« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月23日 (水)

想う

 このたびの東日本大地震において被災されたかたがたにお見舞い申しあげます。

 普段なら、夜が明けたらつらいことも半減すると思いながら生活できたのに、今回の件では、夜が明ける度につらいことが増えていくようで苦しく、重く・・・・。

 地震、津波、原発・・・被災されたかたはもちろん、被災地や原発事故現場で復旧にご尽力されているかたがた、避難所の受け入れで奮闘しているかたがた、本当にお疲れ様です・・・・。自分もできることを考え、微力ですが実行に移しています。

 言葉や行動は、重さと軽さがあるものなのだと改めて気づかされました。自分が言葉を発したり、行動するとき、それはちゃんと責任がとれるものか、現場をしっかりわきまえていなければいけない、と自分に言い聞かせています。

 どうか1日でも早い復興を、そして1人でも多くのかたがご無事でありますように・・・。

 JT(日本たばこ産業)のキャッチコピー、ひとときにちなんだ「ひとのときを想う」、大好きな言葉です。毎日自分のやることを積み重ねながらも、片隅にはそっと誰かのことを想う、そして日本の幸せを想う、これからの日々をあらためて前向きに進んでいきたいです。

(家内・記)

2011年3月22日 (火)

通信販売再開

 通信販売を再開しました。お客様各位にはたいへんご迷惑をおかけしました。心よりお詫び申し上げます。

 ※注・郵便局に確認したところ、東北6県および茨城県への「ゆうパック」配送ルートは今だ開通しておりません。配送可能になり次第、ご案内いたしますので、今しばらくお待ちください。

 東日本大震災に起因する、配送ルートの混乱や計画停電による混乱により、当店もいまだ通常の営業から程遠い状況です。 

 とくに計画停電においては、当店の焙煎・営業・発送のスケジュールを大幅に変えてしまうため、通信販売ご注文品のお届けに、いつもより1日程度の遅れを生じる場合があります。なにとぞご理解いただけますようお願いいたします。

 今朝も9時20分から計画停電実施。16時50分からの2回目の停電は取り止めになったようですが、それにしても困りました。ガソリン不足が深刻化しているせいか、ここに来てご来店もだいぶ少なくなりました。

 好きな豆を好きなだけ焼くという状況ではなく、また豆を余らせて鮮度を落とすわけにもいかないので、当面販売するラインナップ数を1~2銘柄少なくし、鮮度優先でいこうと考えています。

 明日からカフェの営業も再開する予定です。ただ、計画停電により営業スケジュールが安定せず、生ケーキなどの管理が難しいため、しばらく焼き菓子をご提供させていただきます。

 今後復興が進むにつれ、状況は改善されていくと思いますので、営業内容に変更があればそのつどこの日記にてアナウンスします。以上、よろしくお願いいたします。

2011年3月18日 (金)

近況

 昨日、午後4時50分から計画停電が実施されました。月明かりのなか、商品を受け取りにみえるお客様を待ち店を閉め、自宅に戻り電気が来る8時を待ちました。

 本日も、朝6時50分から計画停電。いつも焙煎する時間帯を持っていかれたため、大幅に時刻を繰り下げて焙煎開始。開店が遅れて申し訳ありません。

 市内の小学校が卒業式でした。帰ってきた娘(5年生)にたずねると、電気の回復は式典に間に合い、灯りもついていたしマイクも使えていたとのこと。よかったね。本当によかった。

 地震発生以降、節電のため当店では必要な照明のみ点灯し、あとは消しています。一見、休業しているような感じですが(笑)、看板が「OPEN」になっているときは営業しています。・・・あ、カフェは当面お休みです。

 停電生活は不便といえば不便。仕事のスケジュールが組めないのは困ると言えば困る。原発の件もあり不安と言えば不安。でも、被災地の方を思えば、トゲ一本のダメージにもなりませんね。

 まぁ、今月の売り上げ達成はあきらめました(笑)。買掛金や固定費の支払いはできるので、関係各位に迷惑をかけることもありませんし、なにより家族がいて五体満足ですから、また働けばいいだけのことです。

 今、午後2時46分。家内と黙祷をささげました。亡くなられたみなさま、どうぞ安らかに。必ず立派な国に再建します。

2011年3月17日 (木)

近況

 災害後一週間が過ぎました。

 当店は営業していますが、コーヒー豆その他商品の販売のみとなっております。計画停電が実施されるのかされないのかどうにもネックになり、しばらくカフェはお休みです。

 当方の焙煎する時間帯、および運送業者の状況も今だ安定せず、通信販売の受付も中止させていただいています。非常時だからといって、大切なコーヒー豆を何日もかけてお届けするわけにはいきません。また、輸送経路は少しでも復興のために使っていただきたいと考えています。お客様各位には、本当にご迷惑をおかけします。

 そのような状況下、店頭にはコーヒー豆をお求めのお客様が多くご来店くださり、心より御礼申し上げます。最高にうまいコーヒー豆を店頭に並べられるよう、全力で仕事します。

 さて、那須塩原市は福島県との県境に近く、例の原発事故には、そう深刻ではありませんが街中が神経を尖らせている状況。事務所にテレビがないので、インターネットでニュースの同時配信を見ています。

 ネットの同時配信ニュースを今回はじめて見ましたが、画面の横にツイッターって言うんですか?短い書き込みがずらっと並んでいます。率直に言って、なんの足しにもならないと判断し、動画画面を大きくして見えないように隠しました。

 見ず知らずの人間が差し出した食べ物は口にしませんよね。それとおんなじで素性の知れない人間の情報を鵜呑みにするなんて、危険すぎます。悪気があろうとなかろうと、匿名の発言には最終的な責任感が感じられません。逆に、信頼できる情報元であればネットはとても有効なツールなのですが。

 ネットの利用は友達関係に似ていて、ほどほどの付き合いがお互いのためってところですかね。話がそれました。ではまた。

2011年3月12日 (土)

お知らせ

 3月15日(火)・正午更新

 東日本大震災により「計画停電」が行われることになりました。焙煎(モーターの駆動に電気を使う)、ならびに通信販売の配送スケジュールを管理するのが困難になっております。

 また、配送業者も混乱をきたしております。福島県との境にある当店としましては、輸送経路は、少しでも被災地のために使ってほしいと微力ながら願っています。

 以上の事態により、当面、通信販売の受付を中止させていただきたく存じます。

 お客様各位におかれましては、多大なご迷惑・ご心配をおかけしますこと、深くお詫び申し上げます。再開時には速やかにアナウンスいたします。

 私共も、自宅はひどい状態でしたが、幸い店舗に大きな被害はありませんでした。また、家族に怪我はなく無事です。みなさまには、お電話やメールにてご心配をいただき、心より御礼申し上げます。

 また被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 今後お伝えすることがあれば、このブログに記載いたします。よろしくお願いいたします。

2011年3月10日 (木)

ケニア「キブリ農協・AA」

 ケニア産コーヒーの最高峰のひとつ「ガチャミ農協・AA」が完売しました。個性的かつ洗練された素晴らしい豆でした。ケニアファンのお客様のために、続いて同等ランクの「キブリ農協・AA」を確保しました。これも甲乙つけがたい逸品です。

Kenya11s  コーヒー豆の値上がりが世間を騒がせている昨今、ケニア産のスペシャルティ・コーヒーはひときわ暴騰しております。今年の下半期に入荷するケニアのオークションがちょっと前にありまして、LCFでいくつか競り落としました。

 で、なんと言うか、タイヘンなことになっちゃいました。もっとも、すでにタイヘンなことになってはいたんですが(笑)。タイヘンさが加速した、と表現すれば伝わるでしょうか。それでも、良いものを確保できたことは喜ぶべきだと考えています。

 報道されているとおり、このたびのコーヒー豆の高騰は、いままでの異常気象などによる突発的な豆不足ではありません。市場の構造の変化、すなわち新興勢力によるコーヒー需要の急激な増大が主原因のひとつということなので、今後この事態が収束し以前の相場に戻ることは、おそらくないはずです。

 さて、ケニア「キブリ農協・AA」。まず印象的なのは、ガチャミと同じく洗練された深い味わい。ケニア産コーヒーの特徴である、ブルーベリー系の香りはしっかり漂わせつつ、炒ったカカオもしくは純度99%のチョコレートのような格調高い苦味と厚いコク。さらに、個性的過ぎないところも魅力だと思います。

 このクラスのケニアが今後も手頃な価格で飲めるのか?神のみぞ知る(本当は、たぶん難しい)ところですが、まずは今、じっくりお楽しみいただくことをオススメします。

 ケニア「キブリ農協・AA」、販売開始です。

2011年3月 3日 (木)

産経新聞に掲載

 3月1日付けの産経新聞・栃木版に当店の記事が掲載されました。ありがとうございます。・・・ちょっと照れくさいですね(笑)。

Sankei110303  まぁその、注目していただくのは心からうれしいのですが、ハードルが上がっていく若干のプレッシャーも感じております(笑)。以前、いろいろ思うところを書きましたので、よろしければ関連記事を御覧ください。

 私はプロですから、つまるところ結果がすべてです。新聞に載ったから、専門誌に載ったからといって、期待値が高くなることはあっても手加減してもらえることはありません。1,050円のコーヒー豆一袋で、472円のコーヒー一杯で、仕事、ひいては自分を全否定されることもありうる世界です。写真ではずいぶんニヤついていますが、これでけっこう真面目にやってんですよ(笑)。

 なんにしても、精一杯コーヒーを作って提供したら、あとはお客様の御判断があるだけです。もちろんお喜びいただけるように努力しているのですが、どんな結果にせよ、精一杯の仕事であれば、反省はあっても後悔はないものです。それだけで今日までやってきました。

 さて、あんまり辛気臭い話もなんですね。本日はこのへんで。それでは。

2011年3月 1日 (火)

お知らせ

 3月13日(日)は、都合により臨時休業いたします。

 3月14日(月)が定休日のため、12日(土)・13日(日)の通信販売ご注文分の発送は、3月15日(火)になります。

 ご不便をおかけしまことに恐縮ですが、なにとぞよろしくお願いいたします。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31