« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

納涼

 早いもので7月も終わりですね。

 本日は、地元神社の「天王祭」。明日は、河畔公園にて「納涼花火大会」が開かれます。今朝ほど、そのことに気づきました。浴衣も用意するのを忘れておりましたぁ・・・・。

Mizudashicha  せめておうちで、夏を感じるなにかを・・・と思い、「氷出し緑茶」を仕込みました。

 緑茶8gに氷300g、ゆっくりじっくり落ちるのを待ちます。その間、季節の和菓子を調達して気持ちの準備も整えました。

 うーん、極上の1杯。待つことの楽しさも、味わいのうちですね。明日も仕込んじゃお!

(家内・記)

2009年7月28日 (火)

シーマもうじき完売

 もうじき完売となる「ブラジル・シーマ」、イギリス・ミッドセンチェリー時代のカップで味わっておりますー。

 器のアイスブルー色とイングリッシュローズの杏色、大好きな色の組み合わせ。

Flower090728  このところ続いている雨は、なんとも気が滅入りますね・・・。気圧の変化に比例するように、ムクッと起きだす偏頭痛。「女心と気圧前線」なんてぜんぜん乙女チックじゃないわ・・・(笑)。

 こんなときゆっくりコーヒーが飲めると、助かります。ホッ・・・。

 皆様もお体、どうぞご自愛ください。

(家内・記)

2009年7月22日 (水)

ミスティバレーもうじき完売

 エチオピアの「ミスティバレー」が完売間近です。そうですね、今月いっぱいといったところでしょうか。エチオピアコーヒー(いわゆるモカ)の中でも、他に比肩しうるものがないほどの名品でした(関連記事1関連記事2)。

Ethiopia_mistyvalley_2  「ミスティバレー」とは、エチオピアの重要産地・イルガチェフェにある「イディド精製所」にて、ナチュラル製法で作られた豆の商品名。香味のために意図的にナチュラル製法を採用したという、高い志に溢れたコーヒーです。

 エチオピアにおいては、設備の未発達により、コーヒーの精製に水を使わない(使えない)ナチュラル製法の豆も多いのですが、ミスティバレーは、あえてナチュラルで仕上げ、JASの有機認定まで受けているという逸品中の逸品。

 しかしエチオピア国内の政治的な判断で、生産から販売へのシステムが変わり、今後「イディド精製所・ミスティバレー」といった単位での買い付けが出来なくなりました。分かりやすく言えば、精製所ごとの出荷・販売から、もっと大きく地域を区分し、いくつかの精製所の豆を混ぜちゃって売るという、悪い意味での合理化が実施されたわけです。

 スペシャルティだトレサビリティだといった、コーヒー豆の品質向上を目指す世界的な流れに逆行する、どうにも困った方針なのですが、まぁ仕方ありません。きっとイディド精製所の人は、やる気をなくすでしょうね。

 そしてモカに関して、さらに困ったことがおきています。去年からいくつかのエチオピア産のコーヒー豆から基準値を超えた農薬が検出され、面倒を嫌う商社がエチオピアの豆を輸入しなくなり、現在国内にモカがない状況です。ミスティバレーはおろか、どんなモカも飲むことすらできない!ということですね。

 したがって当店では、良質のモカが日本国内に入ってくるまで、販売を見合わせます。このような事態を見るにつけ、コーヒー業界が円熟期を迎えるには、まだまだ長い時間がかかると思わざるを得ないこのごろです。それでも努力は続けなければなりません。

 以上、お知らせでした。

2009年7月18日 (土)

コスタリカ「ラ・ピラ農園」

 たいへんお待たせいたしましたが、ようやくコスタリカ「ラ・ピラ農園」の新豆が入荷し、販売を開始しました。ラ・ピラとの付き合いもかれこれ3年間になります。

Costarica5  もともとコスタリカのコーヒーには好感を持っていました(関連記事)。とくにブティックコーヒーと呼ばれる、意欲的な小農家がていねいに作った豆は、スペシャルティと呼ぶにふさわしい充実した香味を持っています。

 何年か前に、SCAJ(日本スペシャルティ・コーヒー協会)の展示会でコスタリカの方とお話しする機会があり、担当の皆さんの熱心な姿勢が印象的でした。真面目ながら、ちょっと陽気で適当な感じもお国柄がうかがえて、好ましく思いました。お土産までいっぱいいただいちゃって・・・・・。って、モノに釣られたわけではありませんが(笑)、マイルドなコーヒーをおさがしのお客様に、積極的におすすめしたりしているわけです。

 当店がコスタリカをあつかい始めた5年前には、輸送経路のどこかで傷んでしまった豆が届いて返品したり、アクシデントもありました。しかし今では、ピッカピカの素晴らしい豆が届きます。品質も運搬も、年を追うごとにどんどん良くなっているといっていいでしょう。今年のラ・ピラ農園の出来栄えも上々。店頭およびWEBショップにて販売開始。ぜひお試しください。

2009年7月16日 (木)

遊び

 ここ一月ぐらい、店だプライベートだと定休日にまで仕事や用足しを入れていたら、喉を腫らしました。子供のころから扁桃腺が腫れやすく、疲れると声が出なくなります。私の場合、熱は出ないため無理してしまいがちなのですが、体からの危険信号に従って休むべきなんでしょうね。

 とか考えていたら、「珈琲香坊」長谷川さんご夫妻がご来店になりました。福島県矢祭でご活躍の、私の先輩にあたる方です。いつもエネルギッシュな姿勢は、おせじ抜きですごいなぁと感心しているのですが、ご夫妻は「よく働き、そして思い切って休むこと」を実践されています。見習うべきことです。久しぶりにじっくり、お話させていただき、楽しくまたリフレッシュできる時間を持てました。お土産までいただき、ありがとうございます。

 さて休みといえば、そろそろ娘が夏休み。私たちは土曜日・日曜日に働いているため、定休日である月曜日に学校が休みのときは、もうなにがなんでも一緒に過ごすべく予定を立てます。そしたら英会話教室の夏期講習が、すべて月曜だというじゃありませんか。おお、神よっ!なぜに苦難を与えたもうか?

 学習は大切だからなぁと、家内と二人で考えて、でも3秒後に夏期講習は休むことに決めました。べつにいいさ。いつまで空が晴れているかなんて、誰にもわからないんだから。

 ま、そんな近況です。それでは。

2009年7月15日 (水)

梅雨明け

 2週にわたる学校と学童の奉仕作業を終え、ホッとしたのも束の間、来週はもう夏休みに入ります。

Cooking090715_2 タイヘンだー、自分のお店も、除草・プチ剪定・寄せ植え直し・害虫予防を大慌てで終わらせました。

 さらにお店のエアコン洗浄と、浄水器カートリッジ交換に業者さんに入ってもらいました。

 それと、えーっと、通販用包材をちょこっと替えました。店内什器用の家具をひとつ購入しました。 

 無事つかえていたものが取れたので、まかないコーヒーもサイコーざます(笑)。

Konbu_3  さて、話は変わって。お客様Yさまから、おいしい昆布をいただきました。

 いつも素敵なお着物をお召しのYさま。センス抜群のお着物合わせは、たいへんべんきょうになります。

 どうもありがとうございました。

(家内・記) 

2009年7月 9日 (木)

パナマ・コトワ農園

  久しぶりの更新になってしまいました・・・。

 梅雨が終わらない今頃は、頭では美しい花壇のはず、なのですが、お庭の雑草とりやバラの病気等作業の手が追いつけず「・・・・・」というパターンを毎年(笑)踏んでおります。今までは、出来ない自分に負い目を感じたのですが、今はもう開き直り(笑)。お客様から見て失礼ない状態だけは、なんとかキープ!して、「美しい花壇」は、いつかきっと’(妄想)・・・。こんな状態ですが、植物観察だけは続けて晩年につなげたい~。

Panama  なにかコーヒーを淹れようと思うとき、知らぬ間に手が伸びる「パナマ・コトワ農園」。飲んだときのあとくちが香ばしいトーストを思わせ、ぐいぐい・・・・とすぐ飲み終わってしまいます。シティローストの醍醐味といったところでしょうか。おすすめです。

 パナマとバハマ人形とパチリ。

(家内・記)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31