« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月25日 (金)

GWまかない計画

 好評をいただいています、フランスのジャムやお菓子を連休に向けてまた仕入れました。そのついでに、輸入商社が空輸した食材を自分たちの「まかない」用に買ってみました。

 写真手前は、ノルマンディー産のチーズ「カマンベール・デュポン」。とても素直な味のカマンベールです。右奥はスペイン・アンダルシアのサラミ「チョリソー・イベリコ・ベジョータ」。左奥は、かの有名なフランスのパン屋さん、ポワラーヌのパリ本店で焼かれた「パン・ド・カンパーニュ」。ポワラーヌのパンの中ではもっとも有名な、黒パンタイプですね。南フランス産のピクルスや、セミドライフルーツも、もうすぐ届きます。

Frenchfoods  勘のいい方はすでにおわかりでしょう。そう、これらの食材でタルティーヌを作るつもり。タルティーヌは簡単に言うとオープンサンド。具材を薄く切ったパンに乗せてオーブンで焼いたものです。具にもよりますが、基本的に酸味の強い黒パンが適しています。

 これからゴールデンウィークの連休をむかえるにあたり、お昼のまかない食を、なにか手軽に作れて、なおかつ優雅な気分になれるものにしようと考えたわけです。やはり忙しいときほど、食事は楽しみたいですから(カフェの新メニューではありません。念のため)。

 さっそく家内がササッと作って試食。あー、やっぱりうまい!このあぷったパン・ド・カンパーニュとカマンベールの奏でる香りといったら、まるでパリに吹く風。トレビアーンって、・・・・・またお気に入り日記の記事みたいになってる。

商品のこと

 最近はコーヒー器具も材質や色のバリエーションが豊富になりました。ご家庭でコーヒーを楽しまれるかたが増えたことで、よりデザインやインテリアを意識した商品が開発されているのだと思います。私共も毎年カタログを楽しくチェックしています。

 コーヒーも「食べ物」の部類ですから、器具は「美味しさを引き立てる色」と「美味しさを演出する質感の材質」を原則に商品開発されているはず。でも、ときどきそれらの基本を無視し、単に目新しさを狙った「奇をてらう」品物に遭遇し、「どうなんだろう?」と思う時があります。それも個性かもしれませんが、自分のお店にはそれを置いたら周りの品物と調和できずに、その品物がきっといたたまれないと思うので、仕入れできません・・・。

Colors  前置きが長くなりました。当店販売品のポット・ドリッパー・マグ類の3点セットを使い、カラーコーディネートしてみました。色・質感ともに「バッチ・グー(エド・はるみ風)」。ついでにメーカー所在国と製造国が同じなのもポイント高しです。

 「いいものを作り続け、いいものだから応援する」。消費者とメーカー間の信頼関係。これが自国の「モノつくり」を支え、「審美眼」を養う1番大切なことなんだなぁ、としみじみ感じています。

(家内・記)

2008年4月24日 (木)

パソコン、壊れる

 やたら忙しいところに持ってきて、メインのパソコンが壊れました。予備のパソコンがあるので仕事に支障はないものの、壊れたほうの建て直しに時間をとられ正直まいっています。私の手には負えないため、パソコン達人の家内の兄に応援をお願いし、たいへんなご迷惑をおかけしました。ケンイチさん、サンクス・ア・ロット!

 いまだアプリケーションの再インストールやメインテナンスにかかりきりで、このややこしさには気が狂いそう。どうにもこのパソコンて奴は、近頃はパソコン抜きじゃ仕事にならないのを鼻にかけて、いい気になっているのではないのか?

 考えてみれば、仕事のパソコンは朝から晩まで電源を入れっぱなしなので、家庭での使用に比べれば寿命が短いかもしれませんね。当店の場合、経験上たいてい2年くらいで調子が悪くなります。そのつど修理したり買い換えたり。これからはもう消耗品と割り切って、通販の利益から経費を捻出し2年で償却、つまり壊れる前に買い換えようかとすら考えています。付き合いきれない。

 ホームページを自作したりブログを2本書いたりしていると、さぞパソコン好きなんだろうと思われたりするのですが、むしろ苦手です。たしかにHakoyaとしても通販業務には必要ですし、遠方のお客様にも近況をお伝えできます。各種の情報も手軽に収集できます。便利は便利。

 ただ、あまり深入りすると持て余すんだろうなぁということは予想できます。こんな機械に振り回されてたまるもんか。知恵と理性で乗りこなさなきゃね。

 身の回りのものすべてに愛着がある私ですが(というか、愛着が持てるものしか入手しない)、パソコンだけは、どうしても愛着がもてません。

2008年4月23日 (水)

楽しみな開花

 早いもので来週は、ゴールデンウィークに入りますね。

 今朝、お花にお水をあげていたらバラの花芽をたくさん確認できました。さっそく2冊バラの本を購入し、いろいろなお庭の例を見ています。昨年のワタクシときたら、気ばかり必死でのめり込んでましたが、今年は冷静さを取り戻しました(笑)。今後も優雅なガーデニングと呼ぶには程遠いドタバタ作業でしょう。それでもまぁ、続けていれば自分らしいお庭ができるんじゃないかとたくさんの蕾をつけたバラにわくわくしています。

(家内・記)

2008年4月20日 (日)

リサとガスパール

 本日は開店時からたくさんのお客様にお越しいただき、閉店時刻前にコーヒー豆もケーキも完売になりました。ありがとうございました。

 当店が仕入れ・販売するコーヒー器具や雑貨類も、おかげさまでご好評いただいております。店頭に並べるときに「あ、これはあのかたがお好きかな」と思う品物があります。私たちは営業トークが苦手なので先にお声をかけることはしないのですが、本当に不思議でありがたいことに、お好きかなとお顔が浮かんだそのかたの手に渡ります。私にとって至福を感じるときです。

Lisagas

 つい先日、リサとガスパールのドリッパーを仕入れました。並べながら真っ先に思い浮かんだのは「リサ・ガス」が大好きな弟のお嫁さんでした。そうしたら、なんと偶然!本日彼女がお友達と遊びにきてくれました。お茶している間に大急ぎでクッキーを焼いて、娘に手書きカードを作ってもらいラッピング。もうすぐお誕生日なことも手伝ってプレゼントできてよかったです。弟に美味しいコーヒーを淹れてもらってくださいね(笑)。

(家内・記)

2008年4月18日 (金)

桜咲く・エインズレイ

 那須塩原市・黒磯地区の桜は散り始めましたが、それと入れ替わるように、注文していた桜柄のティーセットが届きました。1775年創業、英国エインズレイ社のボーンチャイナ。現行品ですが、もちろんメイド・イン・イングランド。

Aynsley1  私たち日本人にとって桜は特別な花ですが、イギリスの磁器で桜の絵柄というのはわりと珍しいものです。今回見つけたエインズレイは、手描きで絵付けしたような美術品ではなく、プリント柄の実用食器。価格も手ごろだし、なんといっても可憐なデザインにひかれたため、Hakoyaのカフェで使おうと思いついた次第。 私が一番気に入ったのは、上の写真向かって左の「ティー・フォー・ワン」。一人でお茶を楽しむための茶器セットで、ポットとカップがスタッキングになっています(下の写真は、分解した姿)。

 このエインズレイ・チェリーシリーズ。使うのをやめてコレクションにしようかと家内に提案したいのですが、「食器は使ってこそ生きてくるものです」とか正論を言われるに決まっているので、黙っていることにします。

Aynsley2  なんだか「お気に入り日記」の記事みたいになっちゃいました。しばらくお店に飾っておいて、桜が散り終わった頃デビューさせましょうかね。

 

2008年4月15日 (火)

プチ工事終了

 昨日の定休日と本日午前中をつかって、お店に入る際のアプローチ部分を、枕木とレンガを使って延長しました。ついでにコーヒー屋になる前から庭にあったキンモクセイの株元も、きれいに枕木で囲い、レイズドヘッド花壇を造ってもらいました。

 これで表通りから店舗を眺めたときの、駐車場とお庭と店舗の景観のバランスが良くなり、やっと頭の中の構想が一区切りついた感じです。これからは花壇を造りこんでいく部分に入りたいな。そうこうしているとまた外溝のアイデアが湧いてくるんですよねぇ・・・・。ヨーロッパのかたの普遍的な暮らし方に通じるものを感じます。

Garden080414  まだまだ始まったばかり。せっかく固定資産税を払うのですからこの土地を満喫しなくちゃもったいない(笑)。焦らず楽しみながらやっていきます。

(家内・記)

2008年4月11日 (金)

達成感

 この2週間、主人に「どっちが本業?」と聞かれるほど学童クラブの会計決算書作成に時間を費やし、昨日は朝から入学&入会式を迎えるクラブの新1年生と保護者分のケーキ5台を製作。自分でもかなりキツイと思っているんだけれど、明日の総会で終わるから・・・と奮闘。1年間分の、バシッと揃った6冊分の会計帳簿ファイリング を眺めながら、大きな額の決算を無事出せた達成感にしばし浸っています。ほかの小学校で学童の役員をされているかたも同じ思いをされていることでしょう。お疲れ様です。

Cake080410_2  今まで受けた係りの中でいちばーん、いやでたいへんな係でした(笑)。でも、これをやり遂げた今は、ちょっとの苦労は苦労と思わないタフさが身についたかな・・・・・。社会保険のしくみが分かったことは、今回1番勉強になったところです。お店の業務にも活かせるかな?あ、でも自営業の場合、売り上げを上げることが帳簿で1番大事なことですね。これからはコーヒー屋の本業にますます身を入れますよ、ご主人さまっ!

(家内・記)

2008年4月 9日 (水)

もっともらしい押し売り

 開店前の忙しい盛りに、某銀行の営業マンの訪問を受け「おたくの売り上げはいくら?」とか「困っていたらお金貸しますよ」とか、しつこく絡まれる。生きているといろいろな経験をするものです。べつにお金に困っていないこちらとしては「あんた税務署か?なんで〇〇銀行に売り上げを申告するんだ?」といってお引取り願いました。もうゲンナリ。仕事熱心と押し売りの履き違え。

 いらないものは無理強いされてもいらない。ほしいものは頼まれなくても買う。これが健康な消費者心理でしょう。上記の例で言えば、借りたくなったらこちらから行きますよ、という話。商品の情報を知らせるのは大切なことですが、お客さんの首根っこつかまえて「これが商品だよ、買え」というのでは、これはもはや商売とは言えません。

 経済関係のテレビ番組や雑誌で、しばしば「企業戦士」や「営業軍団」といった表現を目にします。私もさんざん聞いた言い回しですが、なぜ仕事するにあたって自分をソルジャーに例えなければならないのか、暑苦しいばかりで、ちっとも理解できませんでした。まあ、価値観のことなのでこれ以上言うのはやめますが、個人的には戦争のつもりで仕事するなんて、まるでつまらないと思います。

 件の銀行員氏も、玉砕覚悟の営業突撃隊だったんでしょうか。結果は単なるはた迷惑な押し売りに終わったようです。どんな動機で売り込みするにせよ、自分だけの正義があったとしても、お客さんを怒らせたら営業は負けです。そこに言い訳は存在しません。商売はお客様の身になって楽しく従事したいものだ、という教訓でした。

2008年4月 8日 (火)

飾る

 普段のコーヒー屋と子育ての業で手一杯なのに、昨年4月から地域の班長と学童クラブの係業務が加わって、この一年はたいへんでした。でも、そのせわしい日々もいよいよ今週でサヨナラー(バンザーイ!)。主人にたくさん手伝ってもらってヘトヘトにさせてしまいましたので、なにか褒美でも考えなくては・・・。ブーツ?ギター?高くつくからなにか違うもので考えようっと(笑)。

Flower080408  総会がまだ終わっていないのに、気持ちはもう開放感に浸っています。昨日は3軒苗屋さんをハシゴして、好きな苗ばかり全21種お買い上げ(写真はその一部)。一気に花壇作りが進みました。1年間の自分ご褒美は、花壇の花たちで飾りたいと思います。

 飾るといえば、ギフト用包装用品もいろいろ揃えました。当店のギフトの基本型は「オーダーメイド感覚」の「ちょいカワ」アイテム。たくさんのバリエーションをご用意して、贈る方にも贈られる方にも喜んでいただきたいと思います。

(家内・記)

2008年4月 6日 (日)

近況いろいろ

 日記の更新が滞ってますね。気候が良くなるこの時期、カフェが暇なときはあっても卸売りの仕事が増えますので、忙しくさせていただいております。定休日もプライベートの用事が入り、休んだんだか休まなかったんだか、のんきな昼寝をこよなく愛する私としてはけっこうキツイ状況だったりします。

 そんななか無理やり休んで「東京ディズニーランド・バスツアー」に参加。家族で楽しんできました。ディズニーランド、バスツアー、しかも日帰り・・・。うかつに話すと失笑を買いそうなシチュエーションですが、なにしろバスツアーは行きも帰りもでれんと寝そべっていればいいので最高。去年のディズニーシーに続いて2回目の参加でしたが、次もバスの利用を切望します。

 さて久しぶりのディズニーランド。娘がいて家内がいて、それぞれに楽しんでいて、私はベンチでスモークターキーやらチュロスやらほおばりながら、やけにキラキラした陽ざしと小さな世界で永遠に繰り返す音楽を浴びて、どこまでも透明になっていましたとさ。

 続いて。ここ最近気に障ることが多く、日記に書いてみる。しかし書き終わった段階で気が晴れてしまい削除する。この繰り返しでちょっと不調です。まあ、ブログはグリコのオマケみたいなものだし、そのうち気持ちのつかえがスコンと抜ける予感がするので、自分に義務を課すのは止めにしています。

 それと新入荷の豆もありますので、順次ご紹介する予定です。それでは。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31