« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

やれやれ

 当店の何が見たいのか、カフェ開業希望あるいは開業予定の人が、たまにやってきます。礼儀正しいかたには、私もきちんと対応しますが、中にはヘンなヤツが混じっていて、これが困ります。今日来たのはけっこう笑わせてくれました。

 入ってくるなりケーキを持って帰らせろと言う。当店はスィーツのテイクアウトをしていないと断っても、持ち帰ると言って聞かない。訳をたずねると、カフェを開業するから近所の店のレベルをチェック(!)しているということらしい。で、その人、仕方なくカフェでケーキを注文し、トイレのペーパータオルで包んで持ち帰りましたとさ。冗談みたいなホントの話。

 目つきや振る舞いもなんだか真剣で怖いぞ(笑)。なんでそんなにケンカ腰?「自分はケーキ作りには自信がある。ケーキ教室に通っていたから!」とか、ドスを効かされてもなぁ(笑)。力むあまり鼻血でも噴き出さないかと心配です。ケーキの試食に来たんでしょ?そんなにムキになりなさんな。店内で食べてきゃいいじゃないですか。

 ま、5年もコーヒー屋をやっているので、おかげ様でこのような手合いにも慣れてきました。慣れてはきましたが、自分だけやけに本気なシロウトさんは、相手をしているこっちが恥ずかしくていたたまれなくなります。本人は悲痛なほど大本気。でも、どう見てもギャグ。

 そんなに実力のある人間なら、たとえば、無理矢理ケーキを持ち帰らなくても、味を覚えられるんじゃないでしょうかね。また、実力のある人は、マナーをわきまえているものです。

 どこの誰かは知りませんが、おたくカフェを始めるんでしょう?だったらルールぐらい守りましょうや、お互い。

2009年4月29日 (水)

アイスコーヒーと

 アイスコーヒーを飲むにはピッタリの陽気になりましたね。

 先日ふらっと入ったお店で見つけた赤い鳥籠。目立たないところに破損があり、もうずっと売れ残っているものだから・・・・8割引 でどうですか?とのこと。「えー、いいんですか?もちろん買います」と譲っていただきました。

Coffee090429  やったー!、実家のサイドボードにある、上海で購入したというお人形と絶対合うぞーと、1日レンタルしてもらいました。あとは月餅があればバッチリ・・・と思っていたら、帰りがけに「いただきものおすそ分けだけど」と、母が持たせてくれたお菓子は、なんと月餅!!。こんな偶然、本当にあるものなのですね、びっくりしました。

 あー、写真に収めることができてよかったですー。

(家内・記)

2009年4月28日 (火)

スタイリング

 きょうは、ブラジル・ダテラでデミタスコーヒーを淹れました。新しいフランス製のデミタスカップが初登場。

 この器に合わせたかった小物とパチリ。小物は、コレクションしている私物。普段は、お店の備品カゴに収めてあり、時々収納を入れ替えながら「今度はこれと合わせたいなー」と考えるのが大好きです。

Coffee090428_2  もっとスタイリング(?)の腕を磨いて、次なるステップを踏みたいです。

 いいものをたくさん見て勉強しなくてはっ!がんばりますっ。 

(家内・記)

2009年4月25日 (土)

しっとり、まったり。

 今日のようなしっとりと降る雨は、気持ちがとっても落ち着きます。

 そして「エラフィッツジェラルド」の曲がとても聴きたくなります。彼女の声は、しっとり雨によく合いますね。

Coffee090425  さらに、主人にロイヤルミルクティをいれてもらったら、最高のRainyDayでございますー。

(家内・記)

 

2009年4月24日 (金)

もうすぐゴールデンウィーク

 新学期が始まったと思ったら、もうすぐGWですね。

 お庭の木々たちが一斉に芽吹いてきました。この柔らかい緑はナントもいえない、まさに「萌えー」(笑)。同時に、数年前、コーヒー屋さんになるべく旧店舗の膨大な整理業務をGWに行ったことを思い出し、胸がキューンとなるのです・・・・。

Coffee090424  さて、GWにむけてお菓子や雑貨なども仕入れました。来週ぐらいから順次入荷し、店頭に並びます。どうぞご期待ください。 

 そうそう、入り口テラコッタの段差を改善するため、スロープに変えることにしました。工事がGW明けになりますので、しばらくご不便をおかけいたします。 どうぞよろしくお願いします。

 写真のティーフォートゥーは、60年代・英国製。ここらでちょっとお茶休み。

(家内・記)

2009年4月22日 (水)

コロンビア・オズワルド農園・有機豆

 ご紹介が遅くなりましたが、先日より「コロンビア・オズワルド農園・有機豆」が新豆に切り替わりました。コロンビアを代表する名門オズワルド農園の有機豆は、当店が開業した頃から販売していますから、足掛け6年になりますか。

Oswald2  もともと素晴らしい豆でしたが、有機栽培の技術が進歩しているのか、年を追うごとにどんどん良くなっている印象です。なにしろオーガニックやエコロジーの認証を4つも受けている意識が高い農園です。そのぶんコーヒー栽培や精製に関し、制約が多いであろうことは想像にかたくありません。

 コーヒーは嗜好品であるため、たとえ人体に安全であったり地球に優しかったりしても、おいしくなければその豆は、一般のお客様に支持されにくいと思われます。そしてまた皮肉なことに、化学肥料や農薬を使わず栽培された豆は、生育状況がいまひとつだったり盛大に虫に食われていたりするケースも多いのであります。

 考え方は様々でしょうが、上記の理由などにより、少なくとも私は「有機かどうか」が「香味の良さ」に優先するとは説明しづらい、ですね。

 そのなかで、このオズワルド農園、それからエチオピアのミスティバレーは、胸を張って「素晴らしい香味で、なおかつ有機豆なんです」とお客様に薦められます。コーヒー屋として、これを幸せと言わずして何と言いましょう。

Oswald3  コロンビア・オズワルド農園・有機豆・08-09クロップ、好評販売中です。ぜひお試しあれ。

(写真は、オズワルド農園の作業風景)。

2009年4月16日 (木)

近況

 明日17日(金)は臨時休業いたします。ご迷惑をおかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願いします。

 さて、近況です。「コロンビア・オズワルド農園・ブルボン・有機」が、新豆に切り替わりました。当店のお得意様にはお馴染の、濃厚なコクが嬉しい優れた豆。それとこれもお馴染み、「タンザニア・ブラックバーン農園」の「AAクラス・新豆」も、もうすぐ入荷します。詳細は近日中にアップします。

 おかげさまで、なんだかんだと忙しくしています。当店が開業した5年余り前と現在では、コーヒーを取り巻く環境も、商売を取り巻く環境も、大きく変わりました。その時代の流れの中でも、私たち自身のポリシーはなにも変わるところはありません。とはいえ、新しいシャツに着替える時期が来たとは思っています。しばらくは「自分達がワクワクできる新展開」をさしあたってのテーマに進んで行きたいところ。

 そのような次第で、ここのところ所用に手をとられ、ブログの更新も家内にまかせっきり。身内が言うのもなんですが、なかなか味があっていいですよね。コーヒー関係の情報は、今後も私が責任を持って記載します。

 趣味や生活の話題は意図的にトーンダウンします。たまに濃すぎる反響があって、困るので(笑)。

 そんな感じのこのごろです。それでは、また。

2009年4月14日 (火)

本日のコーヒー

 先週は晴天が続きお花見日和でした。

 何年も一緒にお花見をしていなかったなぁ・・・と実家の母親を夜桜に誘いました。普段からお互い忙しくてゆっくり会話することがなかったので、いい時間がとれました。

Coffee090414  今朝は、もうすぐ販売が終わる「ケニア・ガチャミ農協」を淹れました。

 あとくちに焼き芋を思わせるほっこり感が残る美味しいお豆。合わせるお菓子は、いただきもののユーハイム・フランクフルタークランツ。こちらのお菓子は、小さいころからお馴染みで今でも変わらないお味。母との思い出のお菓子でもあります、懐かしいなー。ごちそうさまでした。

(家内・記)

2009年4月 8日 (水)

ベストマッチ

  以前から欲しかったフランス製のカップ&ソーサー。レギュラーサイズとデミタスサイズの2種類を購入しました。

Coffee090408  今朝は、レギュラーサイズのほうのカップでコロンビアを飲みました。カップの釉薬の感じが、コロンビアの厚みあるコクのイメージだったからなのですが、飲んだときのカップの感触がとてもくちびるに馴染んで、ますます美味しさを感じました。

 こういうときが至福ですね。

(家内・記)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31