« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

東ティモール「カフェ・タタマイラウ・JAS有機認証豆」

 お待たせしました。東ティモールの新豆が入荷しました。12-13クロップの一番乗りになります。

121027_e_timor  東ティモールはポルトガルからの独立にともない、内戦ですっかり国が荒廃してしまいました。その後復興支援として、たとえば日本はコーヒー産業の指導をしたという経緯があります。

 その初期には農業力の未熟さもあり、フェアトレード的な流れの中で「温かく見守ってあげよう」といったスタンスで取り引きされていました。復興の応援が主目的といいますかね。

 それが関係各位の努力のかいあって、年々品質が向上し、今期届いた豆はスペシャルティの名に恥じない堂々の出来映えです。「JAS・有機栽培」の認証まで取得しました。

 写真にも認証マークが大きく誇らしげに印刷されています。うん、いいぞ!日本語で印刷されているのは、つまり日本向けに最高のものを作ったと解釈していいでしょう。さらに今回は厚いビニール袋で念入りに保護されて、いっそう気合が充実。

 応援にこたえる心意気って大切ですよ、どんな世界も。

 さてその香味ですが、東ティモールコーヒーの大きな特徴でもある、伝統的な品種「ティピカ」の澄んだ味わいが明確に感じられます。全体的に軽い口当たり。つややかで適度な酸味。マイルド系コーヒーとして広くオススメしたい逸品。

 数日中に店頭およびネットショップにてリリース予定。どうぞご期待ください。

2012年10月18日 (木)

お菓子(その他)入荷です

 昨日今日となんだか寒い日が続きます。こんなときは熱々のコーヒーですよね(手前みそ)。というわけで、チョコやバターがやけにリッチなお菓子たち、それからいろんなジャンルにわたって面白そうな食品が入荷しました。とりあえずご紹介・・・って、ああっ写真に納めきれない!

 お茶の時間、せっかくならワクワク感もトッピングしたいところ。

 なにかお気に入りを見つけていただけたら幸いです。お待ちしております。

121018sweets  121018sweets2

2012年10月13日 (土)

近況

 すっかり秋の風情であります。秋は食べものがおいしくって困ります。食べすぎちゃうんですよね、ってどの季節でも食べものがおいしくて困ると言ってます、私。

 なにしろ栃木に住んでますと、お米からはじまって野菜・果物、旬のおいしいもので溢れております。全国各地のみなさん、それぞれに故郷の自慢の味をお持ちなんでしょうね。

 そういえばTPPって、その後どんな感じなんでしょうか?いまいち報道を聞かなくなったような気が・・・。輸入の立場と輸出の立場、どっちもいいように決着してほしいものです・・・ってわけにはいかないか。

 話がそれました。

 涼しくなったせいでしょうか、店頭・通販、ともにコーヒー豆のご用命で忙しくしています。北風なんか吹きはじまったら、あったかい飲み物が恋しくなりますよね。定番のスペシャルティのほかにも、新入荷の豆などいろいろ取り揃えております。お菓子もチョコレート系とかバタークッキー系とか、秋冬モードにしようかと手配中。どうぞお越しください。よろしくお願いいたします。では。

2012年10月 4日 (木)

フェアトレード

 今回雑貨をいろいろ手配する中で、バングラデシュとネパールのフェアトレード商品もあつかってみることにしました。手工芸品ではケニア製品に続いての販売になります。

 そもそもコーヒー業界は、コーヒー豆の生産国が途上国であることも多いわけで、「富める消費国が貧しい生産国から搾取する」もしくは「富める経営者が貧しい労働者から搾取する」といった構造と無縁ではありません。

121003fairtrade2  幸いにも当店が位置するスペシャルティコーヒーの流通においては、フェアトレード商品でなくても品質に見合った対価を支払うのが一般的であり、場合によっては生産者のほうが強気の売り手市場ということもザラにあります。高品質コーヒー豆の高騰は頭の痛いところですが、生産者の立場を思えば徐々に市場が健全化しているとは思います。

 しかしながらそのような取り引きは依然として稀ですし、またスペシャルティコーヒーを高く買っているからといってそれが免罪符になるとも考えていません。消費者と生産者の健全な関係「公正な取り引き」は、常に課題であります。

 さて、その不公平を是正し生産者支援を目的とする「フェアトレード」。最終的な理念としては、「生産者はちゃんとした商品を作り、消費者はちゃんとお金を払う」ということでしょう。その土地の特色を生かした産業を興し、貧しさゆえの惨状をなくそうという関係各位の努力のかいあって、ずいぶん世の中に浸透しました。

 ただしここで確認しておきたいのは、フェアトレードならば「ちゃんとしていない商品にちゃんとお金を払っては、それもまた逆にフェアじゃないよね」ということ。支援が主目的とはいえ商品に価値がなければ続きませんからね。

 ということで、当店で生産地支援の商品を仕入れる場合は、そのあたりに気をつけて品選びをしております。語ると長くなるのでやめますが、ウンチクも満載。

 ま、講釈はこのくらいにして、これらフェアトレード商品、ただ雑貨としてながめてもゆるーい雰囲気で癒されます。では、また。

2012年10月 1日 (月)

 朝からガーデナーさんによる庭の剪定です。台風のせいで延期かと心配したのですが、今日はもう目を開けてらんないほどのいい天気。

121001garden  庭師さん、さすがですよ。昨日床屋に行ってきたみたいにカッチカチでもなく、私って気にしない人だからぁみたいに妙にラフでもない。

 普通が一番だよねぇ。わかってるよねぇって、すっかり私も縁側からながめてる御隠居みたいになっちゃいます。造園とかぜんぜん詳しくないんですけど、そう思うわけですよ。

 奇をてらって人目を引くのはわりと簡単なんだと思います。ちょっと見ると普通、でもなに食わぬ顔をして高度な技能がぎゅぎゅっと詰まっている。こういうのが難しいんだ、本当は。そしてまた、当店が目指すところでもあります。・・・目指してるんですってば。

 そういうことで、定休日ではありますが剪定が入ってるので、私たちも店でちょこっと仕事です。業務用卸しのコーヒー豆を用意したりね。そろそろ仕事に戻ります。では、また。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31