« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

今年もお世話になりました

 というわけで、今年の営業も無事終了しました。最終日まで忙しくさせていただき、当店は本当に幸せ者だと思います。

 なんでもここ最近コーヒーブームとかで、各種媒体でコーヒー関連の話題を目にしたり耳にしたりします。私としても、しばらくこのブームは続くと予想しています。

 で、ブームにおけるHakoyaの身の振り方ですが、まぁ、世間様がどうであってもマイペースで「気に入ったものを気に入ったように提供する」といういつものスタイルで行こうと考えています。それが一番自分らしいし、当店のお客様が私共に望む姿勢であろうと思いますから。

 そもそも私は現在起こっているコーヒーブーム自体は、どうでもいいんです。それよりブームのあと、たくさんの情報による「啓蒙と誤解」で、消費者側の、あらゆる意味での「コーヒー」に関する物事の捉え方が変化していると予想されます。そのときに、変わらずにフロントラインに立っていたい、最良のコーヒーを提供していたい。そのためには何を学んでおくべきか?そんなことを考えています。

Coffee081231  ・・・・・、ああっ、あいかわらず堅いなぁ。来年はもっと肩の力を抜いていこう。

 それでは皆さま、本年も多くのご愛顧を賜り、まことにありがとうございます。来年もいっそう精進いたしますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

2008年12月28日 (日)

年の瀬

25日の閉店時刻には、店内はすっかり新年を迎える ディスプレイに替えました。

 世の中は、雇用問題と就職活動難が騒がれる昨今、こうして自営業をできることは本当にありがたいなぁと思います。自分たちで営業しながら、お給料をとり、税金・保険・各種支払いをしていきながら迎える年越しやお正月というのはたいへん感慨深いものです。ひとつひとつのことがとても大切。雇用問題のニュースでも、雇用者の声を聞く一方で、経営者のかただってお給料を出す、ボーナスを出すというのは本当にたいへんなことだと察します。「当たり前」なんてない時代、夫婦2人のお店で来年にまた続くよう精進したいな、と思っています。

Shogatsu_2  31日は午後5時まで営業いたします。

 どうぞよろしくおねがいします。

(家内・記)

2008年12月25日 (木)

クリスマス

 みなさまクリスマスはいかがお過ごしでしょうか?今年当店はギフトの受注が多く、12月初めごろから、延々と贈り物を作っていたような印象で、このクリスマス期間も、「軽い手みやげ」から「重厚な贈り物」まで、ずいぶん御注文をいただきました。

Santaclaus  当店の場合は、既製のギフトセットはあえて用意せず、お客様のご要望やご予算に応じて、オーダーメイドで作ります。そのために、当社ラッピング事業部部長の家内が、相当な種類のラッピング用品を用意しています。

 手間を惜しまず作るため、注文が立て込んでしまうと、お待たせしたり慌てたりしますが、やはり自分たちが楽しみながら作ることで、贈り物としてハッピー・フィーリングが出るというか、良い仕上がりになるような気がします。

 さて、そうこうしているうちに本日は25日。家内が、クリスマス用飾り付けの片づけを開始しました。毎年この片づけが始まると、なんだかさびしくなりますね。

 話は戻って、Hakoyaのギフトは年中受付中。お歳暮のすべり込み・帰省の手土産・お年賀など、当店のギフトを、ぜひぜひご利用ください。よろしくお願いいたします。

2008年12月24日 (水)

カフェベア、おうちがきまる

 テディベア作家つちやさおこさんとHakoyaのコラボ企画「カフェベア」(関連記事)。最後の2体のおうちが決まりました。ご姉妹でおみえになるお客様がカフェベアをたいへん気に入ってくださり、ひとつずつご購入されました。

Cafebear10_2  空っぽの棚を見ると、なんとなくなごり惜しいような寂しいような気もしますが、5体のクマそれぞれ、本当にテディベアを愛し魅力をご理解なさっていらっしゃる方に引き取られていったので、私共としましては心より嬉しく思っております。みなさま、ありがとうございました。

 そもそもコーヒー専門店が作家モノのオリジナルテディベアを企画し販売するというのは、振り返ってみればやや無茶なアイデアだったような気もします。しかし、POYO-BEAR・つちやさんのご協力で素晴らしいベアが生まれ、本格派のベアファンのかたがたに喜んでいただけて、本当にハッピーな体験をしました。

 ちょっと心残りなのは、今回のカフェベアは「これからのアンティーク」というコンセプトに基づき、最高品質の素材を惜しみなく使用したため、高額になり(それでも品質に対して、かなり安いと思いますが)、せっかくカフェベアを好きになってくださったお子さまに、お渡しできなかったことです。本当にごめんなさい。

Cafebear09_2  カフェベアの今後はまったくの未定ですが、なにか新しい企画が進みましたら、この日記でお知らせいたします。

 写真は、おうちが決まったアフォガート(上)とカプチーノ(下)。

2008年12月23日 (火)

ミイラがゾンビ

 おかげさまで忙しくしております。昨日は定休日でしたが、午前中ちょっとした用事を済ませ、その後仕入れを兼ねて家内と宇都宮へ。せっかく来たので、アニエス・ベーで家内にクリスマス・プレゼントを購入。

 最近は宇都宮での用件が多く、たいていお気に入りの自然食ブッフェで食事を取るのですが、本日は時間がなくなりトンボ返りすることに。遅い昼食は、コンビニめしを車中で詰め込むことになりました。

 帰宅後、さすがにここ連日の疲れが出てダウン。これはもう絶対ヤバイということで、娘を学校まで迎えにいったあと、先週に続き家族で温泉へ。温泉では冬至の柚子湯にじっくりつかり、乾いたミイラから半ナマのゾンビぐらいに復活。柚子湯かぁ・・・。ここのところちょっと気持ちに余裕が無かったな。反省、というか人間に戻った気分。温泉天国、那須地区に住んでいて良かったと、しみじみ思う瞬間。

 休み明けの今日はちょっと納品ものの受注が多めにあるので、早起きして仕事。

 年末はイレギュラーな用事が立て込み、うかうかしていると、なにをどこまでやったかわからなくなったりします。いまだに首がボキボキまぶたがピクピクするものの、好きな仕事ですからね、気持ちは勝手に盛り上がっていたりします。大晦日までもう一息。はりきって行こう!それでは。

2008年12月19日 (金)

ケニア「ガチャミ農協」

 毎年好評のタンザニア「ブラックバーン農園・AAグレード」が完売しました。なにしろタンザニア最高峰農園の最高グレードの豆ですので、銘柄指定のファンの方も多くいらっしゃいます。ブラックバーンファンの皆さま、新豆の入荷まで少々お待ちください。

 その代わりと言ってはなんですが、同じアフリカ圏のスペシャルティ、ケニア「ガチャミ農協」を販売開始しました。

Kenya  当店では、毎年出来の良いケニアを2~3ヶ月くらいの限定あつかいで販売しています。それぞれ特徴というか良さがあるわけですが、今年の「ガチャミ農協」に関して私の感想を言えば、「とてもスムース」といった印象です。ケニア独特の赤ワインのような花のような香りは少なめで、その代わりコクが濃厚。

 個性が強すぎるケニアはとっつきにくいとお感じのお客様に、ぜひお試しいただきたく存じます。ケニアのスペシャルティもまた素晴らしいと、ご理解いただけるものと考えております。

 それにしても「ガチャミ農協」。・・・・・「久本ガチャミ」・・・・・、ああっ、言いたい!でも絶対はずすだろうなぁ・・・・・。

2008年12月15日 (月)

いよいよ年の瀬・・・か

 本日は定休日ですが、床のワックスかけとエアコンのメインテナンスのため業者さんが来るので、私たちも大掃除をすることにしました。

Santa081215  午前中にワックスかけが終了。さすがにプロの仕事は違うなぁと、見るたび思いますね。現在エアコンの管理業者さんが作業中。

 私たちは、とりあえず窓拭きを終えて、お客様や関係各位への年賀状などを最終チェック。

 それと当社ディスプレイ事業部長の家内が、ちょこちょこクリスマスの飾りつけ。今月はじめから暇を見つけては、ディスプレイしています。クリスマスの飾りについては、いつもどおりいろいろ凝っているのですが、年々シンプルな印象になってきています。お客様が「あれっ!」っと気づいてくだされば面白いかな、と。

 さて、仕事がまだまだ終わらない。もうひとふんばりです。今夜は、お客様にご紹介いただいた、夕食ブッフェ&温泉入浴パックに申し込んでおきました。去年も参加しましたが、これが最高。家族三人の忘年会ってところです。それでは、また。

2008年12月12日 (金)

ありがとうございました

 お客様のS様より、「これ、よかったら使ってください」とお帰り際にいただきました。

Tenugui  「えーっ!」。実は、こちらは私の「WANTED」していたもの。以前、小さい写真記事でみかけて、メーカーのアタリまでつけていたのに見つけられなかった品が、目の前に現れて本当にビックリしましたー。S様、どうもありがとうございました。さっそく、この手ぬぐいに合う額を手配しました。舞い上がっております(笑)。

 年が明けたら、お店に飾りたいです。

(家内・記)

2008年12月10日 (水)

東ティモール・PWJ&レテホホ

 お知らせが遅れましたが、東ティモールの新豆が入荷し好評販売中です。去年は収穫量が少なく早々に完売してしまい、ファンの皆様にはご迷惑をおかけしました。

Photo  東ティモールのコーヒー豆は、彼の国の戦乱がおさまり、復興の象徴・国民の希望として栽培されたものです(東ティモールの国旗の図案はコーヒーの花。参考文献「学研・国旗の本」)。その収穫された豆が日本に入ってきた時期と、私がコーヒー屋デビューした時期がほぼ同じなので、この豆にはちょっと思い入れがあります。

 当店であつかっている東ティモール産のコーヒー豆は、NGO法人「ピースウインドジャパン(PWJ)」と当LCFが監修した「フェアトレード商品」です。フェアトレードの概念を簡単に言えば、生産者に対し商品に見合った充分な報酬を支払うことによって、勤労意欲の向上、ひいては生産力や品質の向上をめざし、それにより生産者の生活を安定させるという取り引きシステムのこと。生産者の生活が安定すれば、さらに品質も向上します。この「循環しながら経済的に上昇していく」という、たいへん理想的な構造が特徴。とくにコーヒー市場では、消費国側に有利な条件が設定され生産国がそれに甘んじざるを得ない、という負の側面がありますから、フェアトレードはなおさら有意義といえましょう。

 しかしながら、昨今よく聞くフェアトレード関連の話には、「援助」というニュアンスを強調するあまり、貧しい生産国を富める消費国の搾取から守る、といった極端に善悪を分けた二元論的な表現が目立つように感じます。私は、このような物言いは少し本筋と違うと思っています。

 フェアトレードといえども商取り引きですから、まず前提として対価に見合った商品価値がなければなりません。「品質はイマイチだけど、貧しい国はかわいそうだから買ってやろう」などの「お情け」の発想では健全な商業とはいえません。富める者が貧しい者を応援する姿勢がベースになるとはいえ、人は満足の無い品物にお金を払い続けたりしないものです。継続しなければ意味が無いのです。

 まずはじめに力を持たない生産者が、いかに優れた商品を作るか。それをいかに流通に乗せ世に知らしめるか。おそらくそこがフェアトレードの一番難しいところだと思いますし、監修者が必要なところなのだと思います。フェアトレードを援助と呼ぶのであれば、その監修こそが援助なのでしょう。「お情け」とか「手かげん」とは基本的に次元が違います。

 つまり、俺が買わなきゃ困るんだろうと言って不当に安く買い叩くことも、援助の名目で価値以上の代金を支払うことも、商業としてみれば不自然ということになります。「フェア=公正」と名づける以上、商品価値と対価は釣り合っていなければなりません。

 例によって長くなりました(笑)。当店取り扱いの「東ティモール・PWJ&レテホホ」は、緑も鮮やかなツヤツヤの生豆。生産者や関係者の努力が伝わってくる端正なコーヒーです。マイルドでさわやかな味わいも素晴らしい、「価値ある商品」です。この機会に、どうぞお試しください。

2008年12月 2日 (火)

カレンダー配布開始です

 毎年ご好評をいただいております、Hakoyaカレンダー・2009年版が届きました。配布開始は12月3日(水)を予定しております。

Calender2009_2  12月3日といえば、娘の誕生日であり、当店の開業5周年記念日でもあります。とくに記念日を意識したわけではありませんが、今年のカレンダー配布はひときわ感慨深いものがあります。

 デザインは、開店第一号からディレクションを担当していただいている、SMILEFACE STUDIO。お得意様にはおなじみですね。いつもどおり素晴らしいできばえ。

 それにしても、コーヒー屋を始めてもうまる5年ですか・・・・・。思い起こせば、いろいろありました。開業時なんか、某カフェの店員に「一目見てダメだとわかる店」とかブログに書かれましたっけ(実話ですよ・笑)。そのときは腹が立ちましたが、その人間がビッグになった噂も聞きませんしね。いまではどうでもよくなりました。むしろ彼に今、会いたいくらいです。

 この話の教訓は、「ひとの評価なんて、気にしてもはじまらない」ということですね。たいしたことないヤツほど、たいしたことを言うものです。自分の信じたことをやっていれば、けっきょくOKなのではないでしょうか。

 話がそれました。なにはともあれ、今年も無事カレンダーを発行することできてよかった。これも、良いお客様に恵まれているおかげだと感謝の念でいっぱいです。今後とも精進しますので、どうぞよろしくお願いします。

 PS・・・カレンダー配布の詳細、および年末年始の営業スケジュールは「HAKOYA TIMES」に掲載しました。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31