« 近況 | トップページ | 珈琲時間・2013春号 »

2013年3月24日 (日)

近況と新入荷情報

 さてもさても更新が滞ったものよ。というわけで忙しくしている毎日です。「ウソだい。こないだコーヒー飲みに行ったけど暇そうだったぞ」とか言ってはいけません。カウンターにいなくてもね、おじさんはいろいろ用事があるの(笑)。

 いやマジメな話、たくさんのお仕事をいただき有難いかぎりです。自営業はお客様からのご注文がなければ成立しません。放っておいても千客万来などという超人はこの世にいませんので、うちも必死こいてやんなきゃね。

 さて、それはさておき。ここでコーヒー豆の新入荷情報。

 まずは「エチオピア・モカ・イルガチェフェ・コンガ・G1・ナチュラル」。名前が長くて恐縮です。独特のフローラルな香りで大人気の、エチオピア・イルガチェフェ。そのスペシャルバージョンのG1グレードは通常、水をふんだんに使ったフリーウォッシュト精製で作られます。今回のコンガ・G1・ナチュラルは、果実を天日乾燥して身を剥ぐという、あえて昔風の方法で精製されます。どう違うの?ということですが、ひとことで言えば「モカの香り」がよりいっそう凝縮される感触。古いHakoyaのお客様には、今ではほとんど伝説になっているエチオピア・イルガチェフェ・ナチュラル「ミスティーバレー」を彷彿させる味わいと言っていいでしょう。充実しすぎですよ。これは。

 次に、当店の定番中の定番、「グアテマラ・サンタカタリーナ・LCF別注ブルボン」。これまたそのスペシャルバージョン「グランレゼルバ」。名門サンタカタリーナ農園のよく出来たブルボンの畑で、さらに品質の良い一角があり、ここの豆を別に選り分けて「グランレゼルバ」と命名したもの。まぁ、もともとのサンタカタリーナ・ブルボンがすでに極上の味わいなのですが、比べてみると「香味を構成する成分」がさらに濃厚です。焙煎する立場からすると、旨味、いわゆるコクをより表現できるので、そのあたりをお楽しみいただきたいと、こういうことです。

 それと、これまた定番中の定番、「ブラジル・マカウバ・デ・シーマ農園・ブルボン・ECOウォッシュト」。新豆。なんだかんだで10年のお付き合い。年を追うごとに、新豆が届くたびに、最高の品質がさらに向上しているという真の意味での名門ですね。ブラジル・スペシャルティ・コーヒーの見本とも言うべき素晴らしさ。謙遜なんてしませんよ、なにしろGoodなんだから(笑)。

 以上、いろいろ詰め込みすぎて、ちょっと読みづらかったらすいません。この次はモアベターよ。では、また。

« 近況 | トップページ | 珈琲時間・2013春号 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31