« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月18日 (火)

無事合格

 スペシャルティ・コーヒーと呼ばれる最高品質のコーヒーは、「この条件を満たすコーヒー豆がスペシャルティである」という、国際的なコンセンサスに基づき流通しています。そのスペシャルティを判別する能力。これは、「ぼく能力あるもん」と自分だけで主張していても始まりません。

 よって当店では、スペシャルティ・コーヒーをあつかう技能を持つ根拠として、米国スペシャルティ・コーヒー協会の「カッピングジャッジ」、引き続きその発展形であるコーヒー・クオリティ・インスティチュートの「Qグレーダー」と、いわゆる鑑定士の資格を取得しました。

 Qグレーダーの資格には更新試験があります。この試験を「カリブレイション・テスト」といい、スペシャルティコーヒーの世界基準を把握し、評価できるかどうかの確認試験となります。さきごろ更新試験の受験期間に入ったとの案内をもらったため、受けてきました。

 結果を待つこと2週間、無事、合格の連絡がありました。当店は、いつも高品質なコーヒーをお届けしている自負はありますが、これであらためて自信と確信を持って本物のスペシャルティコーヒーをお客様にご案内することができます。

 これからも、いっそう精進してまいります。報告でした。

2013年6月11日 (火)

変えていくこと

 えー、当店の駐車場の改装。後期は延べ5日間だったはずが、現場の都合で一週間以上かかっちゃいました。まいったで、しかし。

 その間、お客様にはたいへんご不便をおかけしました。この場を借りまして、お詫び申しあげます。また、駐車場を建設車両や資材が占領しているなか、わざわざお越しいただいたお客様には、心より心より御礼申し上げます。

 さて、改装といえば・・・。先日、家族で食事をしようと、あるお店に行ったときのこと。店舗の中が完全にリニューアルされていてビックリ。その変貌たるや別の店に来ちゃったかな?と錯覚するほどで、夢でも見ているような奇妙な気分になりました。

 雰囲気やシステムなどまったく違ったものになっていて、それもビックリしたのですが、よそさまのことですから、このリニューアルに関しての具体的な感想は控えます。ただ、「コンセプト自体を変えたのかぁ。勇気あるなぁー、いろんな意味で」とは思いました。

 当店なんかは、わりと十年一日がごとく、いつまでたってもおんなじといったイメージで見られているんじゃないかと自分では思っていて、実際そのような感想をよくいただきます。でも実は、ちょこちょこマイナーチェンジを繰り返して新陳代謝しているんですよ。・・・してるんだってば。駐車場も改装したし(笑)。もしタイムマシーンで10年前のHakoyaに戻れば、物理的な店の状態はかなり違っているはずです。

 そのなかで、自分の店はこうでなくちゃという、まぁカッコよく言えばコンセプトに沿って店を作ってきたので、いつまでたっても変化しないような印象になるのではないかと。

 商売は結果が全てですから、どんなリニューアルが正解なのかは結果次第ですが、私どもに限って言えば、コンセプトまで変えた場合、結果がどうこうよりも、のちのち後悔するだろうなという予感がします。だから、変えながら変えない、と。

 それが自分たちに合っているということでしょう。店を変えていくことについて、そんなふうに考えました。では、また。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31