« よろしければ | トップページ | 俺、鬼! »

2021年1月18日 (月)

貸さなくていい

 たまにですが、うちなんかでもカフェを開業したいという人が情報を集めに来ます。以前は、そこそこ話におつきあいしていたのですが、今の時代、ネットでセミナーを探すなり、専門学校に通うなりすれば開業の情報は手に入ります。また、私の体験談が万人に当てはまるわけもありません。よって、現在はお相手しないようにしています。

 ただ、あまりにも愛想がないのは自分でイヤなので、せめてものはなむけに「理想の店を作りたかったら、他人の意見に耳を貸さないことですよ」と僭越ながらアドバイスめいたことをお話ししています。

 これはもう冗談ではありません。全くの本音です。私共が開業したのは17年前。準備期間も入れると20年くらい前から、家内とコツコツ計画を実行に移してきました。今振り返ってみるに店づくりから経営まで、後悔したことや、うまくいかなかったこと、悔しい思いをしたこと、ほぼすべてが第三者の意見を取り入れてしまった事例にあります。

 カフェ(当店の場合は自家焙煎店と喫茶スペース)を開業する過程では、多くの人間が関わってきます。それぞれの立場からそれぞれの考えを言います。しかし、結局完成形をイメージできているのは、開業する本人しかいないのです。

 良かれと思ってよこしたアイデアだとしても、こちらの事業にフィットするとは限りません。また、書きにくいことですが、後になって考えてみると「他人の意見」は「意見を言っている人間のメリットになる意見」だったことに気が付いたりします。人が良すぎた自分たちを呪ってみたところで後の祭り。うかつに「いいですねぇ」「おまかせします」なんて取り入れた結果発生した問題には、断固としたクレームが言いづらくなるものです。

 信頼など屁とも思わない人間は存在します。「対等な関係」と「なあなあ」は全く違います。

 どうにか信頼できるのは、当店と仕入れ元とか運命共同体的な関係や、こちらの希望を尊重・優先してくれる人だけです。開業希望者の方がこのブログをお読みでしたら、肝に銘じておいて損はありません。

 また開業した後も、飲食の先輩・同輩、知人などがなにかと物申してくることもあるでしょう。うちの場合はありました。ですが17年たった現在、その連中、店をツブしたり会社をツブした奴ばかり。経営を語ってたのに?

 ここから導き出される真理は、「他人の意見に耳を貸さなくていい」ということです。

 さてここまで書いて、なにか質問のある方は・・・。えっ、Hakoyaの意見、このブログにも耳を貸さなくていいのか、ですって?

 もちろんですとも!

« よろしければ | トップページ | 俺、鬼! »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30