナビスコガールズが友情出演。うん、いい感じ!

Oleo_1 (家内・記)

2007年8月30日 (木)

Hakoya's brand-new bag

 当店開業以来ご好評をいただいております、手提げバッグをリニューアルしました。写真奥がいままでの「黒」。新ヴァージョンは、渋めのモスグリーンです。色合をどうしようか家内とずいぶん考えましたが、Hakoyaらしい、大人の粋なお買い物のイメージで(まあ、いいじゃないですか・笑)、グリーン。そのなかでも明るさを控えたこのモスグリーンに決定しました。

 色以外は、あえて旧バージョンから変更していません。ワックス加工をした厚い紙を使用・平たいカラークラフトの持ち手・その持ち手をリベット打ち。商業用バッグに詳しい方ならちょと驚く出来栄えです。実は昨今の原料・材料の急騰で、価格的にかなり無理をしました。しかし私たちはこのあたりの妥協ができない性分なので、しかたありません。老舗一流デパートに勝るとも劣らない(まあ、いいじゃないですか・笑)、ちいさな逸品と自負しています。

Bag_1  お買い求めいただいた商品をこの新しいバッグに入れ、お客様にお渡しする。商売にたずさわるものとして、晴れがましい気持ちになる瞬間です。 

2007年8月28日 (火)

ライト&フルーティー

 フランス製の洒落た食品ブランド「ボンヌママン」。ビスケットやジャムなど、ナチュラルな製法と素晴らしいおいしさで、当店でも好評販売中。そのボンヌママンのプレミアムジャム「ライト・アンド・フルーティー」が輸入終了になると、代理店から連絡がありました。可憐で上品な味わいの逸品だったので、残念です。別の商社が国内に入れるかどうかは、現時点で不明。

 ボンヌママンのジャムは、よく見かける赤いチェック模様のフタのものがレギュラーライン。青いチェック模様のフタがプレミアムライン「ライト・アンド・フルーティー」になります。ライトアンドフルーティーは果実成分を増量し砂糖を控えめにした、より澄み切った味わいをコンセプトにしたジャム。輸入中止の理由はよくわかりませんが、砂糖が少ないため品質がデリケートで、輸入元としてはあつかいにくかったからではないかと推測しています。

 当店では基本的に値引きセールをしませんが、輸入終了にあたりこの美味しさをみなさまにお知りいただきたく、在庫のライト・アンド・フルーティーを200円で販売しました(通常当店では400円。某デパートでは468円でした)。あっという間に完売。ご来店いただいたお客様のためのサプライズセールでした。

Lightfrutie  もちろんこのジャムは、私たちも大好き。ひと山ほど自分たち用に確保してあるのは内緒です。

2007年8月24日 (金)

お知らせ

 明日、25日(土)はお休みしますと告知したのですが、急遽営業することにしました。本当はこの日に夏休みをとり、家族でちょっとしたバス旅行に行くはずだったのですが、そのバス旅行自体がドタキャンになってしまいました。まぁ、なにか虫が知らせているのかもしれないし、むりやり外出するのは止めようということになった次第。

 それにしても休みたいなぁ・・・・・。不調なわけではありません。むしろ、どちらかといえば焙煎も快調仕事も好調です。しかし、ここのところどうにも考えがまとまらずに困っています。新しいスタイルのコーヒー屋として進むべき今後の展望がなんとなく見えているのに、方法論が浮かばない。どうしてもピントが合わないカメラを覗き続けているようなもどかしさ。

 そんなとき、人間が蓄えられるエネルギー量について考えたりします。エネルギーを補充して、飽和したら何かを創りあげることによって放出。そしてまた補充して・・・の繰り返し。凡人たる私には、無限に放出し続けるのは無理だ。秋になったらボーっと気持ちをニュートラルにして、旅に出たり食べたり買い物したり「充電」したいものです。手始めにブーツを買うか・・・・・ああっ!言い訳!?

2007年8月19日 (日)

近況報告

 それにしてもこの暑さにはまいりました。昨日は雨模様で、一息ついたと思ったら今日はまた猛暑。皆様もどうぞご自愛ください。

 さて、お盆中は墓参・親戚回りなど所用がたて続き、開店時刻を遅らせたり早じまいしたりなど営業時間がファジーになってしまいました。申し訳ありません。定休日明け、明後日から通常どおり営業いたします。

 この時期、コーヒー豆の卸し先様各店がお忙しいので、せっせと焙煎をしました。私の経験で言うと、夏は冬と比較すると(わずかな違いですが)少なめの火力で焼きあがるため、たとえば同じフレンチローストにしてもややパンチの弱い口当たりになります。したがって香味がブレないように焙煎を工夫するわけで、そこが腕の見せ所となります。苦労のかいあって、当店の豆の品質について厚いご信頼をいただいており、私もホッとしているところです。

 焙煎といえば、連休だったせいか焙煎をしているという人やコーヒーの勉強をしているという人が、何人かご来店になりました。いろいろ忙しくしていたので、愛想がなくてすいませんでした。しかし、Hakoyaのオヤジは訊けばなんでも答えるお人好しと思われているのでしょうか・・・・・。

Coffeetree_2  それと情報誌の取材で編集の方がお見えになったのですが、家内が不在でカフェの営業を中断しており、取材を後日にしていただきました。わざわざ遠方からいらっしゃったのに失礼をしました。その方は「那須で取材しようと思ったけど、どこも忙しそうで・・・・・」とおっしゃっていました。確かに連休中の那須地区の取材は、アポなしではきびしいでしょうね。

 そんなこんなで、世間的にいう夏休みはもう終わり。私どもは今月末、娘の学校が始まる前にちょっと休みを取りたいと思っています。せいぜい1日ですが、なにをしましょうか。

2007年8月17日 (金)

道しるべ

 お盆も終わりました。今年は私は祖母の新盆にあたり、2日ほど実家のお手伝いでお仕事をお休みしました。これまでは骨休みに行っていた実家へも、今では両親の健康を気にしながら話を聞いてあげたり、家事を手伝ったり・・・両親が少しでも骨休みしてもらえたら嬉しいな。

 実家で体験する初めての新盆は忙しく過ぎていきましたが、たいへん有意義でした。故人をお迎えするお盆という機会に、そのお家が暮らす心の向き方を感じることができます。両親がひとつひとつお迎えする準備をしてきたことが実家の随所に感じることができ、それはいつかこういうことを自分がするときの道しるべになるでしょう。お父さん、お母さん、跡をとってくれたお兄ちゃん夫妻、可愛い弟夫妻、どうもお疲れさまでした。ゆっくり休んでくださいね。

(家内・記)

2007年8月11日 (土)

お知らせ

 お盆期間中8月12日(日)~16日(木)、お盆関係の所用および業務用コーヒー豆納品の都合により、開店時刻が正午ごろになることがあります。

 上記の場合、午前中看板が「CLOSED」になっていても、私どもが店にいればコーヒー豆や物品の販売には対応させていただきますので、お声をおかけください。

 また、閉店後すぐに外出する可能性もあり、その場合はお電話等に出られません。ご迷惑をおかけしますが、御了承のほどよろしくお願いいたします。

2007年8月10日 (金)

下半期、豆予告

 夏は日本のコーヒー屋にとってコーヒー豆の端境期。スペシャルティ・コーヒーの国内在庫も心細くなってきますし、さらに日本の高温多湿な気候が生豆にダメージを与えます。でもHakoyaのコーヒーなら御安心。LCFのあつかう生豆は、当店に届くまでは低温倉庫(摂氏15度くらいをキープ)に保管されていますし、当店に来てからもエアコンと除湿機を設置した豆倉に保管し、コンディションを保っています。

 そろそろ下半期に向けて、いつものスペシャルティの他に、ちょっと面白い豆をお出ししようと考えています。たとえばコスタリカのブティック・コーヒー(スペシャルティのさらに上位という概念)。エチオピア・モカのスペシャルティ、2種類。ブラジルの真空パック物もストックしてあるのでいよいよ登場させたいし、他にも良いブラジルが確保できそう。それからいくつか候補を検討中。どうぞご期待ください。

 写真は、コレクションの日本製フラドールを使った家内のディスプレイ。・・・・・そういえば、ハワイ・コナのいいヤツもぜひ見つけたいなぁ。

Huladoll

2007年8月 9日 (木)

サヴィニャックのお皿

 当店はケーキ皿にもちょっと凝っています。開業当初は柳宗理のボーンチャイナ。その後、イタリア製の陶器やフランス製の陶器、イギリス製の磁器やミッドセンチュリー・アメリカのセミアンティーク。50年代の日本製で、デルタ航空に納品されていたものまであります。その他もろもろ、新しく買う場合もありますし個人的なコレクションを使う場合もあります。たまにテーブルウェア好きのお客様もいらっしゃって、家内とマニア同士の熱い会話になったりします。

 お店のディスプレイでは、私たちはフランスのポスター作家レイモン・サヴィニャックが好きで、リトグラフや復刻ポスターなどをよく飾っています(オリジナルのポスターは物によっては畳2~3枚分くらいの大きさなので、買っても飾れません)。

 今日家内がそのサヴィニャックの作品がプリントされた、ケーキ用にちょうどいい大きさのお皿を見つけました。まさにHakoya向き!お店で使って消耗してもいいように大量に購入しました。ご興味をお持ちのお客様はケーキのご注文のさい「サヴィニャックのお皿で」とリクエストしてください。シルヴプレー。

Soucer

2007年8月 7日 (火)

おみやげ

 娘が夏休みということもあり、昨日はPIXAR最新作映画「レミーのおいしいレストラン」を観にいきました。良い映画だろうなとは思っていましたが、想像をはるかに超える素晴らしい作品で、家族一同大感激でした。詳しいことは「お気に入り日記」にも書きましたので、よろしければご覧ください。

 さて、今年の夏は卸売りの納品の関係で連休が取れず、スペシャルティコーヒー関連の大型展示会・SCAJのイベントに参加できませんでした。そのことを日記に書いたところ、イベントに行かれた当店のお客様より、展示会パンフレットとおみやげをいただきました。お客様からイベントのおみやげをいただいているようでは、プロとして面目次第もなくお恥ずかしい限りですが、私なりに勉強はしっかり続けており、ご期待を裏切らないようこれからも良いコーヒーを提供してまいります。ありがとうございました。

 それにしてもHakoyaのお客様は、熱心なコーヒー好きの方が多くていらっしゃいます。「コーヒーのある豊かな生活」の提案ために、スペシャルティコーヒーを販売している当店としては、苦労が報われていることを実感いたします。

2007年8月 4日 (土)

総会

 というわけで、LCFの総会に行ってまいりました。私が開業した時点で50名弱だったメンバーも75店に増え、グループとして今後いっそう高品質のコーヒーを買い付けられる力がついてきたことを実感します。と同時に、組織が大所帯になるにつれ足並みをそろえる難しさを痛感した、というのも正直なところ。

 SCAJイベントの次の日だったため、来日していた今注目のスペシャルティ・コーヒー生産者が3組、やってきました。基本的には自分の農園の豆をよろしくというプロモーションなのですが、最先端のスペシャルティ・コーヒー関連の話をたくさん聞くことができ、私としてはこのことが一番の収穫でした。LCFに参加していて良かった。

 久しぶりにお会いした師匠は、あいかわらず落ち着きがない調子で次々と議事をこなしていましたが、ここのところコーヒー関係の大型イベントが続き、どう考えてもオーバーワークです。息抜きに美味しいものは食べているんでしょうけど、たまにはゆっくり休んでください、師匠。

 さて解散後、上野で娘にフコウモリ・グッズとクロックスを買い、家内にケーキを買い、家族の夜食に中谷の柿の葉寿司を買い込み、いそいそと家路につきました。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31