« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

近況

 趣味・教養・教育の大手出版社「世界文化社」様の展示会に、今年もHakoyaのコーヒーを納品させていただいております。展示会内のカフェ用と、招待客様へのプレゼント用ということで、今年で5年目になりますか。

 毎回コンセプトがあり、今年は「北欧」とのこと。以前訪ねたフィンランドのコーヒーを思い出しつつ、「スカンジナビアン・フォレスト・ブレンド」を作成。スペシャルティコーヒーは個性が強いので、それぞれの豆を仲良くまとめるのにけっこう苦労しますが、まぁ、イメージ通りの出来といってよいでしょう。4月分を無事発送しました。あとは5月6月と続きます。

 さて話は変わって。しいたけの春子、炒め御飯にしました。オリーブオイルに豆板醤と刻んだにんにくを入れ、焦げないようにゆっくり加熱します。香りが立ってきたところで火を強め、5ミリ角に刻んだしいたけを「マジかよ?」と目を疑うくらい大量に投入。ためらってはいけません。しいたけがシナッとなったら、白い御飯と溶き卵を放り込み、最大火力でパラパラになるように炒めます。味付けは塩。パセリを散らして出来上がりっと。

 しいたけが主役の場合、味付けはシンプルに限ります。お好みでしょうゆやバターを加えてもオツですが、せっかくの素肌美人の春子に厚化粧をほどこす、みたいにならないよう気をつけたいところ。

 ・・・・・なんの話だっけ?

 ええと、ゴールデンウィーク、皆さまいかがお過ごしですか(笑)?当店にもたくさんのお運びをいただき、まことにありがとうございます。震災がらみで、那須への人出を心配する声もありましたが、なかなかいい感じに賑わっているようです。思った以上に焙煎も忙しい。

 今年のGW、那須高原はじつにいい日が重なり、初夏のさわやかさ満載です。ぜひぜひ、お越しください。では、また。

2011年4月29日 (金)

春子2011

 栃木県北が誇る優良農園「天宮農園」さんから、当店「お気に入り日記」でもおなじみの原木しいたけ「春子」が届きました。今年もまた格別に良い出来栄えです。

Haruko110429  生粋の栃木っ子である私は、きのこは「山の精気の結晶」だというのが持論です。自然に生えてるきのこはもちろん、朝露をまとった原木からむくむく育ってくるしいたけを見ていると、本当にそう思います。

 写真の春子。どうです見事なものでしょう?この栃木県北、いかに豊かな自然に囲まれているかがうかがえるというものです。いまでもこのあたりでは、近代的な住宅地の裏のちょっとした森林に、鳥居があったり鎮守さまのほこらがあったりして、山の神様たちと共存している実感があります。

 季節は移り、作物は実り、自然の恵みのなんと愛らしく美しいことでしょうか。やはり大きな自然のすみっこでちょっと恵みを分けてもらって、「うん、おいしいね」なんて言っているのが幸せな暮らしなんだと思います。

 ・・・さて、あまり辛気臭い話もなんですので、今日はこれぐらいにして、さっそくしいたけ御飯でも炊きましょうかね。それともしいたけとにんにくのパスタ?ああっ、しいたけ春子がおいしそうすぎて決断できないっ!では、また。

2011年4月21日 (木)

近況

 たまにはラーメンでも食べたいなということで、「ふうふう亭」さんへ。うん、今日も手応え満点のうまさだぜ。

 ふうふう亭さんでは、看板や店舗の灯りをグッと落として節電営業中。生真面目です。あ、当店も節電営業中なり(笑)。街を歩いてみると、お店も民家も照明を落としていますね。この非常時を支える心意気には胸が熱くなります。やはり日本は善意の国です。

 街が暗めなのは正直淋しい気もしますが、だいぶ慣れてきました。最近あちこちで言われているように、思えば知らないうちに電力を使いすぎていたのかもしれません。・・・で、素朴な疑問。そもそもあんなに原子力発電所を作るほど、そんなに電力は足りなかったのか?

 まず国策により大量に生産された電気が強力に供給されたので、こっちはつい湯水のようにじゃぶじゃぶ使っていたというのが本当のところのように感じるのは、うがちすぎでしょうか。もちろん使ったほうに責任がないとは言いませんし、喜んで使ってたじゃんと言われれば返す言葉もありませんが、いずれにしても、電力の過剰摂取ですっかり電気デブ生活になってしまった私としては、そろそろダイエットの時期が来たようです。

 それにしても、この原発事故が混乱を極めるなか、3月末、東京電力は福島第一原子力発電所における第7号機・第8号機の「新規建設」を、経済産業省に申請していました(4月18日参議院予算委員会・清水東電社長の答弁)。さすがに経産省から「空気読めよ」とダメ出しされ、申請を取り下げましたが、それにしてもすごすぎますね。我々が肥満で死ぬまで甘ーい電気を食わせてくれるらしい。

 そういえば、あっちもけっこう太っちゃってますよ。総資産13兆円ですから(同予算委員会・社長の答弁)。なるほど、電力っていろんな意味でめちゃくちゃおいしいんだね。

2011年4月17日 (日)

政治屋に物申し候

 4月15日の時事通信によると、経財相が「原子力発電を推進してきたのは間違いではない」と述べたそうです。そりゃね日本は法治国家ですから、どんな意見でも個人の自由ですが、それにしても・・・・・いま言うことかぁ?

 被災された皆さんは、まったく希望の見えない不安と混乱のさなかで苦しんでいます。とりわけ原発事故の決着のつかなさには、生活面でも精神面でも、とうに我慢の限界を通り越している状況なんですよ。政府、まさか知らないのか?それとも興味ないのか?

 さすが現政権の大臣らしく、国民の気持ちを屁とも思っていないことがよーく伝わってくる無神経な発言です。もう、やる気も能力もないなら家でじっとしていてほしい。トンチンカンな与太話を聞いてるくらいなら、ポポポポーンのありがとウサギを見ていたほうが、腹が立たないだけよっぽどましです。

 原発推進がしたけりゃ、事態が収束したあとで、思う存分議論をすればいいじゃないですか。いまこの状況で、解決の糸口も見つけられないくせに「原発、大事っすよ」なんてしゃあしゃあとのたまうとは、怒りを通り越して情けなくなります。

 私は、高度な政治の話をしているのではありません。受験生に落ちる・すべると言わないとか、結婚式で切れる・分かれると言わないとか、マナーやエチケットのレベルの話をしているんです。

 いい大人が最低の気配りもできないような感受性では、政治家ぐらいしか務まらないのはわかりますが、すこしは心意気を見せてくれてもいいんじゃないですかね。というか見せてよ。

 被災された方はもちろん、被害が軽かった人たちも必死に立ち上がり、被害のなかった人もそれぞれの立場で、復興を目指しベストを尽くしています。みんな心はひとつなんです。国の指導者連中が、まるで人ごとみたいな顔しててどうすんだ。

 われら栃木県としては、お隣の福島県は兄弟と同じです。福島のみなさんに失礼なことしてみろ。選挙でただで済むと思うなよ、現政権。

2011年4月 8日 (金)

近況

 おかげさまで、自家焙煎珈琲のHakoya、ほぼいつもどおりの営業ペースになってきました。お客様各位にはかわらぬご愛顧をいただき、心より御礼申し上げます。ありがとうございます。

 多大な負の影響を与えた計画停電も、ひとまず「原則実施しない」との発表が東京電力からありました。ま、そうはいっても節電しなきゃということで、現在も庭の照明などを落としています。われながら見事な「うらぶれ感」。夕方以降、お客様に「やってますか?」と訊ねられるのが、どうにも切ないのですが(笑)、看板がOPENになっているときは営業しております。

 こと商売で言えば、節電しているお店屋さんはどこもホントたいへんだと思う。

 原発の件では、首根っこをずーーーっと押さえつけられているようで、いまだ不安かつ不自由であります。しかしながら、深刻な被害を免れた私たちとしては、健全な生産と消費に復帰するのがやはり不安を払拭する一番良い方法ですね。こんなときこそガンガンお金を使って復興だ、と浮かれる気にはなれませんが、まめに街に出て家族とささやかな楽しい時間を過ごすことにしています。

 自分たちが生産できる体制になったので、支援物資と義援金をいくつかの信頼できるルートで送りました。これからも機会ごとになにかできれば、と考えています。なにしろ先は長い、ですからね。

 このような非現実的といいますか、ある意味シュールな状況で毎日を暮らしていると、言いたいこともいろいろ溜まってくるのですが、さんざん考えをめぐらせたあげく、でもまぁ、まずは黙って働こうとなっちゃいます、私の場合。なので、日記の更新が滞っている次第(笑)。

 コーヒー豆や他の商品、営業に関してのお知らせは、いつもどおりこの日記でアナウンスします。それでは、また。

2011年4月 1日 (金)

通販関連のお知らせ

 4月8日(金)午後更新

 Hakoya通信販売に関してのお知らせです。

 東北地方6県ならびに茨城県への「ゆうパック」配送ルートが再開されました。これで通信販売、全国どちらからでもOKです。

 東日本大震災に起因する、配送ルートの混乱や計画停電による焙煎スケジュールの混乱などにより、お客様各位にはご迷惑をおかけしました。

 今後、大きな余震があった場合や、計画停電のタイミングが悪く、焙煎時間が充分とれない場合、ご注文商品のお届けに1日程度の遅れが生じる場合があります。焼きたての豆をお送りするためですので、なにとぞご理解いただけますようお願い申し上げます。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31