« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

アイスの見解

 ここ数日アイスコーヒーを作り続けているHakoya店主であります。なにしろ毎日暑いから無理もないのですが、それにしてもなんでこんなにアイスなんだ。どなたかブログにでも書いたのか?なわけないか(笑)。当店のアイスコーヒーは、目下のところブラジル・ダテラ農園・ブルボンセレクトを使っております。

 よく「アイスコーヒー向けの豆はどれか」とのお問い合わせをいただきます。アイスコーヒーのおいしさを「きりっと冷たく苦みばしって、後味に甘いコクがある」とひとまず定義するならば、やはり深く焙煎した豆がさしあたり適しているということになりましょうか。つまり取っ掛かりとして焙煎をキーワードに話を進めるわけです。

 その意味では当店は基本的に深煎りの豆をラインナップしていますので、どの豆でも適しているといえば適しています。あえて言うなら、冷たくしてもパンチが効いていて甘いコクがあるブラジル・ダテラやタンザニア・ブラックバーン、ブレンドで言えば「烈」なんかが、アイス向けとしてとくにオススメです。

 でもですね、ここまで書いておいてなんですが、上記はざっくりと説明する必要にせまられての方便であって、本来の私の見解としては「どんな焙煎であっても、ホットでおいしいコーヒー豆はアイスでもおいしい」となります。

 もちろん苦味系・酸味系、味わいはそれぞれですが、その豆が持つキャラクターを堪能できるという点で「ホットでもアイスでも、良い豆は良いのです」って当たり前の結論に達するわけです。

 でもまともにこう返事をすると、あまりに身も蓋もない、なんだ禅問答か?説明するのが面倒なのかよ、あんたほんとにプロ?といった印象を与えかねません。ここいらへんの話の持っていき方が意外と難しいのであります。まずはどなたにもとっつきやすい入り口を用意し、徐々に本質をご理解いただくと、そういう語法が要求されます。まさにプロの技と言っていいでしょう(おおげさ)。

 まぁ、なにしろ当店は豆の品質には自信を持っております。そのうえ、非常にデリケートな焙煎を施していると自負も持っております。つまりHakoyaの豆なら、ホットでもアイスでもバッチグー。

 おいしいアイスコーヒー用の豆をお探しのお客様。当店ラインナップならどれを選んでも間違いありません。ぜひ、ご用命ください。

 ほーらプロの技でしょ(笑)。たまにはこのくらい書かせてよ。では、また。

2012年8月24日 (金)

近況

 ちょっと涼しいなんて書いたら、いやぁ暑い暑い。油断しました。アイスドリンクがよく出ているこのごろ、皆さんいかがお過ごしですか?

 お菓子類、オリーブオイルや塩など食品類がだいぶ売れてしまったので、現在新しい仕入れ商品を検討中。おいしくて可愛くて、なんかおっと思うデザインのものがいいですね。少々お待ちください。

 ビンテージの食器、グッドコンディションのものが入荷しました。ほとんどミッドセンチュリーの英国製です。じつにスタイリッシュ。ライフスタイル系の雑誌やカタログで、ミッドセンチュリーのテーブルウェアと北欧家具をあわせるコーディネイトなんかもよく見かけます。しっくり来てますよね。こんな生活したいよーって思います、私も。

 ヴィンテージは、この先数が減ることはあっても増えることはありませんから、人気の上昇に合わせて価格が上昇する、および程度のいいものの入手が難しくなるといった状況になります。そもそも私自身コレクターなので、これからがちょっと不安(笑)。

 でも当店では同好のお客様に、いいものをお手ごろプライスでお渡ししています。お洒落なビンテージでコーヒーライフをいっそうお楽しみいただければ幸いであります。

 話は変わって。夏が過ぎ庭の草木も育つだけ育っちゃいました。そろそろ庭師さんに来てもらうようです。そうするとすぐに落ち葉の秋になるんだなぁ。

 その他、所用が山積み。たいへんだー、と言いつつ元気に営業しています。ぜひお越しください。では、また。

2012年8月17日 (金)

お盆も過ぎて

 夕方にはなんとなく秋の風情も感じられる今日であります。お盆中は多くのお運びをいただき、心より御礼申し上げます。特別スケジュールでの営業だったので、午前中にお越しのお客様には、告知がいきわたらずたいへん失礼いたしました。

 さてGWやお盆は観光客の方など初めてのお客様のご来店が多く、当店は街道沿いであるにもかかわらず「店がわかりにくい」とよく言われます。たしかに店舗は駐車場の奥の木立に隠れた感じですし、「自家焙煎」とか「味自慢」みたいなノボリが立ってるわけでもありませんしね。

 そんなこんなで「店がわかりにくいんだよー。さがしちゃったよー」とか言われたり、「時間がない。まだー?」とせかされることもしばしばあります。

 私としては適当な冗談で返すわけですが、家内に言わせると「あんたの接客、固いなー。芸がまだ練れてないね」とのこと。これはまた手厳しいダメ出し。うーん面目ない。

 私もですね、カフェの店主は一種の芸人、接客は一種の芸と考えてんですよ。やはり芸の道は長く険しい・・・、のか?

 Hakoyaのことをよくご存知のお客様がたは、「ははっ、あのオヤジ、またやってら」って、それこそ笑い話でしょうが、これでけっこう悩んでんです(笑)。いや、やってみるとね、カフェの接客、じつに奥が深い。本能だけでやれる人は天才ですよ。こちとら失敗の連続で9年来ちまった。

 そんなこんなで、口は下手ですが仕事は上手にやってますんで、ってこれがいかんのか。まぁ、なにしろ真面目にやってます。心の広いお客様には、なにとぞHakoyaにお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

2012年8月15日 (水)

友だちの話

 福島県矢祭町の「珈琲香坊」ご夫妻がご来店されました。同門の兄弟子ということもあり、また同業者といっても営業スタイルが違っていることもあり、親しくさせていただいております。

 カフェを日々経営していると、業界関係者の訪問は珍しいことではありません。旧交を温めたり、新しい出会いがあったりなかなか味があるものです。なかには「要領よく立ちまわって自分だけ得する」みたいなのがネタ拾いに来て、ウチのメニューやら売り物やらノートにメモっていったりします。業界関係者同士の付き合いは「なあなあ」の雰囲気になりがちなので、友だちになるかどうかの見極めは重要。お互いのリスペクトが基本ですよ、どの世界でもね。

 というわけで「珈琲香坊」さんとはお友だち。楽しい時間をすごしました。

 さて同門といえば、大学の同窓生タカモリ君ご一家もご来店。知り合ってもう30年近くですか。

 前にもここに書きましたっけね。学生時代、音楽仲間でビーチボーイズが好きだと言っていたのは、私と彼とほんの数人。今でこそビーチボーイズは天才だの高度な音楽性だの評価されていますが、当時はむしろ馬鹿にする空気があったんですよ。でも我ら、好きなものは好きであると聴き続けた。それだけでタカモリ君は信頼できるヤツだと思いましたね。懐かしい話だ。

 そういやこないだ、ある友人が久しぶりにメールをよこしたっけ。この場を借りてひとこと。

 ま、そんなに気負うな、友よ。世間に認められようってもがくなんて、アホらしいぜ。こつこつなんかやってりゃ、そのうち勝手に認められるさ。俺はそんな風にして生きているけどな。あ、俺みたいになっても困るか(笑)。

 私は偏屈人生をエンジョイしているので、友だちが少ないのも、また自慢(笑)。でもまぁ、たまには友人の話なんぞ書いてみました。では、また。

2012年8月 4日 (土)

スゴイ?

 ちょっとした知り合いに会ったら、その人おもむろに事業拡大する話。「メチャ儲けだよ。スゴイだろう」と何回も繰り返します。私としては、なんだ?投資しろってか?カネならねぇぞと警戒しちゃいます。そしたら違うらしい。

120804money  「メチャ儲けだよ」って景気いい話の割りに、本人、なんだか成功に心から酔いしれているようには見えない。うーん、なんだろ・・・。

 あっそうかこの人、自信がないんだ!自分に言い聞かせてるんだ、きっとうまくいくって。俺に言ってほしんだ、スゴイですねぇって。たいへんだなぁ、事業拡大。

 もっとも、こんな話に付き合ってるこっちはもっとたいへんですが。私はお人好しのウスボンヤリと思われてるのか、この手の災難によく巻き込まれます(笑)。で、しょうがねぇなと話を聞いていたら、その人調子に乗ったか、私に向かって「おたく、ストレスないよねー」とのこと。

 あのねオッサン、ストレスくらいあるよと思ったものの面倒くさいので「そうですか?まぁ私は他人の話に耳を貸さないから」と応えたわけです。そしたら、「ダメだねー、そんなカタクナなことじゃ」とか言います。

 さて困った。私はカタクナな生き方、ダメだと思っていません。他人他人他人でようやく自分が成り立ってるほうが、私にはしんどそうに見えます。

 とんだ時間の無駄でしたが、ジェントルマンたる私は、まぁ恥かかすのもなんだ、「スゴイですねぇ」かなんか適当に言ってお茶を濁しました。・・・我ながらこれっぽっちも心がこもってなかったな、あれは(笑)。

 自分もオッサンですけどね。とにかくオッサンのホラ話は無駄に長いし絵づらも鬱陶しいし、こんなの聞くぐらいなら知り合いなんていらないや。

 この次はすたこら逃げちゃおっと。だってどうでもいいんだもん。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31