« 近況 | トップページ | 今朝のコーヒー »

2008年9月14日 (日)

ブラジル「カルモ農園」

 ブラジル「カルモ農園」の販売を開始しました。

Brazil  当店で販売しているブラジルは、優良品の産地として名高いセラード地区の銘柄が多く、やはり名にたがわずご紹介したい良い豆が多いと思います。

 しかし最近、「カルモ・デ・ミナス」という地区が注目を集めています。今回のカルモ農園は、そのカルモ・デ・ミナスの名門農園。

 今回当店で用意したカルモは、イエローブルボン種。コーヒーの在来種の一つとされるブルボン種の亜種で、ブラジルらしい端正な苦味がうれしい香味。しかし、土壌のせいなのか農法・精製法の違いなのか、セラード地区のブルボンより「さらに濃厚な味わい」という印象です。私は「充実した苦味とコク」と表現し、お客様に説明しています。

Ns_carmo_3  一口にブラジルといっても、確かに「ブラジルらしさ」というべき香味はありますが、地区や農園の違いによりさまざまなニュアンスの違いが楽しめます。当店販売中の「ダテラ」と「カルモ」、ぜひ飲み比べなさってはいかがでしょう。

« 近況 | トップページ | 今朝のコーヒー »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31