« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年1月

2017年1月18日 (水)

アップデート

 えー、そういう次第で本棚を整理しております。いえね、コーヒーをはじめ仕事関係の本がそれなりの数あるんですけど、どんなに良い書籍でも、時が流れるにつれ情報が古くなっていくのは避けられません。で、コーヒー屋としては知識のアップデートのために、書籍類もたまに新しい情報のものに入れ替えているというわけです。

 とくにコーヒーの世界は、トレサビリティとかサスティナビリティ、科学的な焙煎法、栄養素とその効能の解析など、「食品として当然の取り扱い」がなされるようになってきたのは、ごく最近です。こう言っては語弊がありますが、この業界、迷信や都市伝説が幅を利かせてきました。先達を批判するつもりは毛頭ありませんが、10年前の専門書なんかには、ほとんどオカルト?みたいな記事も多々あります。

 まぁ私が開業したころに比べれば、コーヒーに関する様々な事柄について、科学的もしくは常識的な考察がなされるようになり、状況が改善されているのは喜ばしいかぎりです。

 さて、状況が改善されてきてよかったねといったその一方、近ごろ妙な情報を目にすることがあります。コーヒーがまだ神秘的な・文化的な存在だった時代の、主に思い込みによる他愛のないホラと違い、きっちり理にかなっているようで、検証してみたらやっぱりホラだよね、ガセだよねという、タチの悪い情報です。

 これら新時代の誤った情報は、一見科学的な裏付けがあるような様相を呈しているため、むしろ騙される危険度は増しているように思われます。ネットをはじめとしたメディアのマニア化による、新しいオカルトなのでしょうか。

 思うに、迷信・都市伝説というものは、時代により姿かたち、ニュアンスが変化していくだけで、社会に存在する総量は同じなのかもしれません。新しい知識は前時代の誤りを正しながら、新たな誤解を生むのかもしれません。だとしたらしんどい話ですね。

 もちろん、目から鱗が落ちるような最新情報満載の優れた書籍も、この2017年現在たくさん出ています。要は、取捨選択できるスキルが必須ということでしょうか。

 コーヒー屋のアップデートは続きます。それでは、また。

2017年1月 6日 (金)

今年もよろしくお願いします

 明けましておめでとうございます。今年も変わらぬご愛顧のほど、心よりお願い申し上げます。

170104nenga 大晦日はいつもどおり午後4時に店を閉め、自分たちの年明けの準備。ひととおり終えて落ち着いたら、弟が買ってきてくれた某名店の生蕎麦を茹で、鴨南蛮をこさえて年越しです。いや、スーパーで「合鴨・煮物用」ってのを見つけたので気取ってみました。で、紅白歌合戦を観ながら蕎麦をすすっていたんですが、いやぁ紅白、ぐだぐだでしたねぇ。ちょっと画期的、というか不自然なくらい。

 ま、どうでもいい話なんですが、それにしても天下のNHKがぐだぐだ過ぎます。どこか腑に落ちない・・・。手を抜いているようでもないし、むしろ予算と手間ヒマを掛けまくって作りこんだ怪しい熱気を感じます。本当に「ただのぐだぐだなのか」?私は鴨肉噛み噛み考えました、この年の瀬に。

 しばらく考えて、・・・あぁそうか!これはもしや、確信犯なのでは!と思い至りました。過去、紅白歌合戦といえば、NHKの威信をかけ、緻密に作りこんできて、結果「マンネリだ」「退屈だ」と酷評されたわけです。ならばこの炎上社会を逆手にとって、「あぁぐだぐだだとも。ツッコミどころ満載・悪口上等、それで数字が取れりゃぁ恩の字さ」と開き直っても不思議はありません。司会に嵐・相葉くんと有村架純さんの危なっかしい起用や、シン・ゴジラのシュールなパロディ。タモリとマツコの「できる限りぐだぐだでお願いします」と指示されたとしか思えない登場シーンなど、もとから炎上狙いの演出だとすれば、すべて説明がつきます。

 年が明け、案の定各方面から批判や不評の大合唱だそうですが、ディスるにせよケナすにせよ、話題にさえなれば世間の関心は巨大化していくという。それはそれでNHKにノセられてるのかも。

 疲れていると妄想に駆られるものです(笑)。

170106osechi_3 さて、紅白のあとは誰が何と言おうとジャニーズ・カウントダウン。いいかげん眠気に耐えられなくなってきたものの、ここはやはり、バカバカしいまでの華やかさに包まれて年を越したいところです。

 そんなこんなで元旦。おせちを食べて、年賀状を読んで、なにごともなかったかのように、またいつもの一年が始まりましたとさ。・・・なんの話してんだ、俺?新年のあいさつでもなんでもなかったな。ま、いいか。

 勢い余って、あいかわらず脱線気味なHakoyaであります。皆さま、今年もよろしくお願いいたします。では、また。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31