« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月27日 (木)

たまには迷子

 定休日、家内と娘がフラワーアレンジメント教室に参加するというので、宇都宮へ。開催場所の花屋さんは、昔からの住宅地にあるとのこと。うちの愛車にはカーナビがついていないので、こりゃ道に迷うかもと思っていたら、まんまと迷いました。もっとも、ナビがあってもありゃ迷うな。

 で、その住宅地の中をグルグル回ったわけです。そうしたら、建物にはさまれて、ちょっと気どったカフェがあったり、思いがけないところにフレンチレストランがあったりします。さらに、一見普通の家のようなお寿司屋さんや、絶対普通の家のはずなのに、「餃子のテイクアウト」と看板がかけてあるのなんかもみつけ、とても興味をそそられました。なにかこう、個人のお店がその町の生活に溶け込んでいる、ちょっと不思議で、いい雰囲気でした。

 時間がなかったのでどこにも立ち寄れませんでしたが、一軒だけ、ちいさな駄菓子屋さんを見つけ、娘が買い物をしました。このお店も、カップルがよっちゃんイカを買うような今風の「ネオ駄菓子屋」ではなく、放課後の子供達の社交場といえる本物の駄菓子屋さん。なにしろもんじゃ焼きの鉄板まであるんですから。もちろん、おばちゃんがいましたよ。何十年も前からおばちゃんで、これから何十年先もおばちゃんであろう、「駄菓子屋のおばちゃん」が。いっそすがすがしいほど、なにからなにまで本格派。私の住む黒磯あたりは片田舎のはずなのに、こんな駄菓子屋さんはなくなってしまいました。

 城下町の小高い丘にあるような、時代がかった住宅街は、意外なワンダーランド。道に迷ってよかったな。今度は、あえて迷子になりに行ってみよう。

2009年8月23日 (日)

地味でいいんです

 先日、東京の有名コーヒー店のスタッフの方がいらっしゃいました。もともと面識はあったのですが、じっくり会話するのは初めてで、とても楽しくまた有意義でした。

 主なテーマは「焙煎について」。といっても、豆の声を聞くだの魔法の感性だの正気を疑うようなオカルト話ではありません。「いかに効率よく豆に熱を通すか」「適正なカロリーと時間は」などの方法論や、焙煎釜など機材の構造や使いこなしの話題になります。

 いつも思うのですが、コーヒーに限らず良い仕事をしている人の言うことは、きわめてシンプルです。大切なのは、理想を達成するための物理的な本質であって、演出ではないということ。

 たとえば、「焙煎中は釜の熱で、汗だらだら」とか「焙煎中は部屋に煙が充満して、眼にしみる」とか、焙煎はたいそう凄いものだともったいつける人がいたとします。・・・・・でもね、冷房をつけて煙突の掃除をすればいいだけの話でしょ。そのほうがいいコンディションで豆が焼けるに決まっています。苦労話で付加価値をつけるつもりが、マイナスの情報を流していることになりますね。次は滝にでも打たれて悟りを開くか?

 くりかえすようですが、良い仕事をする人は、日々黙々と仕事をしているものです。

 派手な演出やむせ返るようなウンチクも時に有効だとは思いますが、私はまず商品や店をこつこつ磨き上げることに力を注ぎたい。地味な作業に見えても、それがお客様のためだと考えています。

 冒頭の名店スタッフの方との会話でも、そんなプロの基本を再認識した。そんな話でした。

2009年8月18日 (火)

ありがとうございました。

 おかげさまでお盆期間、忙しくさせていただきました。ありがとうございました。

090818gift  S様ご夫妻、BLOOMさん、親戚の皆さん、弟夫婦、母からお土産をいただきました。フランスやイギリス、国内各地・・・・いいですねぇー、お品物を見ながら、私たちも旅行に行った気分にさせていただいております(笑)。しあわせ。

 この場をお借りしてどうもありがとうございました、ごちそうさまでした

(家内・記)

2009年8月15日 (土)

お盆

 お盆に入り、ようやく晴天が続きホッとしています。でも、風はちょっとだけ秋の気配かな。 

 地震や水害、新型インフルエンザの報道も心配です。早く普段の生活に戻れることを願ってやみません。 

Coffee090814  今朝、ママ友Kさんから焼きたて五穀パンの差し入れをいただきました~。

 湯気が立っていい香り~。焼かずに何もつけずにムシャムシャいただくシアワセ!ブラジル・ダテラと味わいました。 

 どうもありがとうございました。

 (家内・記)

2009年8月13日 (木)

近況

 お盆に入りました。天気も持ち直したせいか、観光客の方がずいぶんいらっしゃいます。ただ今、午後3時半。ぽっかり時間が空いたので、日記を書きましょうかね。

 当店お気に入り日記でもおなじみ、イギリス在住のアンティークディーラーBloomさんが帰国されました。私たち好みのスージークーパーを何点か買い付けてくださったとのこと。フルーツ柄のカップ&ソーサー・6客コンプリートと、デミタスカップ&ソーサー・2客。うーん、素晴らしい!ついでに何点か英国製の陶器を譲っていただき、大満足でありました。

 あ、お客さんだ。中断します。

 さて次の話題。去る日曜日にコーヒー関係のムック本の取材を受けました。今回は、当店開業から5年8ヶ月、ここまでの苦労話や逆に楽しかった出来事など、まあそのHakoyaの歴史ですか(笑)、を話すというテーマでした。通常、取材というとコーヒー作りや店作りへのこだわりとかの話題が多く、それももちろん楽しいのですが、経営面を話すのも新鮮な感じがします。いろいろありましたからねぇ・・・(笑)。そういえば、先日取材を受けたカフェのムック本も、もうすぐ発売のはず。楽しみです。

 ・・・・・また中断して戻ってきました。次の話題。会社の決算で、現在仕事の合間を縫って集計作業中。最終的には税理士さんにまとめてもらいますが、ある程度は自分でやらないとね。おかげさまで、お客様のご愛顧をいただき、いい感じで年度を越えられそうです。この5年、亀の歩みのようではありますが、なんとか右肩上がりでやってこられました。イチかバチかで濡れ手に粟の商売より、こんなのんびりペースが自分達らしいと、つくづく思うこのごろ。

 それでは、また。

2009年8月 5日 (水)

近況

 長雨が続いたり、いきなり猛暑になったり、生活のペースをつかみにくいこのごろ、なんだかんだと用事に追われています。まぁ、商人としてはありがたいことであります。 

 先週末、たくさんのご来店をいただき、ありがとうございます。遠方からのお客様や、初めて来店されるお客様も多く、なんとなく世間が夏休みムードに入ったことを実感します。

 また、ギフトのご用命も先々週・先週あたりが最盛期で、ラッピング部長の家内をメインに、はりきって作らせていただきました。当店のギフトは決まったタイプをあえて設定せず、内容・飾りつけともお客様のご希望に合わせた、いわば一点モノなので、お喜びいただければこれ以上の幸せはありません。

 おとといの定休日には、健康診断へ。私共のような社会保険加入の事業主は、去年から市町村が行っている健診を受けられなくなりました。指定の病院に自分で予約して一人6,700円なりの料金を支払い、検査を受けてきた次第。けっこうな保険料を納めているんだから、このぐらいおごってほしいなぁ、とか思いました(笑)。

 検査の後、昼食をとりに那須の「ふる里」さんへ。昔ながらのおそば屋さんといったのんびりした風情で、なんとも和みます。この時期は「ざるとろそば」か「冷やしたぬき」が、個人的には食べたくなります。しかし混んでたなぁ。

 今日は開店前に、家内と娘と3人でお盆前のお墓掃除。とんでもない暑さでくらくらしましたが、気分は晴れやか。それにしても、もう8月ですもんね。一年が過ぎるのは早い。歳をとったせいかしらん。

 ま、そんな感じですかね。それでは、また。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31