« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

近況

 「家庭画報」や「Begin」などの有名情報誌でおなじみ、「世界文化社」さまの展示会イベントに今年もHakoyaのコーヒーを納品させていただきます。かれこれ3回目の起用になりますね。ありがたいことです。

 まずは九州会場用ということで、26日(月)、定休日ですが朝早くから焙煎&ブレンド作り。我ながら会心のコーヒーができましたので、安心してパッケージング。

 家内は午前中、宇都宮でフラワーアレンジメントの講習会を受講。とんぼ返りで帰宅。納品用コーヒー作りに合流。

 作業しながら娘が学校から帰ってくるのを待って、3人で歯の治療に出発。自営業をしていると歯医者さんに通うのもままなりませんが、歯科医をしている弟がよく診てくれて、またスケジュール的に融通が利くので助かっています。

 3人そろって治療を受け、再びとんぼ返りで店に戻ってコーヒーの仕事の続き。午後11時半、荷造り終了。

 次の日は卸先様への納品分があり、またもやスケジュールがかつかつ。ゴールデンウィーク前は、卸売りのご注文が少々混みあいます。そうこうしているうちに郵便局が開いたので展示会分の荷物を持ち込み、時間指定の念を押して無事発送。戻って作業再開。

 なにしろ夫婦二人の店なので、こう見えてなかなかに忙しいこのごろです。来月、再来月と、展示会への納品は続きます。おーっし、いい仕事するぞー。

 さて、明日から連休が始まります。

 ゴールデンウィーク期間中、4月29日(金)から5月5日(水)までの七日間は、コーヒー豆その他商品の販売開始は午前11時から、カフェの営業は正午から、とさせていただきます。

 営業終了時刻は午後6時となります。 以上、よろしくお願いいたします。

2010年4月27日 (火)

ハンギングバスケット

  昨日は、お休みを使って宇都宮へお花のレッスンに行きました。

 ずっと習いたい!と思っていたハンギングバスケットの「5スリット型」。使用花材は、Wインパチェンス・パゴパ・ヒューケラ・ブルーデイジー(斑入り)・ミカニア・ラミューム・エティオネマ。ベテランの先生があらかじめ選んで下さいました。分かりやすくてとっても楽しいレッスンでした。お世話になりました~。  

Flower100427  2週間後くらいにボリュームが出て見ごろを迎える予定です。ちょうどそのころ、「国際バラとガーデニングショウ」が開催になりますね。ハンギングバスケットの素晴らしい作品がたくさん展示されます。先生も出展されるので、要チェック!楽しみです~。

 さてこちらが本業のケーキ製作ですが、G・Wに向けてがんばります。どうぞよろしくお願いします。

(家内・記)

2010年4月20日 (火)

コロンビア「オズワルド農園・ブルボン・有機認証」

 少々お待たせしてしまいました。コロンビア「オズワルド農園」のブルボン、JAS・USDAの有機認証コーヒー豆が入荷し、販売を開始しました。

Oswald1  当店が所属するLCFとオズワルドがパートナーシップを結んだのが、当店が開業したおよそ7年前。そういった意味でも思い入れがあります。当初はオーガニックの宿命と言いますか、農薬も化学肥料も使わないために発生する欠点豆の多さにてこずりました。しかし現地でのチェック体制を強化してもらい、今では味が良いだけでなく、生豆の外観も粒ぞろいになっています。パートナーシップを結んだかいがあるというものです。

 毎年同じようなことを書いて恐縮ですが、オズワルドは主要な有機認証だけでなく、エコロジー農業関係でもいくつかの認証を受けています。先日中米を回って感じたことですが、現在、世界各国の心ある生産者は、エコロジー農業に積極的に取り組んでいて、その先駆であるオズワルド農園とパートナーシップを築いているのは、当店もLCFメンバーとして誇らしく思っています。

 とここまで書いておいてなんですが、オズワルド農園のコーヒー。私としては、有機農法も尊敬すべきことながら、まずなによりおいしいコーヒーであることが最大の魅力だと考えています。

 というわけで、お待たせしました。毎年好評のコロンビア・オズワルド農園・ブルボン・有機認証。リッチな香味で好評販売中。

2010年4月17日 (土)

未来の食卓

 映画のタイトルにひかれて、娘、主人と三人で「未来の食卓」を観に行ってきました。

 フランスの風光明媚な村「バルジャック」。村長さんがマニフェストに掲げたのは「学校給食と高齢者の宅配食事をビオ(有機食材)に替える」こと。バルジャック村のビオへの取り組みの様子に、ユニセフ・パリで開かれた食糧会議「残留農薬における環境破壊や健康被害のレポート」をはさみながら進んでいきます。最後は課題を残しながらも、村民の意識が高まり、明るい未来を予想されるところでジ・エンド。

 フランスは、食料自給率が120%と高い分、農業従事者が多く、「農薬問題」は日本よりも深刻なんだぁと感じました(農業に従事していない私は、農薬のことをうんぬん言える立場ではないのでコメントは控えます)。それから、フランス国内でも「ビオ」は値段も高いので、購買を伸ばす取り組みも必須と語っていて、日本と同じなのだな、と思いました。「いいもの」をちゃんと知って、伝える重要性はどの国も同じですね。

Books100417  映画の中で、バルジャック村が毎日作る給食(高齢者宅配食も含む)は250食とありました。自分の住む那須塩原市は、旧黒磯市小学校14校、中学校6校で毎日約6500食作られているそうです。

 毎月第3週を「地産地消献立ウィーク」とうたい、平成16年から胡瓜・キャベツ・ジャガイモ・ねぎなど地元農家と契約し、学校給食に取り入れています。毎月配布される献立表の裏には、栄養士さんが食育情報や地産地消ニュース、調理の現場から、などを伝えてくれています。平成20年度は黒磯共同調理場は「学校給食部門・文部科学大臣賞」を受賞されたとか!お~、すごいです~!

 (写真の「変な給食」は、参考までに買った本ですが、こちらの本も前述したフランス・バルジャック村の食への取り組みと関連するものがあって、示唆に富んで面白かったです)。

 「体脂肪計タニタの社員食堂」も、面白かったです。自分が学生に戻って栄養士として就活するなら「ココ!」と思いました(笑)。

 映画からいろんな話に飛びました~。「食」の世界は深いですね。

(家内・記)

2010年4月14日 (水)

近況

 どうにも気ぜわしくて「店長日記」の更新もままなりません。コーヒー関連のニュース、仕事についてや店の運営についてなどなど、一応記事にしたいことはあるのですが、時間が無いなかで勢い余るのは考えものですね。書いては消し書いては消しの繰り返しで、完全に時間のムダ。昨日「お気に入り日記」は、やっとこさアップしましたが。

 コロンビアやタンザニアの新豆が入荷していますが、何回か焼いて味を確認しないと責任のある記事にできないので、新豆情報のアップはもうちょっと先になります。いましばらくお待ちください。

 そういえば先日、「最近ブログの読み応えがない。もっとガンガン書いてよ」とか言われちゃいました(実話)。うーん、どーだべなー。ちょっとムリかなー。

 ・・・・・ああ、ブログをブログのネタにしているようじゃおしまいだな。それでは、また。

2010年4月 8日 (木)

春なんです

 当店のある黒磯あたりも、少しずつ春めいてきました。

Coffee100408_4   4月は新生活のスタート。意外に年末より年度末のほうが気ぜわしいかもしれませんね。

 例年この時期は、ご来店の客足も大波小波で読めません。大忙しかと思えば、ぱったりヒマになったり。

 ま、いいか。イッタラの新しいカップ&ソーサーで一息入れましょう。色合いが春っぽいとのことで、家内が買ったやつ。たしかにね。

 忙しくてもヒマでも、のほほんとやり過ごすのが、この時期の正しい過ごしかたのような気がします。

 あ、いつもだな。それでは、また。

2010年4月 1日 (木)

DSのできごと

 先日、ディズニーシーに行ったときのこと。ダッフィーを買い求める人がアントペグのお店に行列をなし、入場制限でした。私たちが入店してしばらく後、なんだか入り口が騒がしい。どうやら「横はいり」しようとした兄ちゃんが、それを注意され逆ギレしている様子。納得できないとか屁理屈をこねて凄んでいるのですが、どうやらみっともなさのあまり自分を見失って、なにがなんだかわからなくなっている状況のようです。

 馬鹿はどこにでもいるね、という話。でまぁ馬鹿の観察はいいとして、感心したのはスタッフの人たちの対応です。「はい、そうですか」「ええ、なるほど」とやんわりと受けながら、決して引きません。そりゃそうですよね、いったん譲歩したらクレーマーの思うツボ。場合によっては別のクレーマーが「なんでアイツだけOKなんだよ」と登場しかねません。

 結局この兄ちゃん、さんざんわめいたあげく周囲の白い目に気がついたのか、彼女に手を引かれ、それでも虚勢を張りながら退室。この最低のアトラクションは幕引きとあいなりました。へー、彼女いるんだぁ。おー、恥ずかしいぃ。

 それにしてもさすが世界のディズニーリゾート。たぶんクレーム対応マニュアルがあり、研修も受けているのでしょうが、トラブルの対処能力は見事なものです。勉強になりました。

 ありがたいことに当店では、こんなひどい現場はありません。しかし時には、どうにも対応に困る局面はあります。無い知恵を絞って解決するわけですが、いつも「これでよかったのかなぁ?」という思いが残るんですよね。なかなかスマートには、なれないな。えーと、そんな話でした。では、また。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31