« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月23日 (日)

引っ越しもたいへん

 さて、試験も兼ねて記事を書いております。

 今回のブログサービス終了にさいし、まずは終了するブログサービスが推奨(提携?)の、別のプロバイダに引っ越しました。

 仕事で使うブログですから「当店の情報のみを伝えたい」わけで、昨今のブログでよくある「いろんな店や企業の広告がページのあちこちに表示される」状態では困ります。よって今までのブログ同様、新しく移行したブログサービスへも「広告を表示しない有料プラン」を申し込んだのですが、いざ移行してみてびっくり。

 確かにあからさまな広告は表示されないのですが、「今、話題のブログ」とか、「あなたにおすすめのブログ」とか、TwitterやらFacebookやら、外部のサイトへ巧みに誘導するリンクが当店ブログの脇のスペースにズラーッと並んでいるじゃありませんか。

 なーにをしとるんじゃっ(マッサンの声でお読みください)!意味ナーイヨゥ(エリーの声でお読みください)!って思いますよ、こっちは。そしたら、こちらが希望しない外部サイトへのリンクなのに、たとえ有料プランでも非表示にできないんですって。

 えー?事前の説明になかったじゃーん。お金払って借りた自分のブログを自分の好きにできないなんて、法治国家の日本で許されるのかっ!どうなのよ、××社!!

 ・・・などとパソコンの画面に向かって問い詰めてもらちがあきません。仕方なく契約を解除し、「広告・外部リンク完全非表示」のブログサービスを探す作業を、しぶしぶ始めた次第。

 それにしても世知辛いというか、なんかプロバイダ側にメリットがあるんでしょうね、リンクをしこたま表示すると。まぁ、交流目的のブログなら、問題にならないんでしょうけど。

 あ、外部の広告や外部サイトへのリンクがダメと言ってるわけではないんですよ。私共のスタイルにマッチしないだけで。念のため書いておかないとね。

 それはさておき。その後なんとか希望の使い方ができるブログサービスも見つかりまして、契約をして、こうして記事を書いております。よかったよかった。そろそろ仕事に戻ります。では、また。

2014年11月21日 (金)

テストであります

 今まで使っていたブログサービス・プロバイダがブログ業務終了とのことで、先日来、引っ越し作業に追われています。

 当店ホームページ内はもとより、ネットショップからも記事にリンクを張っていたりしますので、リンクの貼り直しがめちゃめちゃいっぱい。なんでこんなにリンク張ったんだよ、俺。

 さらに引っ越し先のブログサービスの使い方も勝手が違うため、おじさんは混乱しています。

 というわけで、本日はテスト投稿です。後ほど、ちゃんとした記事をアップします。あ、ちゃんとしてないか、もともと(笑)。

2014年11月 6日 (木)

お菓子入荷

 お待たせしました。Hakoyaセレクトの輸入お菓子が入荷しました。

141106sweets  今回はクッキーやビスケットなどの焼き菓子類が卸元の在庫切れで、結果、チョコレートばかりの品揃えになってしまいました。ココアも入れるとざっと8種類でしょうかね。

 チョコはチョコで熱心なファンのお客様がいらっしゃいますので、ぜひお試しいただければ幸いです。

 これから秋も深まって、バターたっぷりのショートブレッドなんかも恋しくなってきます。なにかいいもの、見つくろわなくちゃ。在庫あるといいなぁ。

 ところでお菓子入荷の記事をアップすると、輸入元を調べにやって来る某ショップの店員さん。たまには買ってちょーだいね(笑)。

 お知らせでした。では、また。

2014年11月 5日 (水)

価格据え置き

 世界的にコーヒー豆の値段が暴騰しているという報道がメディアを騒がせ、お客様から「値上げしないの?」といったお問い合わせや、もしくは「だいじょうぶなの?」といったご心配(笑)をいただいております。

 結論から言いますと、当面このまま価格据え置きで行きます。ご安心ください。

 Hakoyaのコーヒー豆は、当店の所属する仕入れ組合が世界各国の優れた生産者やエクスポーターと交渉して買い付けた選りすぐりの特級品で、NY相場とは別に「売り手市場」の非常に高価な価格で取引されています。

 それを、私なりに「経営者の立場での適正利潤」と「消費者の立場でのお得感」を勘案し、現在の販売価格にしているわけです。

 よってこのたびの騒ぎには、いままでのポリシーどおり利益を圧縮しながら耐えられるところまではがんばろうと、あいなった次第です。

 それにしても需要と供給の兼ね合いにファンドが絡んだ相場の暴騰は、今後落ち着くこともあるでしょうが、問題はアベノミクスが体面を保つための「執念の円安」。レートによる原価や付帯経費の実質的な値上がりは、どうにも納得しかねるヤな気分。これはしつこそうだなぁ。耐えられるんだろうか?

 ま、それはともかく。お客様の暮らしに最高のコーヒーで花を添えるべく、奮闘してみます。これからも御愛顧のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31