« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月27日 (木)

パナマ「ラ・カルレイダ農園・ゲイシャ」

 今年も年末のリリースとなりました、大人気の品種「ゲイシャ」。例年、「エスメラルダ農園」のゲイシャを販売しておりましたが、今期は同じく評価の高い「ラ・カルレイダ農園」を選んでみました。

Boquete06ss  コーヒー通の方には言わずもがなのゲイシャ。この印象的な名前は、この品種が発見されたエチオピアの村「ゲシャ」に由来します。その後パナマに移植・栽培されているというヒストリー。

 ですが初めてゲイシャと耳にするお客様は、やはり踊ったり三味線を弾いたりするほうの芸者さんをイメージなさるようです。まぁ、優雅なところは似ていなくもないですねなどと、つかみのネタに重宝しております(笑)。

 さて、その「ラ・カルレイダ農園」。エスメラルダと同じくパナマのボケテ地区にあります(写真はボケテの美しい街並み)。このあたりは雨量がたいへん多く、乾季には北風が吹き込み、コーヒー栽培には「ちょうどよく寒い」気象条件。よって、コーヒーの木は種子に糖分などの栄養をいっそう貯蔵し、それが旨さのおおきな要素であると考えられております。

 「ラ・カルレイダ農園・ゲイシャ」。100%ゲイシャならではの、ブドウのようなレーズンのようなフルーティーな香りと、とても甘ぁーい口当たりが満喫できます。これはもう独自の魅力なので、説明するのは困難を極めますね。

 ちょっと値段がお高めなのがナンですが、業界的に言いますと、一種のブームによって「いろんなゲイシャ」が現れましたが、高品質のものに関しては依然引く手あまたなのが現状です。

 というわけで、慎重かつ気合を入れまくったHakoyaの焙煎でもって、満を持しての販売開始。みなさまよろしくお願いいたします。

2012年12月21日 (金)

近況

 12月も下旬、街はクリスマスムード一色!と言いたいところですが、巷のクリスマスムードって年々トーンダウン、もしくは地味になっているような気がしませんか?私はします。

 クリスチャンでなくたって、「今年も一年がんばりました。ここらで一息つきましょうか。買い物でもしましょうか」なんて忘年会的な口実に便利なんで、日本に定着したんだと思うんですよね、クリスマス。それが地味になっちゃ、ちょっと寂しいかなと思うこのごろ。

 もちろんこの時期、買い物に出ればお店お店でクリスマスの飾りつけはしていますけど、ここ何年か、どちらもそっと飾り付けてそっとしまうみたいな印象があるんですよね。自分が商売をしているのでヘンに敏感なのかもしれません。でもやっぱり子供のころのクリスマスの華やかさとは違うなぁ。

 「メリークリスマーッス!」とか言ってる人、最近まず見かけませんもんね。

 なんですね、けっきょく不況が長すぎて物を売る側も買う側も、はしゃいだところでシラケるだけというのが時代の空気なんでしょうか。

 ・・・なーんてね、もっともらしい結論になりそうだから止めようっと。

 落ち着いたクリスマスは、それはそれでいいもんですけどね。懐があったかくて、それでゆっくりのんびりクリスマスを過ごせたら、そりゃあ幸せだと思います。早く景気回復しないかなぁ・・・。うん、今年のサンタさんへのお願いは「景気回復」にしよう。・・・ってこれじゃサンタクロースも、もらい泣きだぁ。

 というわけで、みなさんメリークリスマス。

 円錐形の紙の帽子や、鼻とヒゲがついた丸メガネ。吹くと伸びる笛とか、50センチくらいの高さの電飾が巻きついたツリーに捧ぐ。では、また。

2012年12月16日 (日)

コスタリカ「ラ・ピラ農園・LCF別注バキュームパック輸入」

 コスタリカのスペシャルティコーヒー。生産者の努力が実り、ここ数年ですっかり高品質コーヒーという認識が定着した実感があります。先日完売しました「ロス・クレストネス」もご好評をいただきました。

Costalapira3s  かれこれ7年ほど前になりますか、輸入元から「コスタリカのスペシャルティコーヒーを今後も購入するか?」とのアンケートが来ました。知名度に比して高価な豆のため、現場のニーズは実際どのくらいあるのか意見をききたいとのことでした。

 本当の話ですからね、これ(笑)。当店ではコスタリカはお客様の厚い支持をいただいていましたので、「そりゃ、もちろん買いますよ」と答えたことを思い出します。

 そのコスタリカも、今では通好みの逸品として押しも押されもしない存在。ある意味、売り手市場っぽい感じになっています。「良いものはいずれ認められる」。勇気が沸いてくる話であります。

 さて、そのコスタリカの豆の中でも、当店ではとくに優れた生産者と取り引きをしています。クレストネスもそうですし、ラ・ピラ農園もこの世界じゃすっごい人気の作り手。農園を視察しましたが、ちいさい農園ながら、理想的な環境のもとにていねいにじっくりコーヒー作りをしていて、「これはうまいはずだわ」と感激したものです。

 今シーズンのラ・ピラの豆は、例年以上に柑橘系の甘酸っぱい香りが立ち、いっそうフレッシュ感・マイルド感が際立っている印象です。輸送中の劣化を防ぐため、生豆を特注の真空パックで保護して輸入しました。

 店頭およびネットショップにて販売を開始しました。コスタリカ・ラ・ピラ農園。中米きっての高品質なマイルドコーヒーを、ぜひお確かめください。

2012年12月11日 (火)

Hakoyaカレンダー2013

 当店のオリジナルカレンダー2013年版が、本日入荷しました。

 121211calender えー今年はですね、デザイナーさんの都合で製作を断念していたわけです。カレンダーを楽しみになさってらっしゃるお客様にも、そうアナウンスしました。そしたら、どうにか作成可能になったらしく、12月中旬に突然の入荷。

 あいかわらずのお洒落度100%の出来栄えです。Hakoyaの年末、このカレンダーがあるとやっぱりしっくりきます、うん。

 ・・・って、それにしても忙しい中作ってくれたM氏。嬉しいしありがたいんだけど、連絡なしだったからあわてちゃったよ(笑)。

 といった次第で、明日から「コーヒー豆400グラム以上お買い上げのお客様」にプレゼントいたします。数に限りがありますので、恐縮ですが御一人様1部限定とさせていただきます。

 また、通信販売ご利用のお客様にもカレンダーを同封しますが、配布完了のさいにはなにとぞご容赦ください。

 それでは、よろしくお願いいたします。

 PS・・・本日午前中、Hakoyaのコーヒーギフトをご用命で、カレンダーをお渡しできなかったお客様。お名前を存じ上げないのですが、お顔は覚えておりますので、お近くにお越しのさいにはご来店いただければ幸いです。

2012年12月 8日 (土)

近況

 あっというまに12月も中旬ですか。先週なんか雪も降っちゃって、なんとも師走な感じです。

 おかげさまで通常のコーヒー豆のお求めのほかに、輸入食器や珈琲器具、お歳暮やクリスマスプレゼントを含めたギフトのご用命もたくさんいただき、感謝感謝であります。

 なんだか落ち着かないまま暮れていきそうな2012年ではありますが、お気に入りのカップにコーヒーを淹れて、ちょっと一息。とくにほしいものはないんだけど、街に出てなにか買い物したい気分。おとなにもクリスマスプレゼントは必要だ。バチは当たらないと思います(笑)。

 さて、明日も忙しくなりそうだ。仕事に戻ります。近況でした。

 ・・・あ、そうそう、明日は都合により午後1時からの営業開始です。ご不便をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31