« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月29日 (火)

食器あれこれ

 お店で使用したり販売しているカップや食器類は、いうまでもなく私たちがお気に入りのものです。自分たちもぜひ使いたいので、それぞれ自分たち用におろして愛用しています。そのほかにも気に入ったものを見つけると買ってしまうため、愛用の食器がずいぶんな数になりました(笑)。コーディネートを楽しみながら、この日記で紹介していきたいと思います。

 さっそくのお披露目、フランス・サビニャックのイラストマグ。このマグに合わせて作ったおやつは「クリスピーチョコ」、淹れたコーヒーはブラジル。記念にパチリ。

  店内のお砂糖入れもル・クルーゼのラムカンダムールに変えてみました。ル・クルーゼは鋳物のお鍋以外、生産国がフランスではなくなってしまったのが残念です・・・・。でもこの形、魅力的。ピンク色は一昨年ソニープラザ40周年の際、限定で出されたものです。たまたま購入できてラッキーでした。これからも「ちょい、カワ」アイテム、楽しんでまいりまーす。

(家内・記)

 Cake080129_4  Sugarpot_3

2008年1月27日 (日)

忍耐と主張

 ギタリストの写真が掲載されていますが、「お気に入り日記」ではありません。この人は私が尊敬してやまない、フィンガーピッキングの第一人者、打田十紀夫氏です。

Nanchatte2  彼の素晴らしさについて語りたいところですが長くなるので(笑)、機会があれば「お気に入り」に書きます。今回は、打田氏が年頭の抱負として述べたことが私の心情にもピッタリきたため、それを紹介したいと思います。以下、抜粋です。

 「私は昔から忍耐強いことでよく褒められました。(中略)・・・耐えることは、私の中で一種の美徳にもなってしまいました。しかし、耐える・我慢する・言いたいことを言わない、となってしまうと、ちょっと違いますね。気配りや気遣いは忘れてはいけないけれど、今年からは自分の個人的意見ももっと主張して良いんじゃないかなと思いました。」。・・・打田氏の誠実な人柄が伝わってくる言葉です。どのジャンルでも、ひとつの道に打ち込んでいる人は、その人なりの哲学を持つものだと思います。

 私も対人関係がストレスになるタイプなので、身につまされます。出来ればトラブルは避けたいので、黙ってしまう。それゆえにずいぶん不愉快な思いもしました。

 立派なポリシーがあったとて主張できないのでは、ポリシーが無いのと同じ。ただの意気地なしです。かといって相手の立場を考えず思うことを一方的に話すのは、ケンカの種だし、あまりに芸がありません。つまり主張を上手く伝える知恵が大切ということでしょうか。友人関係においても、接客においても。

 豆を焼くだけじゃなくて、対人関係のテクニックも必要なわけです。いろいろ覚えることはありますよ、ほんとの話。

2008年1月25日 (金)

CM。

Kanegon 「あのぉ、お金に糸目はつけません。スペシャルティコーヒーを1杯飲みたいのですが・・・」

「カネゴンくんうれしいこと言ってくれますね。うちはそんなにお金はいただきませんよ。素敵なことを思いつくカネゴンくん、金田少年に戻る日も近いですね」

「・・・・、うん」

こうしてカネゴンくんは幸せそうにHakoyaのコーヒーを飲んだのでした。

1杯のコーヒーで至福のひとときを。

(家内・ディレクション)

試作中

  本日のまかないコーヒーはデミタス。バレンタインも近いことだし、チョコレートのケーキを試作しています。写真は「ガトー・ショコラ」。数年前、本家ザッハホテルのザッハトルテを食べる機会があり、それ以来自分が作ってみたいガトーショコラのイメージが見えてきました。あいかわらず見た目は地味ですが、クーベルチュールをブレンドしたりして滋味深い味わいを目指しています。

Cake080125 店頭に出るのももうすぐ。どうぞよろしくおねがいします。

(家内・記)

2008年1月24日 (木)

ご心配、ありがとうございます

 「家内が過労でダウンした」とか「腕に鈍痛が走る」とか日記に書いたところ、ここ一週間、お客様がたから御心配のお問い合わせをいただき、まことに恐縮です。家内はゆっくり寝て好きなものを食べていたらたちまち快復し、いつもどおり私に喝を入れまくっております。ま、良かったと解釈すべきなんでしょうね。私の腕も、家内の「献身的な」マッサージを受け、微香性のアンメルツ(というものがありました。コーヒー屋なので強い匂いは大敵)を塗りこんでいたら、小康状態を取り戻しました。

 お客様各位には温かいお言葉をかけていただき、たいへんありがたく思っております。この場を借りまして、夫婦心より御礼申し上げます。東京在住の整体マイスター・F様ご夫妻、メールまでいただきありがとうございました。いよいよのときは御相談させていただきます。

 腕の痛みの件では家内に世話になりっぱなしで、「なにか献上しなければ」と日記に書いたのですが、逆に「最近よく働くじゃないの」と言って大好きなアニエス・ベーのカットソーを買ってもらいました。かたじけねぇ・・・・・。サーカスの熊に角砂糖をあげるみたいに、なにか良いことをすると買ってもらえるアニエスのシャツ。だいぶ集まったので、そのうち「お気に入り日記」にアップしましょう。

 話がそれちゃいました。とにかく当店をご贔屓にしてくださる皆様のために、また張り切って良いもの・良い店を作ります。どうぞご期待ください。

2008年1月23日 (水)

ブレンドの話

 21日月曜日、LCFのブレンディングセミナーに行ってきました。大手コーヒー会社から個人ロースターまで、たいていのコーヒー豆屋には「ブレンド」があります。あまりにも当たり前に思われていますが、不思議に感じられる方もいらっしゃるでしょう。

 コーヒー豆をブレンドする理由は、ざっと以下のことが考えられます。「1.上質な味わいを創造する」「2.年間を通して香味を安定させる」「3.並品の豆に高級とされる豆を混ぜて、付加価値をつける」「4.没個性の豆に個性的な豆を混ぜて、特徴を出しつつ販売価格帯に合わせる」、など。コーヒー屋はそれぞれのポリシーや経営方針によって、なんらかの動機でブレンドを作るわけです。それぞれに立場があるので、どの動機が正当かは言えませんが、Hakoyaに求められているのは「1.上質な味わい」だと自負しています。

 当店のブレンド三種、「吟」「懐」「烈」は要するに「店主が飲みたいコーヒー、三つのバリエーション」というコンセプトで作られています。これにより、お客様にはHakoyaの香味の傾向が端的にご理解いただけるという仕組み。

 ブレンド作りに使用するコーヒー豆は、年毎にあるいは採れてからの期間で味わいが違います。したがって、科学的にまったく同じ香味成分のブレンドをずっと作り続けることは無理。作れるという人がいたら超人か嘘つきです。

 よって優れたブレンドコーヒーの作り手とは、あるコンセプトに沿って、「飲む人が、香味について常に同じ印象を持つ」ようにブレンドする技術を持つ者のことで、なおかつ新しい香味の表現が腕の見せ所になります。前置きが長くなりましたが、ブレンドとは、つまりコンセプトワークのことにほかならない、というのが私のアマチュア時代からの見解です。

 そのために必要なことは以下の通り。

 自分のイメージのブレンドを作るために「1.スペシャルティコーヒーの生豆が手元にある」「2.思うように焙煎することができる」「3.豆の組み合わせについて、既成概念にとらわれない発想」。今回のセミナーは、「3」についての講義でした。内容の詳細はここで述べませんが、ブレンドの考え方について、オーソドックスとか前衛とか私なりに持っていた固定観念、それらの垣根も一回取っ払ってしまい、もっとブレンドに対して自由になろうと思いました。

 基本技術の更なる向上。そして枠組みのない発想。ものづくりの道のりは遠いものの、なにせ好きなことですので、望むところです。

2008年1月20日 (日)

ひといき

 いつも慌しく買い物を済ますスーパーマーケット。一角にお花屋さんがあるとちょっと覗いて和ませてもらっています。ひょいっと選んでみたのはマトリカリアとヒピリカム。バタバタしている時こそひと呼吸おかなくちゃ・・・。小花&コーヒーのセット、たのしいおやつ。

Coffee080120_2 (家内・記)

2008年1月18日 (金)

回復しました

 家内です、本日回復し仕事に戻りました。ご不便をおかけしました。

 やりたいことはたくさんあるのですが、その前にやらなきゃいけないことがたくさんあって、毎日が忙しく過ぎていきます。夫婦2人のお店なので、私が大変なら主人も同じなのですが、ごめんなさーい・・・私のほうが動けなくなってしまい主人に2倍の負担をかけてしまいます。私の場合、疲労がたまると体の節々に痛みが走り、全身サロンパスのお世話になって一日休むと治ります。こうなる前に事前策がとれるよう留意しなくては。

Peynet  2日間コーヒーを飲めなかったので本日は飲めてうれしい・・・。店内ディスプレイを替えたのですが、この1枚を出すのを忘れてました。絵を眺めながらの1杯。・・・・ん?このペイネの絵に描かれている言葉って「あなたの愛よりお菓子がいいわ」だった。私は違うわよ、ダ、ダーリン。

(家内・記)

2008年1月17日 (木)

近況報告1月17日

 家内が過労(おそらく)によりダウンし、本日カフェはお休み。豆、その他商品の販売のみの営業となっております。なにぶん夫婦二人の店ですから、ときに不測の事態が起きてしまいます。しかし不調なときの中途半端なガッツは生産性も上がらないし、往々にしてさらに状況を悪化させたりしますので、充分な休息を優先させていただきたく存じます。ご迷惑をおかけし、申し訳ありません。そのような次第で、最近家内にまかせっきりだった日記を店主が書いております。

 今朝、焙煎をしようと自宅(Hakoya2階)から下りてくると、豆倉の入り口で凍えたウグイスが行き倒れになっているのを発見。

Uguisu  かろうじて生きているらしいので、大きなザルをかぶせホットカーペットの上に置いておいたら、さすがに野生動物、たちまち蘇生しました。娘が学校から帰ってきたら見せようかとも思ったのですが、こいつ元気になって暴れるため、気温が少し高くなるのを待って、空へと放しました。

 しかしこの時期、他のウグイス仲間はどのように寒さをしのいでいるのでしょうか?まだまだ春は遠い。お礼も言わずに飛んで行ったとはいえ、ウグイスの身が案じられます。

 さて、ブラジルのマカウバ・デ・シーマ農園の新豆が入荷してきました。何回か焙煎してみて、いい塩梅がわかってきたのでもうすぐ販売開始します。私が所属するスペシャルティコーヒー専門の共同仕入れグループ「LCF」は、このシーマ農園に特別注文の豆を依頼しており、その付き合いも長くなります。今年の豆はグッと深煎りの苦みばしったタイプでお届けするつもりです。

 以上、近況報告と予告でした。

2008年1月13日 (日)

for me, for you

 本日の業務もてんてこ舞いのうちに終わりました。主人がコーヒー豆のことをもっと記事にしなければならないのですが、忙しくて手が回りません・・・。店頭では順次、ニューフェイスのお豆たちをご提供していきますのでよろしくお願いいたします。ネットショップをご利用のお客様、更新が後回しになりご不便をおかけいたします。詳しくは、メールやお電話でどうぞお尋ねください。

 旧友&ママ友のHちゃんが、マイブームになっている「食後のくつろぎタイム用チョコ」を我が家に届けてくれました。デミタスコーヒーと合わせ、まったりさせていただきました。どうもありがとう。

 明日はお休みをいただきます。親類が集まる席があり、姪のために彼女が大好きなチョコクッキーを作りました。楽しみにしてくれているので、毎回違うタイプを製作します。新しいレシピをためしがてら、多めに作ってお客様にも試食していただいています。

(家内・記)

Coffee080113a  Coffee080113b

2008年1月10日 (木)

「う」

 コーヒー屋としてお金をいただく立場でありながら、お客様から「ありがとう」と言っていただけたり、美味なものを教えていただけるのはたいへん嬉しいことです。今朝もおいしいお煎餅を差し入れていただき、しみじみ味わいました。

 作家・向田邦子さんは、美味しい味に出会うと、お店の手がかりになる包装紙やラベルを、「う」の引き出しと呼ぶお決まりの場所にストックしていたとか(「うまいもの」の「う」だそうです)。昔読んだことが記憶に残っていたのか、今では自分も同じことをしています。

Senbei  当店のコーヒーも、お客様にとっての「う」の引き出しにストックされますように。

(家内・記)

2008年1月 9日 (水)

近況報告

 おかげさまで、忙しく仕事させていただいております。日記のほうには手が回らず、気晴らしにお気に入り日記を書いたぐらいで、ほとんどの更新は家内に任せていました。おまけに昨年末から右腕に鈍痛が走るようになり、家内にヒマをみてはマッサージしてもらっていて、なんとも頭が上がらない最近であります。まぁ、このぐらい働けば多少小遣いができるでしょうから、なにか献上せねばならんと思っております。・・・・・ほんとですよ。ほんとですってば。

 話は変わって。いよいよ各産地の新豆(07-08クロップ)が、入荷する季節になってきました。さしあたってブラジルや東チモールが入ってきます。順次紹介しますので、どうぞお楽しみに。たまにはコーヒー豆の話題を書かないと。

 以上、近況報告でした。仕事に戻ります。

2008年1月 8日 (火)

休み明けに。

 昨日はお休みを使ってデパート巡り。昔からモノを見て歩くのは大好きですが、最近は人ごみがちょっと苦手。最後は「ゆっくり椅子に腰掛けておいしいコーヒーが飲みたい・・・」と自宅に帰るのを急ぎます。

Nezumi_2  本日の開店前のくつろぎコーヒー。子年にちなんで娘が図書室から借りてきた「まちねずみジョニーのおはなし」もコーヒーのお供に。このお話の最後のくだりは自然を愛したポターさんならではの文章で、お気に入りです。

(家内・記)

2008年1月 5日 (土)

バナナのクランブルケーキ

 りんごのクランブルケーキをバナナでやってみたらどうかな?と思いついて試作してみたらイメージ通りに仕上がりました。

Cake080105  「バナナのクランブルケーキ」。バナナを持ったチェブラーシカの図がピンときて友情出演。コーヒーはもちろん紅茶ともよく合います。どうぞよろしくお願いします。

(家内・記)

2008年1月 4日 (金)

よろしくおねがいします

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 暮れにかけて学生時代の同級生の来店が続き、とても懐かしかったです。あの頃から随分と時間が経っているのに、当時の空気感のようなものがすぅっと蘇ってきて不思議なものですね。大晦日は幼なじみのSちゃんのはからいで、数年ぶりに高校のクラスメイトにも会えてとても楽しかったです。昔から「いらぬ詮索は野暮」な友人たちだから、数年ぶりなのに近況はおろか、好きなことばかり話して最高でした。今度会うのはいつなのかしら?それを聞く必要もありませんね、またすぅっと戻れる友人たちだから。ご来店、どうもありがとう!

(家内・記)

Flower080104a  Flower080104b

2008年1月 3日 (木)

おめでとうございます

 みなさま、あけましておめでとうございます。今年も自家焙煎コーヒーのHakoyaを、なにとぞよろしくお願いいたします。

 大晦日は、例によって年越し蕎麦を食べつつ紅白歌合戦を観戦し、そのあとジャニーズ・カウントダウンを堪能しました。娘につられて観ているのですが、最近のジャニーズのメンバーは芸達者だなー、と感心します。顔の区別がつきませんけど・・・。私としては、なにはともあれTOKIOのリーダーを応援しております。

 さて、新年は恒例の宇都宮「オーベルジュ」のおせち料理と、宇都宮酒造の四季桜・花宝で始まりました。このスタイルはもうかれこれ7年目。ただしおせちの3人前セットがなくなり5人前のみになったため、ボリュームがかなりあります。まあ、多いぶんには何の問題もないのですが。

Osechi2008  毎年同じ正月料理にするのは縁起を担いでいるためで、今年も家族みな健康で元旦を迎えることができ、ゲンを担いだかいがあります。

 家内安全にせよ、商売繁盛にせよ、なんでもないようでいて実はとてもありがたいことです。「当たり前のことに感謝したい」が、年頭に当たっての私たちの抱負です。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31