« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月28日 (金)

おんなじ

 すっかり涼しくなりました。あれだけ注文があったアイス系飲みもののオーダーも落ち着き、ああもう秋だなぁと。ふと、うちって秋は毎年どんなことしてんだっけ?と思いブログのバックナンバー9月・10月分をさかのぼって読んでみました。

 ふむふむこんなだったんだぁ・・・って、今とおんなじ。やってることも書いてることも考え方も。我ながら見事におんなじ。これを進歩がないととるのか、ブレてないととるのか、読む方の解釈におまかせするところではありますが、店をやってるほうからするとまんざら悪くないじゃないかと思ってます。

 経営者にはそれぞれ、自分の事業に関して「理想の規模」があります。ある人は拡大路線を邁進し、ある人は日銭で暮らすのを良しとする。それぞれの価値観ですから、他人に迷惑をかけず本人が満足であればどんな経営方針だってOKなわけです。

 当店で言えば、商品の仕入れから加工・販売まで自分の目が行き届いて、常に現場に立ち皆様の御顔が見え、身内の行事に参加し子育てを楽しみ、大儲けはできないが小遣いには困らないぐらいのところをイメージしています。現在、達成率&満足率80%といったところでしょうか。

 どんな規模の経営を目指すにせよ、自分に合わないことはやらない、っていうかやってもできないだろーなーとの予感があります。好き好んでストレスを抱え込みたくはありませんので、やっぱりコンセプトはいつも変わらずにいたいものだなぁと思います。

 うちなんかもう、こじんまりした商売だってことになるんでしょうけど、大企業でも零細でも内容を充実させ続けるのは命題ですし、お客様と自分を両方とも満足させるためのエネルギーはどんな立場だって同じなのであります。

 そんな次第で、自分の変わらなさに呆れつつホッとしつつ、これからも「実の詰まったこじんまり」でいきたいと、そんな話です。では、また。

2012年9月21日 (金)

ものうるひと

 ちょっと忙しさにかまけていると、あっという間に更新が遅れちゃいます。なんか書かなきゃ。本日は雨天のち晴天なり。ようやく秋めいた気配を感じます。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 お菓子や食品がぼちぼち入荷し始めました。次は食器を手配する予定。いろいろ候補は挙がっております。飾り棚のスペースと相談しながら、ぐっとくるヤツを仕入れますので、乞うご期待。

 最近、とみに「販売」が面白くなってきました。カフェの面白さも基本はおんなじなんですが、これいいよなぁーって仕入れた商品がお客様の目にとまり、ハピネスが伝わっていく。じつにウキウキするものがあります。といいますか、店をやってる理由ですよね、それが。

 当店ではネットショップでもコーヒー豆を販売していますが、食器や食品、雑貨などは基本的に店頭での販売にしております。お得意様に商品の詳細をお問い合わせいただいて、郵送でお送りすることはあるものの、まぁ今のところそのくらい。・・・今のところって、べつに含みを持たせているわけじゃありませんが、自分でしっくりくるやり方を思案中。

 店に立ってますとね、「これいいな」と商品を褒められて喜んでいると、連れの人が「ネットで安い店を検索すればいいじゃん」とか言ったりしてズッコケたりします(実話)。

 ま、うちはディスカウント前提のものは始めからあつかってないので、どうということもありませんが、やるなら黙ってやってね(笑)。

 ともあれ、たしかにネット検索で「安い」ものを見つけるのは刺激的だと思います。でも、なんでもかんでも「ネットショッピング、イコール価格破壊」では、なんだかつまらないよなーとも思います。なにをもって「安い」とするか考えると意外に難しいものですし。

 ネットショップで「独自のものを」「胸を張って」「適正価格で」販売しているお店は尊敬しちゃうな。それならネット通販で全国津々浦々まで届ける意味もありますよね。ネットの仕組みこそ生きてくるといいますか。だから当店でいえば、自家焙煎コーヒー豆をネットで売ってるわけで。

 要は、店頭販売もネット販売も、どの売り方でも自分たちが同じ充実感を得られる商売を考えなきゃってことですね。うん、これが目下の課題だ。考えろ、俺。

 こんな話、退屈でした?では、また。

2012年9月13日 (木)

近況

 毎年恒例の見本市に行ってまいりまして、現在品選び&手配中。まずは輸入菓子を注文しました。そしたら十何品中、2品しか届かない!まだ代理店に入荷していないんですって・・・って、おいおい。

 とはいえ、珍しいことではありませんがね。店の志向がマニアックだとこういうことになりがちであります。並行して別の商社にも輸入食品を注文しているので、せめてそっちは早く届いてほしい。

 食品に続いて、現在雑貨関係でいくつか候補を絞っているところ。Hakoyaのお客様なら良くご存知、私たちが自分でもほしいと思えるものを選りすぐって仕入れます。乞うご期待。

 次の話題。懸念事項の庭の手入れ、庭師さんに予定を立ててもらっています。店舗を覆うように生い茂った木々。じつは今、すごくいい雰囲気なんですけど、もう秋でしょ。風が冷たくなると、たちまち落ち葉で庭が埋もれちゃうんですよ。

 あとは・・・、書いてもしかたないか。まぁいろいろあります。予定も詰まっているところにもってきて、とにかく出来事が毎日なにかしら起きるので、とっさの対処も要求されるこのごろ。でもなぁ、いっこうに上手くなんないんだよ、アドリブ。

 俺はプロだと言うわりに、いつまでたってもどこかアマチュアっぽい当店ではありますが、そこはフレッシュなんだと前向きに解釈していただきたい。ぜひ!

 とにかく、秋に向けておもしろい商品が順次入荷します。どうぞお越しください。近況報告でした。では、また。

2012年9月 6日 (木)

幸せなおいしさ

 突然思いがけないところで「外食しないの?」もしくは「外食してないの?」と訊かれることがあります。・・・あ、ブログのことですかぁ?

 まぁその、私としては味覚の情報を更新する必要があり、その意味でたまにはよそのお店におじゃましたり気になる食材を買ったりしています。していますが、趣味で食べ歩き記事を楽しむ方とは根本的に立ち位置が違うので、なにか差し障りがあってもいけませんし、いちいちブログに書いたりしないことにしたんですよ。

 外食・・・、たしかに御馳走や高級食材、話題のスポットなんかは感動しますし、エンターテインメントとして生活にメリハリがつきますよね。

 ただ、誤解を恐れずに書きますと、私は家族と囲む家庭の食事がなにより贅沢だと思っています。またまたぁ、Hakoyaはキレイごとばっかだからなーとか例によって言われそうですけどね、本心でそう思ってんだから仕方がない。

 おばあちゃんの漬物、お袋のおにぎり、女房の手料理、娘が焼いたパン。本当にいつでも、そしていつまでも食べられるのか?本当か?

 コーヒーだってそうですよ。私はプロですので、カフェではそれなりの技術でお金をいただけるコーヒーを提供しています。しかし当店で豆をお求めのお客様が、おうちでご家族やお友だちや好きな人にコーヒーをふるまうとき、たとえ少々不器用な出来ばえであっても、その幸せ感に私は絶対に勝てないだろうなと考えるわけです。

 だからね、幸せなおいしさって考えるとき、いわゆる美食とか、どうでもよくなっちゃうんです。

 そして当店のコーヒーが幸せのおいしさにちょっと花を添えられたらなって思います。コーヒー屋の役目とやりがいは、そこにしかないんです、本当は。これもキレイごとだろうか。

 あ、外でのお茶やお食事も「いいお店であれば」幸せなものですよ。いいお店には愛情とプライドがあるからね。念のため(笑)。では、また。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31