« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月27日 (火)

残念

 ちょっとしたお気に入りのショップがあったんですが、系列店も含めて撤退してしまうとのこと。うーん残念・・・。この撤退の原因はショップにあるというよりも、あつかっているブランドが生産拠点を本国から海外にどんどん移行したからではないだろうかと思われるので、さらに残念。

 商品の原価を下げる、もしくは売価を下げるというのが生産拠点移行の主な理由でしょう。いまどきよく聞く話です。

 もちろんブランド側は海外生産でも品質は同等ですと説明するでしょうが、原価や売価が下がったぶん、これからは量販店などでの商品展開が主になると推測されますし、ディスカウントもされるでしょうから今までの顧客は離れてしまうでしょうね。というか離れたので専門ショップが撤退したわけですが。

 なんでもかんでも高価なものがいいなんて思いませんし、手ごろな価格だから助かる商品もあります。ただこのブランドに限って言えば、実際に海外生産の新製品を手に取ったところ、確かに売価は下がったものの残念な印象でした。誰が買うのだろうか?購買層がいまいち見えてきません。

 価格・品質・イメージ・お客様のニーズ。商品を提供する者として、いろいろ考えさせられる出来事でありました。

 では、また。

2012年11月16日 (金)

近況

 この忙しいさなか、衆議院が解散ですって。この日記はどなたがお読みかわからないのでうかつなことは書けませんが、控えめに言っても「なんだったの?政権交代」って感じです。期待した人はさぞ失望したでしょうね。私なんかは働いているばかりで政治のことはよくわかりませんが、世の中がよくなった実感がないことだけは確か。新しく選ばれる日本政府にはとにかく早く景気を良くしていただきたい。

 その昔、かのJ・F・ケネディは「国が何をしてくれるかではなく、国に何ができるかを考えてほしい」と演説したそうですが、今の日本、もうすでに国民は国のために働いていっぱいいっぱいだと思う。税金も年金も納付額がどんどん高くなっていくのに、歯を食いしばってまじめに納めて。これだけ国民ががんばって、そのうえ我慢して、それで景気が良くならないのはなんで?と心底思います。

 なんだかヘンな流れになっちゃった。ま、いいや。うまいコーヒーでも飲んでりゃのんきな気分になれるってもんです。

 というわけで、この秋も当店がんばって営業中。近況でした。では、また。

2012年11月15日 (木)

近況

 もう気分は年の瀬モードってところ。なんだか気ぜわしくって日記の更新も滞りがちであります。

 さて、今週はブライダルギフトのご用命をいただきました。もともと当店をご愛顧くださっているお客様が、引き出物までオーダーしてくださったしだい。コーヒー屋としてどれほど嬉しいか、ちょっと文章にも書けないほどの嬉しさであります。

 おおよそのリクエストをいただいて、新郎新婦のイメージからギフトの内容やラッピングの包材を決め、手配。できるだけ新鮮なコーヒー豆をお渡ししたいので残業で仕上げました。あ、これでは、なんだかたいそうなこと言ってるようになってしまいますね。Hakoyaのギフトはいつもこんなふう。それぞれのお客様にご満足いただけるよう、一件一件オーダーメイドなんですという話。

 以前はギフトの注文などあると、ブログに完成品の写真を載せたりなんかしたのですが、お客様だけのイベントに水をさすような気がして、最近は控えております。でもまぁ、ちょこっと記事にさせていただきました。Mさまご夫妻、ご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 近況でした。では、また。

2012年11月 2日 (金)

コスタリカ「ロス・クレストネス・ラス・カメリアス農園」

 どちらかといえば通好みなんでしょうか、中米産のコーヒー。中米各国は国土があまり広くなく、しかし経済的には良好なところが多いため、国際競争力を持つためにも品質の向上にはひときわ熱心です。

Crestones06s  毎年ご紹介している、コスタリカの「ロス・クレストネス」。スペシャルティコーヒーの生産に集落が一致団結して取り組んでいるという、小農家の生産グループです。当店のお客様にはすっかりおなじみですね。今期は「ラス・カメリアス農園」を販売します。

 コスタリカのコーヒーというと、やはり「ハニーコーヒー」がキーワード。・・・って「ハニーコーヒー」とはなんぞや?

 毎度の説明で恐縮ですが、コーヒーの実の果肉を剥ぐとですね、種子を包む外皮のさらに外側にミューシレージと呼ばれる粘膜があります。

 コスタリカの生産者はこの粘膜が香味に与える影響にとりわけ注目していて、あえてミューシレージを残して仕上げたコーヒー豆の独特の味わいを「ハニー」と表現しているわけです。

 クレストネスでは、コーヒーの実から果肉をそぎ落とす機械・パルピングマシンをグループで導入し、ミューシレージを何パーセント残すかも地道に研究しております。

 私も実際に訪問してきて現場の方たちにお話をうかがいましたが、こりゃもう応援するしかない、いや応援させてくださいと思いました。まぁ、できる範囲でですが。

 ということで、コスタリカのハニーコーヒー「ロス・クレストネス・ラス・カメリアス農園」をリリースします。柑橘系の甘酸っぱい香りを漂わせたマイルドコーヒー。どうぞお試しください。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31