« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

中米の旅・A面・エルサルバドル

 いよいよこのたびも三か国め。エルサルバドルに到着。

Salvacarmen3_2  空港からいったんホテルに寄り荷物を置き、車でグングン高地を目指し「エル・カルメン農園」に向かいます。

 「エル・カルメン」は、この国では大きなプランテーションになります。まずは精製所を見学。近代的に整備され、清潔感が溢れています。パティオ(中庭)でパーチメントを干していました。作業しているおじさんがまたいい味出していて絵になるんだ、これが。 

 下の写真、左はその絵になるおじさん。中央の写真は、「出発だーっ、おー!」とバンザイしている麻袋(ウソ)。右の写真は、「イラマテペク火山」。農園はこのてっぺんのほうにあるというのですから、腰が抜けます。

Salvacarmen4  Salvacarmen2  Salvacarmen1_2

 畑に向かう車の座席が足りない、誰かトラックの荷台に乗ってくれというので、面白そうだと思い私と他二名のならず者が乗り込みました。 が、これがとにかくたいへんなことに。そもそもでかい石だらけで曲がりくねった悪路なうえに、乾期のためもうもうと立ちのぼる黄色い土ぼこりが容赦なく降りかかります。どっかんどっかん突き上げる荷台の上を転げ、全身から口の中まで土で黄色くなっておよそ一時間、どうにかコーヒーが栽培されている場所にたどり着きました。なにごとも経験と言いますが、ものには限度があります。

Salvacarmen9  そこから、今度は関係者全員が大型トラックの荷台に乗り込み、さらに標高の高いエリアに向かいます。ちなみに今度は人が歩くほどの速度だったので、まあまあ快適です。

 ・・・・・でもないか。

 しかしやはりそこで見た光景はすばらしかった。写真はイイダコの卵みたいにたわわに実ったコーヒーチェリー。まさに天国ですね。

 コーヒーの実を摘む人たち(ピッカーと呼ぶ)が大勢働いていて、収穫の真っ最中でした。地元の人たちのパートタイムジョブだそうですが、山のふもとからトラックの荷台に乗って、あの思いをしてここまで来るんでしょう?仕事とはいえ、感動を禁じえません。

 コーヒー豆によりいっそうの愛着が湧き、またおろそかにあつかってはいけないと、あらためて心に誓いました。どこに行ってもなにを見ても感動でいっぱいの旅でしたが、最後にまたひときわ胸を打つ場面が待っていました。私は幸せです。

 左の写真はピッカーたちの働く様子。重労働だと思いますが、休憩時間にはトルティーヤを焼いて食べたりしていて、なんかいい感じ。中央の写真は収穫したチェリーの計量。右の写真はカツーラのパーチメントと、大型の品種マラゴジッペのパーチメント。

Salvacarmen5  Salvacarmen6  Salvacarmen7  

 さて、長らくお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

 今回の中米の旅は、私のコーヒー屋としての人生観を変えるような出来事でした。ご協力いただいたLCF関係者各位、現地関係者のみなさん、見学先のみなさま、ありがとうございました。今後いっそう良いコーヒーを作ってまいります。

 そして、こころよく私を旅に送り出し、留守を守ってくれた家内と娘に、心よりの感謝をささげます。私は幸せだ。

2010年2月26日 (金)

中米の旅・A面・コスタリカ2

 翌日、タラスにある標高1600メートル越えの山の中、「ロス・クレストネス」に向かいました。もう標高せんなんびゃくとか言われてもちっとも驚かなくなってきました。

Costacrestones1_3  「クレストネス」は、親戚縁者的な小農家12件の集合体。規模がちいさい分、ていねいにコーヒーを育てています。今回はそのなかの「アラスカ農園」を見学しました。

 その昔氷河が石を運んできたため、土壌は水はけが良いとのこと。気温も昼間30度・夜12度くらいと温度差が大きく、糖分の生成に有利だそうです。コーヒー作りに適した土地ということですね。

 ちょっとはなれたところに精製所があります。小屋に設置されたかわいらしいパルパーは、チェリーを剥くのに水をほとんど使わないうえに、ミューシレージを削る比率も調整できるという、これでなかなかのハイテク。あなどれません。ちなみにミューシレージとは生豆を包む皮の表面を覆う甘いぬるぬるした部分。最近のコーヒー業界では、これをどのぐらい残して乾燥させるかで味作りの幅が広げようとの試みが注目されています。コスタリカではとくにこれを「ハニーコーヒー」と呼び、ひとつの特徴づけにしています。ハニーコーヒーについては、長くなるのでまたいずれ。

 下の写真中央、なにしていると思います?。答えは、乾燥度の測定。はかりにカップをのせて豆をすりきりいっぱいに入れます。「その状態で何グラムだったら、水分12パーセントに乾燥した」というわけ。合理的なようなアバウトのような、なんとも微笑ましい測量ではあります。

Costacrestones3  Costacrestones4  Costacrestones2

 さて、お次は当店でも熱心なファンがいらっしゃる、「ラ・ピラ」農園。えらい峠を越えていきます。移動中の車中でサンドウィッチを詰め込んでのぞみました。

Costalapira1 ラ・ピラといえば、カツーラのセミウォッシュトと相場は決まっていると思っていたのですが、今年はナチュラル精製タイプを初めて輸出するそう。で、そのナチュラルも飲ませてもらいました。これはこれで、かなりうまい。LCF内で話がまとまれば、これもほしいなーと個人的には思いました。

 農園の特徴をひとことで言うと、「昔ながらの」といった印象です。精製過程もオーソドックス。ただ、そのなかにエコロジカルな手法を取り入れ(例・ヒツジに雑草を食べさせ、除草剤を使わないようにする。チェリーやミューシレージに石灰などを混ぜて、メタンを発生させ燃料にする、など)、時代にそった経営をしています。

 下の写真左はコーヒーの花。今回の視察で初めて咲き誇っているところを見ました。白くて可憐な花です。写真中央、オーナーの息子さんでコーヒー業界では国際的に有名なイケメン。・・・ま、そんな人が作っているコーヒーであると。写真右は、前述のナチュラル精製のためコーヒー豆をチェリーごと乾燥させているところ。

Costalapira2  Costalapira3  Costalapira4

 本日もみっちり見学をして、首都サンホセへ。さすが大都会、街の灯がまぶしい。午後8時半、極上のおもてなしを約束しそうなホテル「マリオット・コートヤード」に到着。で、明日朝4時出発と。ゴージャスな部屋にいられるのは6時間てところでしょうか。なんともぜいたくではあります。

中米の旅・A面・コスタリカ1

 今回の視察の全行程で、ずっとスペイン語から英語への通訳とコーヒー全般の解説をしてくださったのが、コスタリカ「ディベルサ農園」のオーナーでもあります、ゴンザレス(ゴンサロ)・エルナンデス氏。いよいよパナマとの国境を越え、彼の農園へ。

Costadiversa1_2 「ハルディン・バリエデス(品種の園)」と書いてあるとおり、ゴンサロさんの農園「ディベルサ」は、コーヒーの品種の博物館・栽培の広大な実験場であるともいえます。なんでも200種類以上の品種を育てているというから尋常ではありません。彼曰く「世界一」。

 コーヒーの歴史から、精製による香味の違い、品種ごとの特色、こぼれ話まで、コーヒー概論というにはあまりにも詳細かつ多岐に渡ったレクチャーを展開。この充実した講義を聴くだけでもコスタリカに来たかいがあったというものです。

 学んだことを反芻していると一日かかってしまいますので、面白いものを何点か。下の写真左は品種ごとの看板。地元のアーティストが廃材を利用して製作しています。写真中央。極端に大きさが違う3枚の葉っぱ。同じ親なのにこれだけ違って育つ「ムルタ」という品種。理由は不明とのこと。コーヒーはまだまだ解明されていないことだらけです。写真右。我々が一般にコーヒーとして飲用している「アラビカ種(コフィア・アラビカ)」。この小さな木が、そのお母さんというべき貴重な品種「ユージノイレス」。600万年前、アフリカのどこかでカネフォラ種(ロブスタ)と、このユージノイレスが交配して、アラビカ種が生まれたというわけ。グレイトマザーに敬意を表して、帽子を脱いで胸に当て拝謁してまいりました。

Costadiversa2  Costadiversa5  Costadiversa4

 言うまでもなく精製も実験を兼ねたもの。たとえばチェリーを剥く機械は極力水を使わない設計。乾燥機は45度の温風を当て優しく乾かす機械。どこの精製所にもある乾燥ドラムは豆が痛むので使わない。豆の選別機も豆を痛めないよう風を当てて選別するタイプ、などなど。書いていたらきりがない。

 帰り道、ゴンサロさんが「そろそろ霧がおりてくるよ」といったとたん、農園が霧で覆われました。コーヒーの研究家はどこか詩人のようでもあります。

Costadiversa7  Costadiversa3  Costadiversa6

2010年2月25日 (木)

中米の旅・A面・パナマ2

 押しまくるスケジュールを気にしつつ、「カサ・ルイス」に到着。こちらは、「グランレゼルバ」で大好評をいただいた「ベルリナ農園」他、10くらいの農園を経営し、焙煎や販売も行う大きなコーヒー会社になります。

Panamamaria1  写真中央が、代表者のマリア・ルイーズさん。家業のコーヒー園を一代で大企業に成長させた、えらい経営者とのこと。

 なんだか核物質を扱っているような凄い絵ですね。テイスティングの講習中。このラボがまた核施設みたいなんだ。でも、授業は楽しかったです。

 その後、精製所を見学。こちらは大規模ではあるものの、ハイテクというよりは従来の伝統的な精製方法でした。

 次の日、マリアさんの案内で、いよいよ「ベルリナ農園」を見学。あのグランレゼルバを産んだ農地です。ワクワクしましたね。

 天候も快晴。その美しいことといったら夢のよう。下の写真は、グランレゼルバとして指定されている区域。広大な農地が品種などによってきちんと区分けされています。そういえばベルリナの「ティピカ」も好評でした。これからますます期待すべき農園です。

Panamamaria3_2  Panamamaria2_2

 どんどん行きます。

 車でうーんと山奥に入ると、「ハートマン農園」。こちらでは、「カルメン農園」のオーナーさんも加わり、新豆のカッピング。

Panamahartmann1  個人的にはカルメン農園に気に入った豆があったのですが、ここではその話題は置いといて。

 ハートマンはひときわ自然に囲まれ、鳥の歌声も麗しい、こじんまりとした農園ですが、様々な商標のコーヒー袋が飾ってあり、なかなかの眺め。本格派だ。

 ひととおりファクトリーも見学させていただき、次は「カルメン農園」にレッツゴー。時間が押している感じが伝わるでしょうか(笑)?

 カルメンでは、合理的かつエコなコーヒー作りに取り組んでいます。水をほとんど使わないパルピングマシン。その少ない水さえ循環させるシステム。コーヒーのチェリーほか廃棄物を乾かしたものを燃料とするドライヤー、などなど。

Panamacarmen5  左の写真は事務所で見かけた、パナマスペシャルティコーヒー協会からカルメン農園に贈られた「ベスト・オブ・パナマ2007」の表彰状。他にもたくさんあるはずです。

 ハートマン、カルメン、どちらの農園も、特別注文にもきめ細かに対応してくれるとのこと。LCFとしても嬉しいことです。

 さて、パナマ編はこれでひとまず終了。下の写真右は、疲れと雨と寒さでめちゃくちゃな状態の私であります。明日は陸路でコスタリカに入ります。

Panamacarmen2 Panamacarmen1  Panamacarmen3

2010年2月24日 (水)

中米の旅・A面・パナマ1

 アトランタでのトランジットを経て、ほぼまる一日。現地時間午後11時、パナマ・シティのホテルに到着。とにかく仮眠して、翌朝さらに飛行機と車でようやくコーヒーの産地、ボケテ。

 以下、視察のレポートになります。ざっとお知らせすることが目的の記事ですので、現地で学んだ専門的な話や細かい数字などは端折ります。ご了承ください。

Panamakotowa1  まずは、当店でも販売し好評をいただきました「コトワ農園」へ。よく整備された美しい農園です。エコロジーに配慮した画期的な機械を導入するなど、新技術を意欲的に取り入れています。

 写真、オーナーのコイナー氏の背後にある、レゴブロックみたいなカラフルな機械が、水をほとんど使わないパルピングマシン(パルパーとも言う。コーヒーチェリーの実の部分をはがす機械)。水の節約だけではなく、発酵の過程が少ないので二酸化炭素の排出も抑えられるという、まさにエコ。ちなみにパナマの環境省から「もっともエコロジカルな農園」として表彰されています。見学の後、コーヒーの様々なサンプルをカッピング。さすがに良い出来ですね。「コトワ農園」は直営のカフェも各地に展開中。おいしかったです。

Panamakotowa4  Panamakotowa3

 次は、かの有名な「エスメラルダ農園」。

Panamaesme3  標高1600m越え。広大な敷地の美しい農園。今。コーヒー業界で注目の品種「ゲイシャ(発見されたエチオピアの村の名前に由来する。芸者さんのことではない・笑)」の畑を中心に見学させてもらいました。

 ゲイシャは根が弱いため、若木のうちは風除けの網を張って守ります。さらに風除けにあえて雑草や雑木を生やしたままにしておくとのこと。土壌は鶏糞などを撒きミネラル分(PHも?)を調節。背が高く伸びるので、2メートル程度にカットしたり、なにしろ手がかかるようです。赤黒く熟したチェリーを食べてみたところ、充実した甘味。

 その高貴な味わいに比例してたいへん高価なコーヒーですが、近い将来、当店でも扱いたいと考えています。

 写真、農園を案内してくださったオーナーの息子さん、ダニエル・ピーターソン氏。こわもてかと思ったらとても優しい人でした。

Panamaesme4  Panamaesme2

 さて本日は時間がなくなったのでこれくらいで。視察旅行中のこぼれ話は「中米の旅・B面」として、「お気に入り日記」に掲載予定。書いている時間があればですが・・・。期待しないでお待ちください。

2010年2月21日 (日)

ただいまです

 というわけで、パナマ・コスタリカ・エルサルバドルをめぐる視察旅行から、無事帰ってまいりました。あまりの内容の濃さに、スケジュールかつかつ頭くらくらでしたが、コーヒー屋としてこのうえなく充実した旅でした。

Coffee102021  期間中、お客様各位にはご不便をおかけいたしました。学んできたことを仕事にフィードバックし、さらに良いコーヒーを作っていきますのでご容赦ください。

 さて報告のブログを書こうかなと思ったら、朝からたくさんのご来店をいただき、てんてこ舞いです。お客様はありがたいなぁと思います。

 明日は定休日なのでゆっくりさせていただいて、休み明け、あらためて記事をアップすることにします。

 それでは、また。

2010年2月10日 (水)

行ってらっしゃ~い

 明日から20日まで、主人は海外研修に行ってきます。

 初めて参加する農園ツアー、ずっと行きたがっていたので、今回それが叶って本当によかったです。関係者各位さま、どうぞよろしくお願いします。

 告知させていただいてから、卸先さまはじめ、御愛好いただいているお客様からまとめ買いのご注文をたくさんいただいた上、「行ってらっしゃい」のお言葉をかけていただきました。たいへんありがたく思っております。 

 どんな旅になるのでしょう!留守番のわたしも土産話が楽しみです!12・13・14日コーヒー豆の販売のみの営業になります。どうぞよろしくお願いします。15日からは、お店のクリーンネスに入っていただいたり、主人の帰国を待ちながら、趣味のお教室や年度末に入る学校行事の予定です。娘の「友チョコつくり」を手伝ったり、途中になっている「お裁縫」も仕上げなくちゃ。

 ブログもしばらくお休みします。

 農園ツアー、行ってらっしゃ~い。帰国後は、主人にたくさんレポートしてもらいますね、どうぞお楽しみに!

(家内・記)

 

 

2010年2月 4日 (木)

cafe sweets vol.108

 この業界では知らぬもののない情報誌「カフェ・スイーツ」の3月号(108号)、「自家焙煎コーヒー店の新しい風」にHakoyaが掲載されました。

Cafesweets108  今回は特集の切り口が、「基本的に個人で経営する自家焙煎のコーヒー店」ということで、当店も夫婦二人、のんきに好きにやってますといった風情で紹介されています。いずれ劣らぬ名店にまじって載っていると、なんだか恐縮してしまいますが、やはり今後の励みになりますね。それにしても世の中にはいいお店がいっぱいあるんだなー。

 ちなみに今日は、地元のポータルサイトの取材を受けました。ここのところ取材づいてるね、という話がしたいのではありません。カフェスイーツ誌の今回の特集もそうですが、私たちがメディアに取り上げられるということは、おおげさに言えば「仕事をして生きていく」ことへの考え方が、以前と大きく変わってきているのではないかと思えるのです。

 出口のない不況も言うに及ばず、21世紀に入り、私たちを取り巻く環境の変化はキチガイじみています。新しい生活スタイルを模索せざるを得ないというか、・・・・・なんだか難しくなってきたのでもう止めます。とにかくそんな感じ(笑)。

 私たちの生き方が今のところ正解なのかどうか、自分ではわかりませんが、ハッピーなことは確かです。そして楽じゃないことも確かです(笑)。

 というわけで、機会がありましたら、ぜひカフェ・スイーツ誌108号をぜひ御覧ください。それでは、また。

 PS・・・表紙に当店のフードコーディネイトが写っています。どーれだ?

2010年2月 3日 (水)

臨時休業のお知らせ

 2月11日(木)から20日(土)まで、臨時休業いたします。

 ややこしくて恐縮ですが、12日・13日14日、豆の販売のみいたします(カフェはお休み)。

 仕入れの協同組合LCF(リーディング・コーヒー・ファミリー)の有志たちと、パナマ、コスタリカ、エルサルバドルのコーヒー農園を巡ってきます。

 通信販売につきまして、2月10日から22日までのご注文分は、23日(火)・24日(水)に順次発送いたします。ご不便をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

ブラジル・ダテラ農園・スイートイエロー

 ブラジルのスペシャルティ、「ダテラ農園・ブルボンスペシャル」が完売しました。引き続き、同じダテラ農園の、「スイートイエロー」を販売いたします。

 黄色い実がなる品種、イエローブルボンとイエローカツーラをミックスした、これもまた充実した味わいの逸品です。ぜひお試しください。

2010年2月 1日 (月)

冬のメンテナンス

 本日は定休日をつかって、朝から造園屋さんとD社さんにお庭の樹木剪定と、店舗全体のお掃除に入っていただいております。

 いつも同じ方たちが担当してくださり、安心してお任せできるうえ仕上がりもきれいなので、今後のお仕事のモチベーションも上々でございます。業者さん、ありがとうございます~。その間、自分も月1恒例のおうち家事、大型ランドリーの作業。「あらいぐま母さん」気分。大きな洗濯槽でグルグル洗浄、なんかいいんですよねぇ。

Osouji100201  今回の作業で、お庭の芝生がはげてきたのを発見。張り直し時期にきたとのこと。店内では厨房・カウンター内のコンクリート床も追加作業できれいにしていただくことに。こちらは別途見積もりで後日改めて作業に入る予定。またよろしくお願いします。

 コーヒー屋さんといっても、営業していくには、気を配ることがたくさんあるものですね。娘と同じ、子育てをしている感じです。今後どうなるのかな~って育んでいく感じが未だにドキドキ(笑)。でもこれがおかげ様で、幸せだなぁって思います。

(家内・記)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31