« ユーモア不足に御用心 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。 »

2020年12月15日 (火)

ユーモア不足に御用心2

 今朝、ヒゲを剃ろうと鏡を見たら、なんともくたびれたオッサンがそこにいました。ここ最近、怒りが沸点に達する出来事がいくつかあり、また、このコロナ禍のストレスにも行き場のない怒りを感じており、「俺、この何日かで一気に老けたなぁ」と残念な気持ちになっちゃいました。

 念のために書いておきますと、オッサンという自覚はもちろんあるんですよ。さらに書けば、オッサンであることは、べつに嫌じゃありません。ただ「くたびれ果てた陰気なオッサン」の自分にがっかりするわけです。

 以前ニュース番組で、公民館に集まったお年寄りたちが全力で笑い転げるという、インパクティブな場面を目撃したことがあります。なにかが憑りついたのか!?と不審に思いましたが、老人会の「大笑い健康法」だそうです。集会場の壁には「一笑一若、一怒一老」と書いた掛け軸が飾られていました。

 そのときは「ふーん」と思っただけでしたが、時を経て今、なるほど!そうだよねっ!と膝を打っております。

 確かに、大笑い健康法に参加した皆さんは、とてもいい顔をしていらっしゃいました。思うに、「笑うと若返るのかい?じゃあやってみるか」という人と、「エビデンスは検証したの?そんなのやらないよ」という人では、明らかに前者がハッピーになれる気がしますし、結果、ステイ・ヤング・・・って英語で言うこともありませんが、若くいられるのではないでしょうか。「一笑一若・一怒一老」、至言です。

 世の中を見渡すと、疫病やら、悲惨なニュースやら、ネットでの誹謗中傷やら、どこもかしこもイライラしていて機嫌よく過ごせといっても土台無理な時代であります。しかし、こんなにも怒ることがたやすく笑うことが難しい状況は、やはり不幸だと言わざるを得ません。

 私自身、けっ、笑えったってなんにも面白かねぇや、と思ったりもするのですが、大笑い健康法の皆さんを見習って、まずは笑ってみることから始めてみるかと考えるこのごろです。

 笑いのタネって、実はそこいらじゅうにあって、それを見つけるのは自分の心の余裕次第、ユーモア次第だと思うのです。

 ・・・うーん、やや理屈っぽいけど、なんとか着地しました(笑)。では、また。

 PS・・・昔読んだアメリカの漫画、「ダグウッドとブロンディ」にこんなシーンがありました。夫のダグウッドが鏡をのぞき「僕も老けたなぁ」とぼやいています。妻のブロンディが言います。「あなたは若いままよ。ちょっぴり歳をとったのは鏡のほう」。

« ユーモア不足に御用心 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30